コラム

ワクチン接種後の大江千里が見たニューヨークの現在地

2021年05月14日(金)12時00分

ニューヨークではレストランの屋外席が定番に(筆者撮影) SENRI OE

<ワクチン接種が進むニューヨークは7月1日の経済活動全面再開に向け、着実に開花しつつある。コロナ「戦争」を生き延びたこの街の今を大江千里がリポート>

蕾が膨らむ。ニューヨークでは5月7日より、レストランの屋内席の収容人数制限が75%に引き上げられる。ジムは5月15日より50%に引き上げ。4月29日より、16歳以上の全ての市民が1回目のワクチンを予約なしで接種できるようになった。

米疾病対策センター(CDC)は4月27日、マスク着用に関するガイドラインを更新し、ワクチン接種完了者(2回接種ワクチンの場合は2回目、1回接種ワクチンの場合は接種から2週間以上経過している者)は、同一世帯者との散歩や、屋外での小規模な集まり、屋外飲食がマスクをしないで可能になった(編集部注:5月13日、CDCはガイドラインをさらに変更し、ワクチン接種者は屋内外でのマスク着用義務を解除)。

2月10日に2回目のワクチン接種を完了した僕のところに、もう2クール目の接種の知らせが来た。副反応がひどかったので主治医に相談すると、医療の現場では「まだ1クール目の効果がどれほどか実証されてないので焦らなくていい」という見解だ。病院はのんびりしたものでPCR検査もワクチン接種も一般業務に近いノリで行われる。

街の様子はパンデミック前に戻りつつある。多くの店が既に廃業しており一見歯が抜けたような景色だが、人々はにこやかに食事をしたり街に繰り出したりするようになった。

ごった返したバスや地下鉄では隣に平気で人が座る。明らかに6フィート以内。ヤバイなと思いながら、今さら席を立つのもなとそのままいることもある。感染したとしてもひどくはならないという安心感からか、ジャッジも緩くなった。

「戦争」から日常へ

以前ほどの切迫感が無くなったのは、地獄を見たニューヨーカーたちがこの場合はリスクがあるなど、経験値である程度リスキーな生活をコントロールできるようになってきたからかもしれない。

昨年は、戦争だった。人がバタバタ死んだ。コロナに対して防戦一方だったところに、やっとワクチンという武器を手に入れた。ニューヨーカーが共に戦い、やっと「戦闘休止」になり、2度とあのトンネルへ戻らないという決意、それが「事実」をしっかり見極めることであり、マスク着用である。

僕はマスクを1枚の時と2枚の時を状況により変える。目の洗浄や鼻うがいを前より行う。明らかに公共の場で咳をする人が増えているし、この前もマスク越しに「ビールですね。ピルスナー」と言った店員のピを発声した時の唾がマスクを超え僕のおでこに届いた。

何が安全かは誰にもわからない。自分の命と他人の命、守るのは自分たちしかいない。人への敬意、連帯感が社会の根底に必要だとその規範をひたすら探す。

そんな中、僕は「パンデミック宅録ジャズ」を仕上げようと軽いキーボードとPCを抱え家中移動して11曲を完成させた。たった今仮ミックスが上がったので7月の発売には間に合う。

ビル・デブラシオ市長は、7月1日にニューヨークの経済活動を完全に開くと発表。これを書いている最中にもブロードウェイが9月に100%のお客を入れて再開することがアナウンスされた。蕾のような気持ちがほんの少しだけ膨らんできたのを肌で感じる。

<本誌5月18日号掲載>

プロフィール

大江千里

ジャズピアニスト。1960年生まれ。1983年にシンガーソングライターとしてデビュー後、2007年末までに18枚のオリジナルアルバムを発表。2008年、愛犬と共に渡米、ニューヨークの音楽大学ニュースクールに留学。2012年、卒業と同時にPND レコーズを設立、6枚のオリジナルジャズアルパムを発表。世界各地でライブ活動を繰り広げている。最新作はトリオ編成の『Hmmm』。2019年9月、Sony Music Masterworksと契約する。著書に『マンハッタンに陽はまた昇る――60歳から始まる青春グラフィティ』(KADOKAWA)ほか。 ニューヨーク・ブルックリン在住。

ニュース速報

ビジネス

米財務長官、債務上限の引き上げ訴え 「8月中にデフ

ワールド

ファイザー・モデルナ製ワクチン、若者の心臓疾患との

ビジネス

FRB当局者、米国の高インフレ「予想外に長引く可能

ビジネス

米5月新築住宅販売5.9%減、1年ぶり低水準 価格

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品のひどい言い分

  • 3

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環…

  • 6

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の…

  • 7

    1億8000万年前から生き残るクモヒトデの新種が発見…

  • 8

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下…

  • 9

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 10

    台湾・ベトナムから始まる日本版ワクチン外交の勝算

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中