コラム

「私は信じております」自民党の統一教会報告は逆効果だ

2022年09月20日(火)16時35分
茂木敏充

自民党の茂木敏充幹事長は「私は信じております」と言うが…… Issei Kato-REUTERS

<9月8日に党所属議員と旧統一教会・関連団体との関係についてのアンケート結果が発表されたが、多くの人はそれを信じられない。茂木幹事長の言葉にその根本原因のヒントがある>

9月8日に自民党の茂木敏充幹事長が党所属の国会議員と旧統一教会やその関連団体との関係についてのアンケート結果を報告した。

茂木氏はこれまで党としての「組織的関係」は一切ないと説明してきたが、今回確認を求めた379人のうち何らかの接点があったと回答した議員は179人に上り、全体のほぼ半数を占めることが明らかになった。

少し前の8月31日の会見では、岸田首相が「政治に対する国民の皆様の信頼が揺らいでいる」との考えを示し、「自民党総裁として率直におわびを申し上げます」と謝罪の言葉まで述べた。

福田達夫総務会長(当時)が「何が問題かよく分からない」と発言したのが7月末だったが、厳しい世論の状況が明らかになるにつれ、自民党のスタンスが急激な変化を遂げたことがよく分かる。

その結果としての「点検」ではあった。だが公表後の世論調査も芳しくない。

朝日新聞の調査(9月10、11日)では、自民党の政治家が旧統一教会との関係を「断ち切れない」との回答が81%に上った。同日のNHKの調査でも、旧統一教会問題への自民党の対応は「不十分だ」が65%で、自民党支持層に限っても56%と半数を超えた。

岸田首相が回復に取り組むと宣言した「信頼」は、今も大きく低下したままだ。

その根本的な原因はどこにあるのか。茂木氏が8日の会見で述べたある言葉がヒントになる。

「アンケートに記載のない関係が新たに指摘された場合はペナルティを考えているのか」との趣旨の質問に対し、茂木氏はこう答えた。

「悪意に隠していると、こういうケースはないと、こんなふうに私は信じております」

ここで茂木氏が表明しているのは、点検対象である議員たちへの何の根拠もない「信頼」だ。彼らが嘘をつくことはない、旧統一教会との関係をあえて隠すことはないと、そう言っているわけである。

だが、現下の問題はその「信頼」自体の喪失だったはず。茂木氏が「信じております」という議員たちのことを、多くの人々は信じることができない。

プロフィール

望月優大

ライター。ウェブマガジン「ニッポン複雑紀行」編集長。著書に『ふたつの日本──「移民国家」の建前と現実』 。移民・外国人に関してなど社会的なテーマを中心に発信を継続。非営利団体などへのアドバイザリーも行っている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

バイデン米大統領、企業に手数料廃止や値下げ要請 高

ビジネス

TikTok、売却回避に向けた計画が前進=米紙

ビジネス

英ポンド、対ドル等価割れへ 下落は「経常収支危機」

ワールド

ブラジル大統領選、ルラ氏が支持率リード小幅拡大=世

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 4

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日…

  • 5

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 6

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 7

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 8

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 10

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中