コラム

仏大統領選目前のマクロン、「プーチンとの対話」をやめる訳にいかない理由

2022年04月09日(土)15時31分
プーチンとマクロン

Gerard Julien/Pool via REUTERS

<マクロンの考えは「ロシアを中国から引き離すこと」であり、ルペンとの一騎討ちを控えた政治的状況からもプーチンとの関係を断ち切ることはできない>

[ロンドン発]ロシア軍のウクライナ侵攻が続く中、フランス大統領選の第1回投票が4月10日に行われる。第1回投票で過半数を獲得する候補者がいなければ同月24日に上位2人の決選投票が行われる。直近の世論調査で現職のエマニュエル・マクロン大統領を極右・国民連合のマリーヌ・ルペン氏が3ポイント差に追い上げる激戦となっている。

世論調査をもとに主要候補者6人の支持率をグラフにしてみた。
エマニュエル・マクロン氏26%(共和国前進)急進中道
マリーヌ・ルペン氏23%(国民連合)女性、極右から右派ナショナリスト政党にイメージ転換図る
ジャンリュック・メランション氏17.5%(不服従のフランス)強硬左派
エリック・ゼムール氏9.5%(極右の政治評論家)
バレリー・ペクレス氏8.5%(共和党)伝統右派
アンヌ・イダルゴ氏2.5%(社会党)パリ市長、伝統左派

220409kmr_mpt02.jpg

共和党と社会党という右派と左派の伝統的二大政党が衰退し、前回の大統領選と同じく決選投票ではマクロン氏とルペン氏の一騎討ちになる見通しだ。社会党の凋落ぶりは目を覆うばかりで、急進中道マクロン氏と強硬左派メランション氏に股裂きにされている。極右の政治評論家エリック・ゼムール氏の支持率が一時16%を超え、フランス社会の右傾化を改めて印象付けた。

英誌エコノミストは独自の選挙モデルをもとに、マクロン氏が決選投票に進む確率は98%、再選の確率は78%と予想する。国民会議で過半数を持つ大統領が再選するのは1965年のシャルル・ド・ゴール以来。マクロン氏はウクライナに侵攻したウラジーミル・プーチン露大統領との対話を続け、期限前日の3月3日に新聞に寄稿した「国民への手紙」で出馬を表明した。

マクロンの3大ライバルはいずれもプーチン支持者

「再選のための出馬表明を最後の瞬間まで待った1988年のフランソワ・ミッテランと同じ戦法だ。マクロン氏の3大ライバル、ルペン、ゼムール、メランション各氏はみな長年のプーチン支持者。マクロン氏もウクライナ問題でプーチン氏と話し合うことが世界の檜舞台で自分が権威を持っていることを大統領選で示すのに有利と考えた」

仏エコール・ポリテクニークのビンセント・マルティニー准教授(政治科学)はこう解説する。「3氏はウクライナの自由ではなく、いかなる代償を払っても平和を守ることを最優先課題に挙げる。フランスは中立を保つべきだという考えだ」と言う。フランスは血も涙もない非道なプーチン氏に理解を示すのはどうしてなのか。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ビットコインが3週間ぶり安値、数分間で7%超下落

ワールド

中ロ首脳、11月のG20会議出席へ=インドネシア大

ビジネス

米規制当局、バークシャーのオキシデンタル株最大50

ワールド

再送-イスラム国戦闘員に終身刑、シリアで米国人殺害

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を着こなすジア

  • 3

    【映像】素手でサメを引きずる男性

  • 4

    石を使って自慰行為をするサルが観察される

  • 5

    【動画】Face IDが認識できなかった顔の男

  • 6

    【動画】中国軍の最強戦闘機「殲20マイティドラゴン」

  • 7

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 8

    マーベル最新ドラマ『シー・ハルク』のプロモにホー…

  • 9

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリ…

  • 10

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な…

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 4

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 5

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊する…

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を…

  • 8

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 9

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 10

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 8

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中