コラム

それをあなたが言いますか? 菅首相の「ビジョン」に抱いた違和感

2020年11月19日(木)19時10分
それをあなたが言いますか? 菅首相の「ビジョン」に抱いた違和感

CARL COURT-POOL-REUTERS

<「出稼ぎのない世の中をつくりたい」と、菅首相は雑誌に寄稿していた。しかし菅氏が支え続けてきた安倍政権下においてこそ、日本は「出稼ぎに依存する国」へと大きく舵を切ってきたはずだ>

先の自民党総裁選の頃、まだポスト安倍の一候補だった菅義偉官房長官には「ビジョン」や「国家観」がないという指摘を度々目にした。外野は好きに言っていろと本人は思っているかもしれないが、実際どうなのかは確かに気になるところだ。

そんな折、雑誌に「我が政権構想」という題で菅氏の寄稿が載っているのを見つけた。話題の新書『政治家の覚悟』にも再録されている。

読んでみると、こんなことが書かれていた――「私は秋田の寒村のいちご農家に育ち、子どもの頃から『出稼ぎのない世の中をつくりたい』と思っていました」。

例の「地方からのたたき上げ」の文脈の中に、自らが主導したふるさと納税や外国人観光客の誘致拡大といった過去の施策も位置付けているようだ。

この部分を読み、私は「出稼ぎのない世の中」か......としばし絶句してしまった。「それをあなたが言いますか」と思ってしまったのだ。というのは、菅氏が支え続けた安倍政権下においてこそ、日本は「出稼ぎに依存する国」へと大きく舵を切っていたからである。

第2次安倍政権の発足直後、2012年末の在留外国人は203万人にすぎなかった。それが2019年末には293万人と、7年間で90万人も増加している。

内訳を見ると、最も増えたのが「技能実習生」。15万人から41万人と一気に2.7倍だ。アルバイトで働く割合の高い「留学生」も18万人から35万人まで増えた。つまり、外国人急増の主な部分は、日本が海外からの「出稼ぎ」に依存を深めたことの表れなのである。

これは自然現象ではなく政策の結果だ。2018年末には、菅氏自身が原動力となり、外国人労働者受け入れ拡大のための改正入管法をスピード可決している。技能実習生に対する深刻な人権侵害など、さまざまな懸念が示されたにもかかわらずだ。

当時の新聞記事でも、彼は「外国人材の働きなくして日本経済は回らないところまで来ている。高齢者施設をつくった私の知人も、施設で働く介護人材が集まらないと言っていた」と率直に語っている。菅氏こそ外国人の「出稼ぎ」増加を主導してきた人物なのだ。

その彼が語る「出稼ぎのない世の中」......。フェアに見れば、菅氏の中にはやむを得ない「出稼ぎ」のしんどさへの共感があるのだろうと思う。だが、その思いの先に、外国から来る人々は全く入っていない。

プロフィール

望月優大

ライター。ウェブマガジン「ニッポン複雑紀行」編集長。著書に『ふたつの日本──「移民国家」の建前と現実』 。移民・外国人に関してなど社会的なテーマを中心に発信を継続。非営利団体などへのアドバイザリーも行っている。

ニュース速報

ワールド

パラグアイで連日抗議デモ、コロナ対応巡り大統領弾劾

ワールド

豪ビクトリア州首相が自宅で転倒、集中治療室で手当て

ワールド

ローマ教皇、コロナ禍のイラク訪問擁護 「祈りと思案

ビジネス

英財政再建、6割を増税で達成 残りは歳出削減で=予

MAGAZINE

特集:3.11の記憶 東日本大震災から10年

2021年3月16日号(3/ 9発売)

未曽有の被害を出した東日本大震災から10年 櫻井翔はなぜ取材し、伝え続けるのか

人気ランキング

  • 1

    米国初のベーシックインカム実験に関する結果報告書が発表、その成果は......

  • 2

    アメリカの不用品セールで買った茶碗、5400万円超の中国の骨董品だった

  • 3

    大量の溶岩流に1000メートル以上の噴煙... それでも地元住民はへっちゃら?

  • 4

    「会社が従業員を守ってる!」 コロナ禍のJALやANAの…

  • 5

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 6

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 7

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 8

    世界の人々が実践している幸せになるための8つの秘訣

  • 9

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 10

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    米国初のベーシックインカム実験に関する結果報告書…

  • 6

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 7

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 8

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 9

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 10

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!