コラム

根拠なきデマと誹謗中傷に新宿案内人がすべてお答えする

2018年09月19日(水)17時10分
根拠なきデマと誹謗中傷に新宿案内人がすべてお答えする

bombuscreative-iStock.

<前回の「炎上した」コラムは、まだ終わっていなかった。私を中国の工作員と決めつけて批判する人たちがいるが、批判はいずれも、先入観や差別意識、意図的な誤解に基づくものだ>

こんにちは、新宿案内人の李小牧です。

先日のコラム「6歳の中国人の日本への難民申請を手伝ったら、炎上した」はたくさんの人に読んでもらった。亡命先のアメリカで、反中国政府のユーチューブ番組を司会している路徳の子供と義母の日本での難民申請を手伝ったらネットで炎上した、という話だったが、この話には続きがある。ネットでの炎上がまだ続いているのだ。

おそらく日本に住んでいる私と同じ元・中国人で現・日本人とみられる匿名のネットユーザーたちが、私の微博やツイッターの中国語の書き込みを日本語に訳して批判し続けている。その内容にあおられた日本人ネットユーザーが、私を中国の工作員だと決めつけて怒っている。

これからその批判に一つ一つ反論する。はじめに言っておくが、どの批判も言葉の切り取りや先入観、差別意識、意図的な誤解に基づくものだ。私は1988年に来日してから、ヤクザやホスト、キャバ嬢の街、歌舞伎町を文字通り生き抜いてきた。この街で暮らしてきたのだから、彼らと無縁だったというつもりはもちろんない。

しかし私自身は法律に違反して日本で逮捕や起訴されたことは一度もない(逆に警察の捜査に協力したことは何回もあるが!)。3年前に新宿区議会議員選挙に立候補したのも、ホストやキャバ嬢など歌舞伎町でまじめに生きる人たちの権利や社会的な地位を少しでも向上したい、と考えたからだ。

「飲食店従業員の地位向上~~ネオン街でまじめに働く人たちの暮らしを助けます」は、3年前の新宿区議選で私が掲げた公約の1つ。しかし、私を批判する人たちはネオン街で働く人々を自分たちより格下の、差別されるべき人間だと考えているようだ。

lee180918-1.png

歌舞伎町をよく知らない彼らのために説明しよう。歌舞伎町のストリップ劇場では、500円を払えばステージの上でだれでも踊り子と写真が撮れる。踊り子が客と「自撮り」をするのは、自分と劇場と歌舞伎町の宣伝のため。そもそもストリップ劇場は完全に合法。「こんな風俗嬢とのイチャイチャ写真を投稿してる」というが、ストリップ嬢やキャバ嬢と写真を撮ることのどこに問題があるのか。「風俗嬢」とひとくくりにして非合法な存在であるかのように言うのは、彼女たちに対する差別だ。

刺青の男性と私が一緒に写った写真が拡散されているが、「ヤクザとの親密な関係」もでたらめだ。刺青の男性は確かにヤクザだが、私が彼と会ったのは日本のヤクザ専門誌の取材に同行したからだ。中国のサブカルメディアから「ヤクザを取材したい」という要望があったので、日本のヤクザ専門誌を紹介した。その編集長とこのヤクザの男性が知り合いだった。6年ほど前の話だ。

別の刺青姿の右翼男性と映った写真も批判されているが、これもナショナルジオグラフィックの取材に同行した時のもの。この右翼男性は日本メディアにも登場している有名人。私は作家として取材しただけで、彼らと普段付き合いはない。そもそも私が彼らと一緒に非合法なことをしていれば、警察が今まで見過ごすはずがない。

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    日本、オランダ、ついにアメリカも 培養肉の時代がやって来る

  • 3

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻させるかもしれない

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 6

    習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

  • 7

    ブラック・ユーモアを忘れた日本は付き合いにくい

  • 8

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 9

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 10

    お金持ちになりたいなら、もっとお金を使おう

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    アリアナのタトゥー炎上と日本人の「不寛容」

  • 10

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!