コラム

出演料10億円の美女ファン・ビンビンのゴシップが民主化の兆し?

2018年06月13日(水)18時09分
出演料10億円の美女ファン・ビンビンのゴシップが民主化の兆し?

中国映画界きってのスター女優ファン・ビンビンだが、脱税の疑いが浮上した(昨年のカンヌ映画祭で) Stephane Mahe-REUTERS

<著名司会者が勇気を持って告発した、中国映画業界の脱税ゴシップ。その経緯と、社会的インパクトを説明しよう>

こんにちは、新宿案内人の李小牧です。今回は中国映画業界の脱税ゴシップと中国民主主義の可能性についてお伝えしたい。

今、中国で最も注目を集めているのが崔永元(ツォイ・ヨンユアン)のリークだ。

崔永元は中国中央電視台(CCTV)の著名司会者。2013年に退職して、現在は中国伝媒大学で教壇に立っている。その彼が激怒する事件が起きた。

発端は随分と昔の話になる。2003年にコメディ映画『手機(携帯電話)』が公開された。ある司会者が携帯電話を家に置き忘れたことから不倫がばれて、ドタバタ劇が始まっていくという物語だ。この司会者のモデルが崔だった。担当していた番組の降板も映画同様に不倫だったのではないかとの噂が広がり、崔は相当頭に来ていた。

そして、この2018年になって続編『手機2』が制作されることが発表された。崔は堪忍袋の緒が切れたようで、監督の馮小剛、脚本の劉震雲を激しく批判するばかりか、ついに映画界の「潜規則」(暗黙のルール)の暴露を始めた。5月末のことだ。

問題となったのが「陰陽合同」(表と裏の契約)。中国当局は高騰する映画スターの報酬を問題視し、2017年9月に俳優に支払う出演料は制作費の40%以内にしなければならないとの規定を発表したが、この規定は有名無実化していると噂されてきた。

崔は『手機』『手機2』の主演女優、ファン・ビンビンの契約書を入手し、SNSで公開した。表向きの契約書では出演料は1000万元(約1億7000万円)とされているが、実際にはもう1つ、裏の契約書があり、5000万元(約8億5000万円)の報酬が明記されている。合計で6000万元(なんと約10億2000万円!)が本当の出演料だという。

ファン・ビンビンといえば、『アイアンマン3』や『X-MEN:フューチャー&パスト』などのハリウッド映画にも出演した中国映画界きってのスター女優だ。当然、中国では大騒ぎになっている。

こうした「陰陽合同」は映画制作費に関する政府規制に違反しているのみならず、脱税の疑いもある。沸騰する中国世論を受け、6月3日、中国国家税務総局は映画業界の陰陽合同と脱税問題を調査する方針を発表。波紋が広がっている。

2004年に始まった崔永元との不思議な縁

実は、私と崔には不思議な縁がある。著書『歌舞伎町案内人』(角川書店、2002年)のヒットで、私は中国でも知られる存在となった。2004年に私は「北京青年週刊」誌で大きく取り上げられたのだが、同じ号に崔と『手機』の記事が掲載されていたのだ。その雑誌を見て、崔は私のことを知り、気に止めるようになったという。

lee180613-sub.jpg

同じ号で崔と私を取り上げた「北京青年週刊」誌。左が表紙、真ん中が崔の記事、右が私の記事(筆者提供)

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    米中衝突の兆し、米「航行の自由」作戦に業を煮やす人民解放軍

  • 2

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク「30年内紛」

  • 3

    「北センチネル島」の宣教師殺害事件で問われる「未接触部族」の権利

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    【間違いだらけのAI論】AIはなぜ経済成長をもたらし…

  • 7

    中国に出荷されるミャンマーの花嫁──娘たちを売る少…

  • 8

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!