注目のキーワード

コラム

「45歳定年」は130年前のアイデア? 進歩的過ぎるSF作家たちの未来予想図

2021年09月21日(火)19時00分
退職

andresr-iStock

<未来を思い描き、その未来に備えようとする試みは古代から存在し、16世紀に大きな転機を迎える。その歴史と変遷を振り返る。>

前回のこのコラムでは、未来学が今世界中で新たな盛り上がりを見せ、日本でもブームの兆しがあると書いた。

未来を思い描くこと、その未来に備えること。人間はいつからその営為を始め、続けてきたのだろうか。今回はその起源を辿り、未来学の発展に影響を与えた各時代の人物や書籍を紹介し、初期の系譜を見ていく。

そこには古今東西を問わず通底する、人間の目指す理想の姿があった。

いつから未来を想起するようになったか

未来とはいつか。

明日も1週間後も未来であり、1年後や数十年先、自分が亡くなった後も当然、未来は続いていく。どのような未来が待ち受けているかを予想するのは、先々であるほど困難となる。そして、学問や科学技術が未発達な古代であるほど、予測は困難であった。

農耕が中心であったような古代社会においては、明日晴れるか、1週間後はどうか、1カ月後は――といった天候予想、すなわち未来予測は、食糧の出来不出来に直結し、まさに死活問題だった。

ぴたりと言い当てることができれば、神の如く崇められたことは想像に難くない。それが1年後、翌年の収穫期を占うものであれば、なおさらだろう。

そうした事情を背景に、人々は古来、絶えず変化する未来に思いを馳せていた。当時、その未来予測は多くの場合において宗教めきながら、言葉が紡がれていった。死後の世界、霊魂がどうなるかというスピリチュアルな信仰と綯い交ぜになって――。

古代エジプトにおける『死者の書』にみる死後の世界も、ギリシャ神話で描かれた死後の世界も、楽園を夢見る人間の思いは共通していた。子々孫々、営々と繁栄を謳歌する未来を夢見て、命をつないでいた。吉兆であっても不吉であっても、祭事や神事で占われる言葉は絶大で特別な意味合いを持っていた。

ユートピアの登場

時代は下って中世、そして近代へと移り変わるヨーロッパで、未来学にとって大切な概念が生まれた。理想郷を意味する「ユートピア」だ。1516年に出版された英国人トマス・モアの主著のタイトルであり、世紀を超えて世界中で読み継がれている。

古代から中近世まで時代的乖離があるように感じられるかもしれないが、ユートピアの根底にある考え方は、古代ギリシャ、紀元前を生きた哲学者プラトンの思想が綴られた名著『国家』(The Republic)の理念に深く結びついている。

プロフィール

南 龍太

共同通信社経済部記者などを経て渡米。未来を学問する"未来学"(Futurology/Futures Studies)の普及に取り組み、2019年から国際NGO世界未来学連盟(WFSF・本部パリ)アソシエイト。2020年にWFSF日本支部創設、現・日本未来学会理事。著書に『エネルギー業界大研究』、『電子部品業界大研究』、『AI・5G・IC業界大研究』(いずれも産学社)のほか、訳書に『Futures Thinking Playbook』(Amazon Services International, Inc.)。東京外国語大学卒。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:水のボトル6本で2000円、カナダ極北部

ビジネス

中国新規融資、7月は6790億元に急減 コロナや不

ワールド

ウクライナ「デフォルト状態」、S&Pとフィッチが格

ワールド

北朝鮮、マスク着用や距離確保の規制解除 「コロナ勝

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    【写真】発見された希少種と見られる甲殻類と、発見…

  • 5

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 6

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 7

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 8

    【動画】抜群のプロポーションも健在! ハイディ・ク…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中