コラム

「中華文春砲」郭文貴と、29年成果なしの民主化運動家の違い

2018年06月02日(土)14時25分
「中華文春砲」郭文貴と、29年成果なしの民主化運動家の違い

筆者(左上)は5月、中国共産党高官の不祥事を暴露し続ける郭文貴と中国のネット番組で対談した 路德訪談-YouTube

<あの天安門事件から29年。なぜこの間、中国の民主化運動は何一つ成し遂げられなかったのか。なぜ今、米在住の大富豪「改革者」郭文貴を共産党は恐れるのか>

間もなく、29年目の「6月4日」がやって来る。1989年6月4日、天安門事件――。私は当時、来日して1年3カ月が過ぎた頃で、新宿歌舞伎町で案内人をしていた。

本コラムを読んでくださっている方ならお分かりだと思うが、あれから私は大きく変わった。著作活動を行い、レストランをオープンし、日本国籍を取り、選挙に立候補した。一方、北京の天安門広場に砕け散った中国の民主化運動はどうか。

皆さんは郭文貴(クオ・ウエンコイ)についてご存じだろうか。

昨年9月のコラム「えっ? 中国共産党が北ミサイルより恐れる『郭文貴』を知らない?」で取り上げたが、米国で実質亡命状態にある中国人大富豪にして、中国共産党高官の不祥事を暴露し続けている人物だ。

習近平の右腕にして「清官」(清廉潔白な官僚)のイメージが強かった王岐山の汚職、さらには有名女優とのセックススキャンダルまで「爆料」(リーク)を続け、全世界の中国人の注目を集めている。

既存の真面目すぎる民主化運動とは一線を画し、下世話な世界から中国の体制転換を目指す。「下(しも)からの改革者」「中華文春砲」とも言うべき存在だ。

彼の影響力は甚大だ。お堅い日本のメディアは民主化、体制転換という話題が下世話な切り口から語られることに違和感を覚え、最近になるまでほとんど取り上げてこなかった。

だが、考えてみてほしい。大上段の理念で人は動くだろうか。革命が起きるのは「明日のパンがない」という経済問題であり、あるいは支配者の汚職や横暴への怒りだ。民衆の怒りに火をつけるのは経済か、あるいは下世話な話題なのだ。

頭でっかちの理念は何も生み出さない。天安門事件から29年間、米政府をはじめ海外から多くの支援金をもらいながらも、何一つ達成できなかった中国民主化運動がこのことを証明している。

郭文貴が自分の支持者を見限り始めた理由

郭文貴はいかがわしい人物かもしれないが、人々の注目を集めて世の中を動かす力を持っている。だからこそ、国外亡命した学生運動リーダーたちの民主化運動については歯牙にも掛けていない中国共産党が、郭ひとりを恐れているのだ。

郭が引き起こしたムーブメントは既に1年以上も継続している。世界中で多くのフォロワー(支持者)が生まれた。日本にも郭文貴日本後援会なるものが存在する。東京の繁華街で街宣活動を行う彼らの姿を見た人もいるのではないか。

最近、郭文貴はこうしたフォロワーたちと一線を画す姿勢を見せている。当初は自らのムーブメントを盛り上げるためには必要だと我慢していたようだが、ついに堪忍袋の緒が切れたらしい。

というのも、結局のところムーブメントを起こしているのは彼個人の力でしかない。フォロワーはいわば金魚の糞で、郭の影響力を利用してやろう、ひょっとしたら大富豪から金がもらえるかもしれない、という汚い魂胆しかないからだ。

民主主義は素晴らしい。しかし、制度を導入すればすぐに民主主義が実現するわけではない。政治制度を支える人間こそが根本だ。中国には民主主義制度がないだけでなく、民主主義を担えるような人間がいないのではないか。それこそが最大の問題だろう。

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

ニュース速報

ワールド

英国のラーブEU離脱担当相が辞任、メイ首相の離脱案

ワールド

焦点:米中の新冷戦、「ブレーキ役」担うマティス国防

ビジネス

中国発改委、自動車購入税減税を提案との報道否定

ビジネス

中国への海外直接投資、1─10月は前年比+3.3%

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 3

    沖縄の風俗街は「沖縄の恥部」なのか?

  • 4

    韓国は、「反日」ではなく「卑日」になったのか?

  • 5

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    「歴史の悪魔」を蘇らせるのはトランプ米大統領では…

  • 9

    期待の中国でも販売シェア半減に 韓国現代自動車は…

  • 10

    官民あげて日本就職に取り組む韓国の最新事情 

  • 1

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあったのはドリアン2トン

  • 2

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓国大法院判決全文の熟読で分かったこと

  • 3

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 6

    金融庁も激怒した、日本の投資信託のイケてなさ

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    安倍首相はよく耐えた!

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!