コラム

根拠なきデマと誹謗中傷に新宿案内人がすべてお答えする

2018年09月19日(水)17時10分

皮肉を誤読されたり、間違った翻訳をされたり

「李は本音では中国のために政治をやろうとしている」という批判もツイッターでよくリツイートされている。ある自称・元中国人が続けている「李さんの本音シリーズ」は私を批判したい人たちの間で特に人気のようだ。

lee180918-2.png

「今日の歴史出来事!日本が降伏したぞ!我々勝ったぜ!」と「翻訳」しているが、この微博の書き込みを理解するのは彼には難しすぎたかもしれない。これは中国共産党に対する皮肉なのだ。

そもそも、日本との戦争に勝ったのは共産党でなく国民党だった。「我们胜利淫了」(我々が勝った)の「淫」は中国語で勝つという意味の「赢」と発音がほとんど同じ。国民党から勝利を盗んだ共産党が今の中国を支配しているが、彼らは自分たちの支配を続けるために厳しいネット検閲を続けながら、こんな「黄色(エロ)」な写真は黙認している......という皮肉を、転発(リツイート)とこの文章で表現したのだ。

この写真はどこかの中国人ネットユーザーが自分で探してアップしたもので、私のものでも何でもない。文章の前半の「日本投降虚了」(日本が降伏した)の「虚」は、中国語で負けるという意味の「输」と発音が似ていて、「体が弱くなる」という意味。決して日本を馬鹿にしたわけではない。

意図的な文章の「切り取り」も多い。

lee180918-3b.png

「この言葉をきっかけに、彼は中国人の為に頑張ろうと政治家の道に向かった。結果、僅か282票の差で落選。」

これは、明らかに間違った翻訳をしているケースだ。正しい訳は、

「この言葉で彼は日本の政治に飛び込む自信がついた。日本に住む華人のために何かできるのではないかと」

私が選挙期間中からずっと訴えてきたのは、日本人と在日外国人がお互いを理解するために努力する、ということ。在日中国人だけでなく、ほかの国出身で日本に住む人のためにももちろん働く。それが結局は日本人のためになるからだ。

これだけ世界が一体化している時代に、もう日本が国を閉ざすことはできない。在日外国人と共に暮らすことを前提に、互いが互いを理解する必要がある。その仲介役になるのが、私が政治家を目指した大きな目的の1つだ。「日本に住む華人」はもちろん大陸出身者だけでなく、台湾人や香港人も含まれる。

私は日本が好きだから日本人になったのだ

lee180918-4b.png

意図的かどうか分からないが、誤読されたケースもある。

「私は中国人でも日本人でもない。私は私だ。死ぬまでずっとここにいるかも。ここ好きだけど、この国は私と関係あると思わない」

正確な訳はこうだ。

「李小牧はある意味、歌舞伎町の『主人』になったといえるが、彼はいつも自分が旅人だと思っている。『私は自分が中国人だと思わないが、日本人だとも思わない。私は私だ。たぶんここに骨を埋めることになるだろう。死ぬ場所もここだ。私はここが好きだ。しかし、この国が私の国であるかどうかは関係がない』」

私が言いたかったのは、私のふるさとはほかでもない歌舞伎町である、ということだ。日本国籍を取得する前から、私は歌舞伎町をふるさとだと思ってきた。「この国が私の国であるかどうかは関係がない」とは、私が歌舞伎町を愛しているのは日本国籍を取得する前も取得した後も変わらない、という意味だ。当たり前だが、私は日本が好きだから30年間も日本に住んでいるし、日本人になった。

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

キーワード

ニュース速報

ワールド

ドイツでパレード観衆に車突入、子供ら30人負傷 殺

ワールド

原油先物4%安、新型ウイルスの世界的な拡大で需要崩

ビジネス

米経済は順調、新型肺炎はリスク=クリーブランド連銀

ワールド

新型ウイルス患者が中国外で急増、感染拡大巡る懸念で

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

※次号は2/26(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いする日本

  • 3

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)...厚労省の新型ウイルス情報の英語がひどかった

  • 4

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 5

    「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

  • 6

    新型コロナウイルス、世界各国で感染急拡大 状況ま…

  • 7

    クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とス…

  • 8

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 4

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 5

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 6

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 9

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

  • 10

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!