最新記事

英王室

キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

2022年9月22日(木)17時48分
キャサリン・アルメシン

2人が視線を合わせる場面はほぼ見られなかった(写真は9月14日) REUTERS/Alkis Konstantinidis/Pool

<キャサリン妃の「相手を締め出す」ような視線を受け、メーガン妃は「哀れな子犬」のような仕草を見せていたとボディランゲージ専門家は分析>

イギリスの故エリザベス女王の逝去を受けて、2年以上ぶりに揃って公式の場に姿を見せたウィリアム皇太子夫妻とヘンリー王子夫妻。だが、キャサリン皇太子妃(40)は「冷ややかな」視線を浴びせてメーガン妃(41)を拒絶したと、ボディランゲージ専門家は分析している。

■【動画】拒絶するような冷え切った目でメーガン妃を見るキャサリン妃

「事件」が起きたのは、女王の死去から2日後の9月10日。2人がそれぞれの夫であるウィリアム皇太子(40)とヘンリー王子(38)と共に、ウィンザー城の外に追悼のために集まった市民の前に現れたときのことだ。

その模様を捉えた動画では、キャサリン皇太子妃はカメラに気付いて微笑み、手を振る。だがその直前に、メーガン妃を「ぞっとする」ような視線でにらみつけているように見えるのだ。オーストラリアのニュースサイト「7NEWS」は、一部の王室ファンのそんな声を報じた。

いつもの自信に満ちた態度と違って、メーガン妃は始終「落ち着かない」様子だと、ボディランゲージ・リレーションシップ専門家のカティア・ロワゼル(本人のウェブサイトによれば、20年前からメディアで活躍する著述家でもある)は7NEWSで指摘している。

ロワゼルに言わせれば、ウィリアム皇太子は弟の妻を迎え入れて交流しようとする素振りをみせているが、キャサリン皇太子妃の視線は相手を「締め出そう」としているかのようだ。

メーガンの不安や困惑を示す仕草

また、キャサリン皇太子妃のほうを何度も見るメーガン妃に対して、キャサリン皇太子妃は「見透かす」ような目つきをしている。これは2人の間に「内在する緊張」を示しているという。

メーガン妃を見るとき、キャサリン皇太子妃はこわばった姿勢で目を据え、口を結んでいると、ロワゼルは指摘する。

「メーガンは明らかに驚き、戸惑った様子だ。横にずれてケイトから遠ざかり、体の重心を移し、かすかにうつむいている。不安や困惑をさらに示唆するのが、あいまいでためらいがちな身振りに加えて(自分の顔や体に触れて安心しようとする)自己親密行動をしている点だ」

おずおずと腕を持ち上げて手を振ろうとしたメーガン妃が、動きを止めて髪を直すしぐさに、ロワゼルは注目する。群集に小さく手を振る前には、目を伏せている。

画像の1つでは、片方の腕を体の前に回して、もう片方の腕をつかもうとするようなしぐさをしている。ロワゼルによれば、これは自分を守ろうとするジェスチャーであり、「確信のなさや不安」の表れだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

英中銀、6日の買い入れ額は約1.5億ポンド 9月3

ビジネス

EXCLUSIVE-独政府、来年の景気後退入りを予

ビジネス

独ポルシェ、時価総額でVW抜く 欧州自動車メーカで

ビジネス

世界経済見通し「暗転」、23年予想を下方修正へ=I

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    引き抜いた歯にガスマスク......ハルキウで見つかった拷問の証拠品──ウクライナ当局

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    韓国人がなんでもかんでも日本のせいにする理由

  • 4

    再生可能エネルギーの拡大を支える揚水蓄電、日本の…

  • 5

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起…

  • 6

    ヒトを襲い、弱い個体をいじめる 「優等生」イルカ…

  • 7

    日本国民の「韓国への感情」の深刻さを、韓国はまっ…

  • 8

    韓国軍、北朝鮮対抗で発射のミサイルがまさかの異常…

  • 9

    チョコが大好物で、食材の無駄は許さない...お抱え料…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 4

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 5

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 6

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 7

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 8

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 9

    ウクライナの「投降ホットライン」がロシア兵の命綱に

  • 10

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月