コラム

英王室の静かなる危機...「安全運転」で支持率維持に努めるチャールズ国王、頭痛の種は相変わらずの次男ヘンリー

2023年09月12日(火)20時26分
イギリスのチャールズ国王

Muhammad Aamir Sumsum/Shutterstock

<メーガン夫人が王室との関係を断ち切るなどヘンリー夫妻という「内憂」は変わらないが、大英帝国という過去の栄光が遺した「外患」の方が心配>

[ロンドン発]英国史上最長の70 年間在位したエリザベス女王が96歳で亡くなり、チャールズ国王が即位して1年が経った。チャールズ国王は女王が息を引き取った英北部スコットランドのバルモラル城で「陛下の長いご生涯と献身的なご奉仕、私たちの多くに陛下が遺されたすべてのことを深い愛情とともに思い起こします」と亡き母に思いを馳せた。

■【動画】「冷え切った目」でキャサリン妃に見られ動揺するメーガン妃

「この1年、私たち夫婦が皆さまのお役に立てるよう最大限の努力をしてきた中で私たち夫婦に示された愛とサポートにも深く感謝しています」とも述べた。チャールズ国王とカミラ王妃が英国のイングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランド計79地域で行った571回の公務を記録した動画もソーシャルメディア上で公開された。

元米女優メーガン夫人と結婚、英王室離脱でチャールズ国王や長男ウィリアム皇太子と対立する次男ヘンリー公爵は移住先の米国から英国に一時帰国し、エリザベス女王の一周忌にウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂をサプライズ訪問した。慈善団体のイベントに出席するための一時帰国だったが、英王室との距離を改めて感じさせた。

英世論調査会社「ユーガブ(YouGov)」のアンケートでは、英国人の60%がチャールズ国王に好感を持っていたのに対し、否定的な声は32%。王族の好感度ではカミラ王妃47%(否定的42%)、ウィリアム皇太子74%(同20%)、キャサリン皇太子妃72%(15%)。ヘンリー公爵31%(63%)とメーガン夫人24%(68%)は英国内での憎まれ度が再確認された。

62%の英国人は王室制度を支持

性的児童虐待スキャンダルで公務から外されたアンドルー王子6%(88%)は問題外として、英王室にとって「激動の1年」だった昨年、チャールズ国王が181回の公務をこなす一方で、143回の公務を担ったエドワード王子54%(同24%)、214回のアン王女73%(同14%)が脇役として国王を支える構図がより鮮明になってきた。

62%の英国人が王室制度を続けるべきだと答える一方で、26%が共和制への移行を唱えた。王室制度を支持する国内世論は2012年に75%に達したが、その後ジリジリ下がり続け、一時は59%まで低下。エリザベス女王が亡くなった直後に一度67%まで回復したものの、この2年間は60%を少し上回る程度の支持が続いている。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

再送-日本企業の正当な活動を制約、ロシアに抗議=ト

ワールド

インド政府債務の積極的削減はソブリン格付けにプラス

ワールド

ハリス氏、激戦州で集会 トランプ氏なら「混乱と憎し

ビジネス

トランプ氏のEV支援廃止、競合社の方が打撃大きい=
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story