コラム

自分がどうしたいか、「決め方」を知らない子供たち...未来の可能性を広げる取り組み始まる

2022年08月03日(水)10時10分
河合塾「ミライの選択」

河合塾の中高生向け未来探究のテキスト(筆者提供)

<自分の意志を決定するという行為について、学校では考えるタイミングが少ない。これを改め、人生設計に生かしてもらう取り組みを河合塾が開始した>

先々を見据えてどのような布石を打つべきか──。先行きの不透明感を背景に、「未来」と名の付く大学の学部や研究、企業の部署、CMが増えている。

前回の記事では、未来学のビジネスへの応用が欧米を中心に、政府レベル、企業レベルで進んだことに触れた。その成功例として、大成した国家スウェーデンがある。社会福祉をはじめ、さまざまな面で諸外国のロールモデルとなって久しい。

スウェーデンは約半世紀前の1973年、福祉、労働市場やエネルギー、国際社会での立ち位置など多岐にわたる分野の将来像についての政策を、官民が連携してまとめた。先見的な視座があったからこそ、福祉国家の筆頭に挙がるような現在の地位を得られたとも言える。

そんなスウェーデンの当時の政策と同名の取り組みを、学習塾大手の河合塾が進めている。

「ミライの選択」──。名称の一致は偶然だろうが、河合塾の取り組みは「子どもたち」の将来の進学や就職、さらに人生設計に生かしてもらうのが目的だ。

広まりつつあるSDGs教育とも相まって、先々に起こる変化を探り、正解のない時代を生き抜く力を育めるとして、教育現場からは歓迎する声があり、参加校は増えている。

子どもたちが大人になる5年後、10年後、あるいはもっと先、日本、そして世界はどうなっているだろうか。来たるべき時代に備える、子どもたちの「未来探究」の取り組みを追った。

2011年に始まった「ミライ研」

河合塾は2011年、「未来研究プログラム」(通称「ミライ研」)を立ち上げた。高校の学習指導要領を踏まえ、未来に向けてさまざまな「職業」や「自己」の可能性を探究するためのプログラムと位置付けている。

「未来」を学びの素材として、「もしかしたらこんな未来が起こりうる」「ひょっとしたらこんなアイデアが生まれるかもしれない」といった「生徒の好奇心を起点にする」視点のほか、「探究が進路につながる」と「先生が一緒に面白がれる」の3点を重視し、プログラムを展開している。

「『塾に通う子どもたち』に限定するのではなく、学校を通じて幅広くプログラムを提供していきたい」。

そう話すのは、この事業を主導するアセスメント開発チーム・未来研究プログラム担当者山本尚毅さん。進路選択は学校に通うすべての生徒が未来に向き合うチャンスであり、塾に通うような一部の生徒に限定せず、学校単位で広く伝えたいとの思いがある。

プロフィール

南 龍太

共同通信社経済部記者などを経て渡米。未来を学問する"未来学"(Futurology/Futures Studies)の普及に取り組み、2019年から国際NGO世界未来学連盟(WFSF・本部パリ)アソシエイト。2020年にWFSF日本支部創設、現・日本未来学会理事。著書に『エネルギー業界大研究』、『電子部品業界大研究』、『AI・5G・IC業界大研究』(いずれも産学社)のほか、訳書に『Futures Thinking Playbook』(Amazon Services International, Inc.)。東京外国語大学卒。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、国連総長の非核化支持発言批判 「公平性と公

ビジネス

アングル:水のボトル6本で2000円、カナダ極北部

ビジネス

中国新規融資、7月は6790億元に急減 コロナや不

ワールド

ウクライナ「デフォルト状態」、S&Pとフィッチが格

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    【写真】発見された希少種と見られる甲殻類と、発見…

  • 5

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 6

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 7

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 8

    【動画】抜群のプロポーションも健在! ハイディ・ク…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中