コラム

元・中国人、現・日本人 李小牧(り・こまき)
元・中国人、現・日本人 李小牧(り・こまき)

サウジ記者殺害事件と海南航空不審死をつなぐ「点と線」

<サウジアラビアで起きた記者惨殺事件と、中国・海南航空会長の不審死には共通点がある。そしてこの2つの独裁国家にインパクトを与えうる男がいる>

2018.11.02
元・中国人、現・日本人 李小牧(り・こまき)

「歌舞伎町のイエス・キリスト」が本当にクリスチャンになった日

<欲望と闘いが渦巻く街、新宿・歌舞伎町で30年間生き抜いてきた男が「人生で一番清らかな日」を迎えた。「信教の自由」についに足を踏み入れる瞬間

2018.10.10
元・中国人、現・日本人 李小牧(り・こまき)

根拠なきデマと誹謗中傷に新宿案内人がすべてお答えする

<前回の「炎上した」コラムは、まだ終わっていなかった。私を中国の工作員と決めつけて批判する人たちがいるが、批判はいずれも、先入観や差別意識、

2018.09.19
元・中国人、現・日本人 李小牧(り・こまき)

6歳の中国人の日本への難民申請を手伝ったら、炎上した

<日本は政治亡命をほとんど認めないのが通説だが、このたび中国で迫害されている知人の子供と義母の難民申請を手伝った。無事に受理されたのだが、そ

2018.08.20
元・中国人、現・日本人 李小牧(り・こまき)

中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運命をたどる!?

<7月にフランスで「事故死」した中国大手航空会社・海南航空の王健会長。ナゾを解くカギは米国亡命中の「中華文春砲」こと郭文貴のリークにあるが、

2018.08.14
元・中国人、現・日本人 李小牧(り・こまき)

ブロックチェーンで「夜の街」歌舞伎町を変えたい

<還暦間近の私・李小牧だが、この半年間、必死に勉強してきた。そしてトークンエコノミーで日本を、新宿を豊かにするため、会社を設立。果たしてそん

2018.06.25
元・中国人、現・日本人 李小牧(り・こまき)

出演料10億円の美女ファン・ビンビンのゴシップが民主化の兆し?

<著名司会者が勇気を持って告発した、中国映画業界の脱税ゴシップ。その経緯と、社会的インパクトを説明しよう> こんにちは、新宿案内人の李小牧で

2018.06.13
元・中国人、現・日本人 李小牧(り・こまき)

「中華文春砲」郭文貴と、29年成果なしの民主化運動家の違い

<あの天安門事件から29年。なぜこの間、中国の民主化運動は何一つ成し遂げられなかったのか。なぜ今、米在住の大富豪「改革者」郭文貴を共産党は恐

2018.06.02
元・中国人、現・日本人 李小牧(り・こまき)

57歳で雑誌のグラビア撮影(笑)をされながら考えたこと

<あの「エスクァイア」から撮影の依頼! 中国は変わった。そして、中国人の日本に対する見方も変わってきている> こんにちは、新宿案内人の李小牧

2018.05.19
元・中国人、現・日本人 李小牧(り・こまき)

同窓会で見つけた、精神が腐った人と若く活力に満ちた人の違い

<会社でたいした仕事はなく、定年しても、孫の世話か太極拳をするだけ。そんな生活では、保守的で怠惰で頑固な老人になるのも納得だ> こんにちは、

2018.05.18

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 3

    沖縄の風俗街は「沖縄の恥部」なのか?

  • 4

    韓国は、「反日」ではなく「卑日」になったのか?

  • 5

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    「歴史の悪魔」を蘇らせるのはトランプ米大統領では…

  • 9

    期待の中国でも販売シェア半減に 韓国現代自動車は…

  • 10

    官民あげて日本就職に取り組む韓国の最新事情 

  • 1

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあったのはドリアン2トン

  • 2

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓国大法院判決全文の熟読で分かったこと

  • 3

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 6

    金融庁も激怒した、日本の投資信託のイケてなさ

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    安倍首相はよく耐えた!

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!