注目のキーワード

コラム

「プーチンとの友情」を大急ぎで隠したルペン、「移民排斥」でマクロンに勝てるか?

2022年04月12日(火)17時25分
フランス大統領選

選挙戦終盤でルペン(右ポスター)はマクロンを激しく追い上げた GONZALO FUENTESーREUTERS

<フランス大統領選は、現職のマクロンと極右ルペンが4月24日の決選投票に進んだ。ロシアのウクライナ侵攻はマクロンを後押しすると見られるが>

4月10日に行われるフランス大統領選挙の第1回投票では、反NATOの極左候補ジャンリュック・メランションから反移民の極右エリック・ゼムールまで、12人がしのぎを削る。

おそらくどの候補も過半数を獲得できず、4月24日に上位2人による決選投票が行われる。その顔合わせは、直近の世論調査で支持率27%で首位に立つ中道派の現職エマニュエル・マクロン大統領と、極右勢力を代表するマリーヌ・ルペン(同22%)という2017年の再現になることがほぼ確実視されている(編集部注:10日の投票の結果、首位マクロンと2位のルペンが決選投票に進むことが決まった)。

選挙の主要な争点は3つ。戦争、文化的アイデンティティー、労働者階級の不安と怒りだ。

ロシアのウクライナ侵攻は、安全保障問題をめぐる論争を一変させた。危機が国民をリーダーの下に結集させる効果は、マクロンを強力に後押しするはずだ。

マクロン陣営は、当初はロシアの侵攻を止めようとする大統領の努力に焦点を当て、開戦後はNATO諸国との協力を強調してきた。一方、長年ロシアのプーチン大統領にすり寄り、NATOを軽視してきたルペンは苦しい立場に追い込まれた。大急ぎで独裁者プーチンとの友情をうたった120万部の選挙パンフレットを破棄しその指導力を称賛した過去を封印しようとしている。

だが今回の選挙では、ウクライナ戦争以上に2つの国内問題が重要なカギを握る。

「移民の国フランスはもう終わりだ」

まず、フランスの「アイデンティティー」喪失問題。移民、イスラム、文化の衝突と不安がフランスにもたらす苦悩を私が初めて意識したのは、アルプスの麓の大学都市グルノーブルに住んでいた1976年秋のことだった。

夜遅く、寂れた街の中心部を歩いて帰宅する途中で見掛けたのは、アルジェリアやモロッコから来た寂しそうな男たち。彼らは戦後フランスの復興景気の中で工場に雇われた労働者だ。行き場もなく、家族もなく、社会から疎外された彼らは、迷子のように道をさまよっていた。

フランスでは現在、人口の10%近くがイスラム教徒だ。ルペン(と父親のジャンマリ・ルペン)やゼムールのような極右政治家は数十年前から、フランスのアイデンティティーに対する移民の危険性を説き、イスラム系移民への反対を訴えてきた。

ルペンは「移民の国フランスはもう終わりだ」と宣言。フランスは「多文化主義のベールの下に」埋もれてはならないと主張した。イスラム系女性のベール着用問題と、多文化主義が社会を腐敗させるという右派の見方を結び付けた挑発的な言辞だ。

ゼムールはさらに過激で、「大置換」と呼ばれる陰謀論を支持している。近い将来イスラム教徒がフランスの白人カトリック教徒に取って代わるという主張だ。

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

小売販売5月は前年比3.6%増、ガソリン高騰・行動

ビジネス

寄り付きの日経平均は反落、値がさ株や半導体関連株が

ビジネス

米、ロシア産金の輸入禁止 防衛産業など100以上の

ビジネス

日銀は緩和的な金融政策維持へ、黒田総裁が26日のセ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴、キスする姿も

  • 2

    食料品がこんなに高い!?インフレが止まらないNYの実態

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 5

    「中の人」の視点で終わった『東京2020オリンピック …

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 8

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 5

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 6

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴…

  • 7

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 10

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中