コラム

困窮する弱者を「極右」と蔑むだけでは、「西洋の没落」と「次こそルペン」は不可避

2022年04月26日(火)11時21分

しかし仏社会は次第に不寛容になっている。右派支持層の取り込みを狙ったマクロン氏の政策はイスラム教徒には不人気で、世論調査機関Ifopの調査では約70%が1回目投票でメランション氏に投票したという。

マクロン支持者は高学歴の「勝ち組」で、何の助けも必要としない。一方、本当に助けが必要なのは地方の「負け組」であるルペン支持者、次に都市部の「負け組」メランション支持者なのだ。マクロン氏は「負け組」の声に真剣に耳を傾けなければ、燃料税引き上げに端を発した「黄色いベスト運動」の過ちを繰り返すだろう。

マクロン氏「私はみんなの大統領だ」

マクロン氏の勝利集会が開かれたエッフェル塔前のシャン・ド・マルス公園は数千人の若者で埋められた。ディスクジョッキーがヒット曲を次々と流して、パーティー気分を盛り上げる。夕焼けにエッフェル塔のイルミネーションがきらめく。マクロン氏はフランス国旗とEU旗が打ち振られる中、EU讃歌のベートーベンの『歓喜の歌』に合わせて入場した。

220426kmr_frp03.jpg

マクロン氏の勝利集会に集まった若者たち(筆者撮影)

マクロン氏は勝利演説で「多くの人が私の考えを支持してではなく、極右の考えを阻止するために私に投票した」ことを認めた。「金持ちのための大統領」と批判されていることを意識して「棄権した人やルペン氏に投票した人の怒りは理解できる。私はみんなの大統領だ」と力を込めた。

「私はより公正な社会と男女の機会均等のために働く。祖国の分裂に配慮する。誰も取り残さない。過去5年間の方法を継続することはない」とも強調した。24日夜に発表された仏世論調査(BAV)で3分の2がマクロン氏に国民議会での過半数を引き続き与えたくないと考えていることが示された。

マクロン支持者のマーケティングディレクター、パブリス・ゴドイヨさん(47)は「過激な選択肢より中道のマクロン氏の雇用を増やす経済政策や男女の機会均等政策を支持する。前回より多くの人がファシストのルペン氏に投票したのは残念だ。パンデミックや経済状況に怒る人たちがいる。彼らの怒りを解消できるのはマクロン氏しかいない」と話した。

次の5年、マクロン氏が党派を超えてルペン氏の支持者のために働かなければフランスは間違いなく過激な道を選択することになる。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮が弾道ミサイル、日本のEEZ外にすでに落下か

ビジネス

中国人民銀、設備更新支援へ再融資制度を開始 276

ワールド

日・スリランカ首脳、債務再編の重要性で一致

ビジネス

英財務相が銀行にポンド売り抑制求めるとの報道、当局

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ばから毎日食べている「ある食材」

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 8

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 9

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中