コラム

ブロックチェーンで「夜の街」歌舞伎町を変えたい

2018年06月25日(月)18時22分
ブロックチェーンで「夜の街」歌舞伎町を変えたい

kohei_hara-iStock.

<還暦間近の私・李小牧だが、この半年間、必死に勉強してきた。そしてトークンエコノミーで日本を、新宿を豊かにするため、会社を設立。果たしてそんなことが可能なのか? 仕組みを説明しよう>

こんにちは、新宿案内人の李小牧です。

振り返ると、これまでに随分さまざまな仕事を経験してきた。

バレエダンサー、新聞記者、アパレル企業社員、ナイトクラブのダンサー、ラブホテルの清掃アルバイト、おかまクラブの従業員兼ダンサー、歌舞伎町案内人、作家、コラムニスト、レストラン経営者、政治家、映画俳優、貿易会社社長......。

「1人の人間とは思えない」と驚かれることもしばしばだが、まだまだ足りない。やりたいこと、やるべきことは山のように残っている。還暦間近の私だが、今後も新しいチャレンジを続けるつもりだ。

というわけで、このたび経歴に新たな肩書きが増えることとなった。「一番株式会社CEO」がそれだ。ブロックチェーンを活用した口コミアプリ、トークン発行が業務となる。

「お金の民主化」トークンエコノミーとは?

李小牧がブロックチェーンと聞いて、驚いた人もいるかもしれない。あるいは、難しいテクノロジーの話なのかと、このコラムを読むのをやめようとしている人も。でも安心してほしい。これから説明するが、私も半年前までよく分かっていなかった(笑)。

「トークンエコノミー」とは何か。ここで言うトークンとは、ブロックチェーン技術を活用して作られた電子コインを指す。ビットコインなどの仮想通貨と原理的には一緒だ。

仮想通貨、トークンについて事細かに説明しだすと、あっという間にコラムの文字数を超過してしまう。日本にも仮想通貨ブーム、ビットコインブームが到来したが、ブームに乗った人も、単に儲かるからと意義も知らないまま投資している人がほとんどではないか。そこで私がこの半年間、必死に勉強した解釈を簡単に説明しよう。

仮想通貨、トークンとは、インターネット上で交換可能なコインだと思えばいい。その特徴は「脱中心」と「安全性」だ。前者は日本銀行のような中央銀行、あるいはグーグルのような巨大IT企業の支配下になく、独立が保たれていることを意味する。後者は一度取引が行われればその情報は変更不可能であるという意味だ。

普通のお金は安全で信頼できるが、国家の規制に強く縛られているし、たとえ市井の人々が自由にコインを発行してもなかなか信頼してもらえない。だが、仮想通貨の技術を使えば、市井の人々が自由に発行したコインが安全性を担保される。これが「マネー革命」「お金の民主化」などと騒がれている理由だ。

「いやいやいや、市井の人々が信頼できる電子コインを発行できる。そのどこが革命なんですか? 具体的に何ができるんですか?」と疑問に思う人も多いだろう。その疑問は正しい。

具体的にどのように応用するかは今後の課題であり、世界中でさまざまな試みが行われている。失敗する試みも多いだろうが、何かすごいものが生まれてくるかもしれない。生まれたてほやほやの技術をどのように応用し育てていけるのかに、企業家や開発者は知恵を絞っている。私、一番株式会社の李小牧CEOもその1人だ。

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

ニュース速報

ワールド

英国のラーブEU離脱担当相が辞任、メイ首相の離脱案

ワールド

焦点:米中の新冷戦、「ブレーキ役」担うマティス国防

ビジネス

中国発改委、自動車購入税減税を提案との報道否定

ビジネス

中国への海外直接投資、1─10月は前年比+3.3%

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 3

    沖縄の風俗街は「沖縄の恥部」なのか?

  • 4

    韓国は、「反日」ではなく「卑日」になったのか?

  • 5

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    「歴史の悪魔」を蘇らせるのはトランプ米大統領では…

  • 9

    期待の中国でも販売シェア半減に 韓国現代自動車は…

  • 10

    官民あげて日本就職に取り組む韓国の最新事情 

  • 1

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあったのはドリアン2トン

  • 2

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓国大法院判決全文の熟読で分かったこと

  • 3

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 6

    金融庁も激怒した、日本の投資信託のイケてなさ

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    安倍首相はよく耐えた!

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!