コラム

自分がどうしたいか、「決め方」を知らない子供たち...未来の可能性を広げる取り組み始まる

2022年08月03日(水)10時10分
河合塾「ミライの選択」

河合塾の中高生向け未来探究のテキスト(筆者提供)

<自分の意志を決定するという行為について、学校では考えるタイミングが少ない。これを改め、人生設計に生かしてもらう取り組みを河合塾が開始した>

先々を見据えてどのような布石を打つべきか──。先行きの不透明感を背景に、「未来」と名の付く大学の学部や研究、企業の部署、CMが増えている。

前回の記事では、未来学のビジネスへの応用が欧米を中心に、政府レベル、企業レベルで進んだことに触れた。その成功例として、大成した国家スウェーデンがある。社会福祉をはじめ、さまざまな面で諸外国のロールモデルとなって久しい。

スウェーデンは約半世紀前の1973年、福祉、労働市場やエネルギー、国際社会での立ち位置など多岐にわたる分野の将来像についての政策を、官民が連携してまとめた。先見的な視座があったからこそ、福祉国家の筆頭に挙がるような現在の地位を得られたとも言える。

そんなスウェーデンの当時の政策と同名の取り組みを、学習塾大手の河合塾が進めている。

「ミライの選択」──。名称の一致は偶然だろうが、河合塾の取り組みは「子どもたち」の将来の進学や就職、さらに人生設計に生かしてもらうのが目的だ。

広まりつつあるSDGs教育とも相まって、先々に起こる変化を探り、正解のない時代を生き抜く力を育めるとして、教育現場からは歓迎する声があり、参加校は増えている。

子どもたちが大人になる5年後、10年後、あるいはもっと先、日本、そして世界はどうなっているだろうか。来たるべき時代に備える、子どもたちの「未来探究」の取り組みを追った。

2011年に始まった「ミライ研」

河合塾は2011年、「未来研究プログラム」(通称「ミライ研」)を立ち上げた。高校の学習指導要領を踏まえ、未来に向けてさまざまな「職業」や「自己」の可能性を探究するためのプログラムと位置付けている。

「未来」を学びの素材として、「もしかしたらこんな未来が起こりうる」「ひょっとしたらこんなアイデアが生まれるかもしれない」といった「生徒の好奇心を起点にする」視点のほか、「探究が進路につながる」と「先生が一緒に面白がれる」の3点を重視し、プログラムを展開している。

「『塾に通う子どもたち』に限定するのではなく、学校を通じて幅広くプログラムを提供していきたい」。

そう話すのは、この事業を主導するアセスメント開発チーム・未来研究プログラム担当者山本尚毅さん。進路選択は学校に通うすべての生徒が未来に向き合うチャンスであり、塾に通うような一部の生徒に限定せず、学校単位で広く伝えたいとの思いがある。

プロフィール

南 龍太

共同通信社経済部記者などを経て渡米。未来を学問する"未来学"(Futurology/Futures Studies)の普及に取り組み、2019年から国際NGO世界未来学連盟(WFSF・本部パリ)アソシエイト。2020年にWFSF日本支部創設、現・日本未来学会理事。著書に『エネルギー業界大研究』、『電子部品業界大研究』、『AI・5G・IC業界大研究』(いずれも産学社)のほか、訳書に『Futures Thinking Playbook』(Amazon Services International, Inc.)。東京外国語大学卒。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

シェル、エネルギー高騰で通期は過去最高益 株主還元

ビジネス

MUFG、4―12月期純利益67%減 戻し入れ勘案

ビジネス

キユーピー、マヨネーズ類など4月から値上げ 鶏卵価

ビジネス

サンタンデール、通期は過去最高益 第4四半期に貸倒

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファンに衝撃走る

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 7

    「ロシアは勝てないが、ウクライナも勝てない」──「…

  • 8

    ロシアで「国を滅ぼすような内戦」が起きる可能性...…

  • 9

    よろけ、転び、道に迷うモデルたち...トラブル続出の…

  • 10

    賃金の男女格差は都道府県によってこんなに違う

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 5

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 6

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 7

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 8

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大…

  • 9

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 10

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 8

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 9

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中