コラム

名馬だらけのテーマパークを造った新疆ウイグル自治区の逸材企業家

2017年04月29日(土)16時28分
名馬だらけのテーマパークを造った新疆ウイグル自治区の逸材企業家

新疆古生態園の名馬「汗血馬」ことアハルテケ(写真:府川葵)

<アハルテケやモウコノウマという貴重な品種の馬が100頭以上。他にも植物の化石である珪化木などが展示された"知られざる観光地"が、新疆ウイグル自治区のウルムチにある。造り上げたのは、悲しい目をした豪快な企業家だった>

こんにちは、新宿案内人の李小牧です。私が率いる日本メディア関係者の「新長安・新シルクロード・新夢路視察団」は3月22日から29日にかけて、中国西部を訪問した。前回のコラム(中国の旅行会社が「新シルクロード」に日本メディアを招待した理由)では西安を中心にレポートしたが、今回は新疆ウイグル自治区で出会った逸材企業家について紹介したい。

皆さんは「汗血馬」をご存知だろうか。『三国志』の関羽の愛馬、赤兎馬のモデルになったと言われる中央アジアの名馬だ。2000年以上も昔、前漢の時代には、この馬を手に入れるために武帝が西域に遠征軍を送ったほどだという。

伝説の汗血馬の子孫と考えられているのがアハルテケという品種だ。きわめて貴重な馬なのだが、新疆ウイグル自治区ウルムチ市にある「新疆古生態園」では100頭を超えるアハルテケが飼育されている。そして汗血馬以上に貴重な絶滅危惧種であるモウコノウマも数十頭いるほか、日本から輸入されたサラブレッドまで飼育されている。

馬だけではない。植物の化石である珪化木(けいかぼく)が350本、大小さまざまな隕石が計3000トン、他にも中国では宝飾品として愛されているゴビ石の原石など、きわめて貴重な財宝が膨大に展示されている。

lee170429-1.jpg

立ち並ぶ珪化木。これはほんの一部だ(写真:府川葵)

lee170429-2.jpg

これも珪化木。幻想的でさえある(写真:府川葵)

lee170429-3.jpg

こちらは隕石。プライベートコレクションとは思えないほどの数が陳列されている(写真:土居悦子)

しかも、この新疆古生態園だが、ウルムチ市の中心にある人民広場から車で30分程度の市街地にある。衛星写真(下)を見ても、巨大な森、馬の飼育用地とレースコースが住宅地のど真ん中にあることが一目瞭然だ。

今やウルムチ市もビルが立ち並ぶ大都会、中国西部最大の都市である。シティセンターからさほど離れていない場所にこれだけの用地を確保するとなると、収蔵された宝物と同等かそれ以上の土地代がかかるのではないだろうか。

この新疆古生態園、いったい何なのだろうか? 一般的な動物園やテーマパークなどと異なることは明らかだ。しかも公営ではなく私営であり、そのオーナーこそが、私が出会った逸材企業家の陳志峰氏(54歳)である。新疆ウイグル自治区アルタイ地区出身の漢民族だ。

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

ニュース速報

ビジネス

武田薬、製薬シャイアーに買収打診 1株約46.50

ワールド

焦点:新日米通商交渉、国内に2国間へ強い懸念 米T

ワールド

北朝鮮、「完全な非核化」への意思示す=韓国大統領

ワールド

財務省のセクハラ問題、調査方法の撤回求めて弁護士が

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にしたリスク管理と「ダサい」デザイン

  • 4

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    ナゾの天体「オウムアムア」の正体 これまでに分か…

  • 7

    怖くて痛い虫歯治療に代わる、新たな治療法が開発さ…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 10

    4年前に死んだ夫婦に赤ちゃん誕生! 中国人の祖父母…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    アメリカの2度目のシリア攻撃は大規模になる

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    フェイスブックはなぜ全米を激怒させたのか

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 10

    4年前に死んだ夫婦に赤ちゃん誕生! 中国人の祖父母…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    金正恩がトランプに懇願か「あの話だけはしないで欲…

日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!