コラム

離脱(Exit)と発言(Voice)、「この国から出ていけ」について

2023年01月20日(金)11時15分
暴言

写真はイメージです Instants-iStock.

<『朝まで生テレビ!』で発せられた、物騒な言葉が目に留まった。結局、外国人に向けた差別的な言葉でないことが分かり、ややホッとする気持ちもあったが、別の違和感が残った>

年末年始はインターネットがつながらない山の中で過ごすことにした。普段の仕事や生活はネット環境なしに成り立たず、だからこそあらゆる通知やニュースから解放された時間はとても贅沢に思える。

だがそんな非日常にも終わりは来る。山から下りれば電波が戻り、スマホを開ければ数日分のメールが返信を待ち受け、SNSからは心をざわつかせるさまざまな情報も飛び込んできた。

そんなふうにして、今年の最初に目に留まったのが「この国から出て行け」という物騒な言葉だった。テレビ朝日系の名物番組『朝まで生テレビ!』の元旦スペシャルで司会の田原総一朗氏が口にしたという。

タイムライン上の見出しで最初にこの言葉を目にした瞬間は、それが「日本人」から「外国人」に向けられたものかと思い、まずはぎょっとした。

生活保護の利用を申請した外国籍の女性が、市の職員から「外国人には生活保護費は出ない」と誤った情報を伝えられ、「国に帰ればいい」と言われたとする報道を年末に見ていたからかもしれない。

あるいは、大阪のコリア国際学園で段ボールに火を付けるなどのヘイトクライムに及んだ男性に対し、大阪地裁が有罪判決を下したのも12月のことだ。

田原氏の発言があったのは、「日本は立て直せる?」というフリップに各出演者が「◯」か「×」を書いて討論するコーナーでのことで、そのお題に否定的な見解を示した出演者に向かって、「だったらこの国から出て行け」「この国に絶望的だったら出て行きゃいい」と発言したようだ。

従って、外国人に「この国から出て行け」と言ったわけではなかった。私の中にはそれを知ってややホッとする気持ちもあったが、同時に少し別の違和感が残った。

想起したのは、経済学者のアルバート・ハーシュマンが「企業・組織・国家における衰退への反応」として「離脱(Exit)」と「発言(Voice)」の区別を示した有名な議論だ。

例えば、顧客が商品の購入をやめたり、職員が退職したりするのが「離脱」で、彼らが企業に意見をぶつけるのが「発言」だと理解してほしい。重要なのはハーシュマンがこの両者を経営者などが自らの失策を感知し得る2つの代替的なルートとして提示していることだ。

プロフィール

望月優大

ライター。ウェブマガジン「ニッポン複雑紀行」編集長。著書に『ふたつの日本──「移民国家」の建前と現実』 。移民・外国人に関してなど社会的なテーマを中心に発信を継続。非営利団体などへのアドバイザリーも行っている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

カナダ、凍結ロシア資産の没収で米国と「完全に合意」

ワールド

イスラエル、パレスチナ自治政府への税収送金を再開=

ビジネス

S&P年末目標5300に引き上げ、ビッグテックの収

ワールド

米英独など、ウクライナへの派兵案を否定
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「世界一の親イスラエル国」なのに、イスラエルがウクライナに塩対応の理由

  • 2

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 3

    炎で夜空が赤く染まる映像...ウクライナ無人機がロシア最大級の製鉄所を爆撃か

  • 4

    侵攻2年の記念にふさわしい勇気、一人で10人のロシア…

  • 5

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 6

    衛星写真:南シナ海のスカボロー礁に「浮遊障壁」、…

  • 7

    中国企業、IPO計画中止相次ぐ...今年すでに47社が上…

  • 8

    トランプ、「党団結」は程遠く 予備選連勝も本選に…

  • 9

    フィリピンにある「世界最古のチャイナタウン」で旧…

  • 10

    【欧州世論調査】ウクライナ戦争の予測「ロシア勝利…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 6

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story