コラム

離脱(Exit)と発言(Voice)、「この国から出ていけ」について

2023年01月20日(金)11時15分
暴言

写真はイメージです Instants-iStock.

<『朝まで生テレビ!』で発せられた、物騒な言葉が目に留まった。結局、外国人に向けた差別的な言葉でないことが分かり、ややホッとする気持ちもあったが、別の違和感が残った>

年末年始はインターネットがつながらない山の中で過ごすことにした。普段の仕事や生活はネット環境なしに成り立たず、だからこそあらゆる通知やニュースから解放された時間はとても贅沢に思える。

だがそんな非日常にも終わりは来る。山から下りれば電波が戻り、スマホを開ければ数日分のメールが返信を待ち受け、SNSからは心をざわつかせるさまざまな情報も飛び込んできた。

そんなふうにして、今年の最初に目に留まったのが「この国から出て行け」という物騒な言葉だった。テレビ朝日系の名物番組『朝まで生テレビ!』の元旦スペシャルで司会の田原総一朗氏が口にしたという。

タイムライン上の見出しで最初にこの言葉を目にした瞬間は、それが「日本人」から「外国人」に向けられたものかと思い、まずはぎょっとした。

生活保護の利用を申請した外国籍の女性が、市の職員から「外国人には生活保護費は出ない」と誤った情報を伝えられ、「国に帰ればいい」と言われたとする報道を年末に見ていたからかもしれない。

あるいは、大阪のコリア国際学園で段ボールに火を付けるなどのヘイトクライムに及んだ男性に対し、大阪地裁が有罪判決を下したのも12月のことだ。

田原氏の発言があったのは、「日本は立て直せる?」というフリップに各出演者が「◯」か「×」を書いて討論するコーナーでのことで、そのお題に否定的な見解を示した出演者に向かって、「だったらこの国から出て行け」「この国に絶望的だったら出て行きゃいい」と発言したようだ。

従って、外国人に「この国から出て行け」と言ったわけではなかった。私の中にはそれを知ってややホッとする気持ちもあったが、同時に少し別の違和感が残った。

想起したのは、経済学者のアルバート・ハーシュマンが「企業・組織・国家における衰退への反応」として「離脱(Exit)」と「発言(Voice)」の区別を示した有名な議論だ。

例えば、顧客が商品の購入をやめたり、職員が退職したりするのが「離脱」で、彼らが企業に意見をぶつけるのが「発言」だと理解してほしい。重要なのはハーシュマンがこの両者を経営者などが自らの失策を感知し得る2つの代替的なルートとして提示していることだ。

プロフィール

望月優大

ライター。ウェブマガジン「ニッポン複雑紀行」編集長。著書に『ふたつの日本──「移民国家」の建前と現実』 。移民・外国人に関してなど社会的なテーマを中心に発信を継続。非営利団体などへのアドバイザリーも行っている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

EU9カ国、原発由来水素を再生可能エネと認めるよう

ビジネス

独BMW、メキシコ工場に約8.7億ドル投じてEV化

ワールド

ウクライナ国防相が交代へ、後任に情報機関トップ

ワールド

米、撃墜した中国偵察気球の回収作業に着手

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 2

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人のアピール下手の話

  • 3

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた牧師は彼女をどうしたか

  • 4

    「最も売れた女性カントリー歌手」が、初のヌードに…

  • 5

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 6

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 7

    トップレスの女性が教会に現れ、大暴れ...キリスト像…

  • 8

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て…

  • 9

    写真家にも愛された、ダイアナ妃のドレスがオークシ…

  • 10

    「すごくダサい」「神」 極小ビキニで雑誌の表紙を飾…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 6

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 9

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中