コラム

困窮する弱者を「極右」と蔑むだけでは、「西洋の没落」と「次こそルペン」は不可避

2022年04月26日(火)11時21分

地方の国民連合支持者は全くと言っていいほど英語を話さない。そこで予めスマホに入力したフランス語の質問票に答えを書き込んでもらった。舞台芸術マネジャーの女性シンディーさん(36)は「マクロンの5年間で燃料費などすべてが高くなり、生活が苦しくなった。問題は購買力(インフレを差し引きした可処分所得)と年金受給年齢引き上げだ」と言う。

左官業ラファエル・クービアックさん(21)は「最も重要な問題は購買力。ルペン氏を支持するのは、彼女の考え以外に答えを見出せないからだ。仕事を見つけ、それを維持するのが本当に難しくなった」と漏らした。別の青年は「ルペン氏はすべてのモノが高くなりすぎた私たちの社会を変革すべきだ」と訴えた。

220426kmr_frp05.jpg

エナン・ボーモンの投票所に現れたマリーヌ・ルペン氏(筆者撮影)

ルペン氏、有権者と距離ゼロの近さ

ルペン氏とそれを取り巻く支持者とメディアの輪が投票所に近づいてきた。支持者一人ひとりの求めに応じて握手したり、頬を寄せ合ったり。有権者との距離はまさにゼロの近さである。スマホでルペン氏と自撮りのツーショットにおさまった支持者はうっとりとした恍惚の表情を浮かべる。「マリーヌ、大統領」のシュプレヒコールが沸き起こる。

混雑を予想して折りたたみ式の踏み台をロンドンから持参したが、長身男性が子供を肩車して前に立ちはだかる。ルペン氏がさらに近づいてくると人波で踏み台から落ちそうになったが、何とか後ろのフェンスで持ちこたえることができた。ルペン氏が数十センチメートルの距離に近づいてくる。吸い込まれるようなカリスマが彼女にはある。

220426kmr_frp02.jpg

支持者の自撮りに笑顔で応じるマリーヌ・ルペン氏(筆者撮影)

ルペン氏は反イスラムを唱える悪魔なのか。支持者にとって彼女は優しさと慈しみを兼ね備えた「母なる海」だ。ルペン氏はテレビ討論で「ヒジャブ(スカーフ)はイスラム主義者が押し付けた制服。公の場であらゆる宗教表現は禁止すべきだ」と述べた。公立学校でのスカーフ着用を禁止するなど仏世論のライシテ(政教分離原則)のとらえ方は次第に厳格になっている。

公の場とは法的に何を指すのか。純粋にファッションとして着用するスカーフはどうなのか。イスラム教の預言者ムハンマドをどう描くかの「表現の自由」も含め議論は尽きない。初潮を迎えたイスラム女性は髪をスカーフで覆う。共和国の価値を守るため、人前でスカーフをとることに大半のイスラム女性は抵抗を覚えるだろう。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、週足では下落 インフレピー

ビジネス

米国株式市場=S&Pとナスダック4週連続高、楽観広

ビジネス

中国国有大手5社、米上場廃止申請へ 取引減や事務負

ワールド

FBI、最高機密文書など押収 トランプ氏家宅捜索で

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 2

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 5

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 6

    【動画】露軍基地の大爆発と逃げる海水浴客

  • 7

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 8

    イーロン・マスク、自家用ジェットで車10分の距離を…

  • 9

    【映像】車庫にいた巨大ムースを至近距離で撮影

  • 10

    インドで手足が4本ずつある赤ちゃんが生まれる

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 9

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 10

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中