コラム

CIAが視る世界 グレン・カール
CIAが視る世界 グレン・カール

バイデンとトランプの大きな違い──「機密文書問題」を読み解く

<バイデンが自発的に適切な報告を行ったのに対し、トランプは文書の持ち出しについてごまかし、嘘をつき、法律をないがしろにした> 国家安全保障に

2023.01.24
CIAが視る世界 グレン・カール

全部がプーチンのせいではない、2023年の世界を待つ「5つの危機」とは?

<ウクライナ戦争、世界経済、エネルギー供給、食糧供給、地球温暖化......。ウクライナ戦争をきっかけに世界の流れは大きく変わったが、すべて

2023.01.10
CIAが視る世界 グレン・カール

ゼレンスキー「必要なのは弾薬であり乗り物ではない」に世界がしびれた

<毅然としたリーダーがいれば世界は変えられる。ゼレンスキーの決断が2023年も世界を型作り、揺るがすだろう> 2022年2月24日、世界第2

2022.12.22
CIAが視る世界 グレン・カール

なに考えてる? CIA元諜報員が分析したイーロン・マスクの深層心理

<スペースXとテスラの創業者・CEOに、新たに加わったツイッター経営者の肩書。この「リアル・アイアンマン」は何を考えているのか。世界をよりよ

2022.12.21
CIAが視る世界 グレン・カール

「電球が全てを変えた...」モロッコ、W杯躍進が象徴する「経済の国」への変貌

<ワールドカップにおけるモロッコの躍進は、「経済の国」へと変貌した同国の姿を象徴している> サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会にお

2022.12.19
CIAが視る世界 グレン・カール

穏やかな中国語で抗議しても、革命は起きない──問われる中国抗議デモの「質」

<いまだ多くの国民が政府を支持し続けているように見える抗議行動では、体制に大きな変化をもたらす可能性は低い。「ベルリンの壁」よりも「プラハの

2022.12.05
CIAが視る世界 グレン・カール

トランプは大統領選に勝てない...それでも共和党が彼を切り捨てられない理由

<2024年大統領選への再出馬を正式表明したトランプは、民主党候補が誰であれ敗北する可能性大。それでも米政治は、今後も彼に「支配」され続ける

2022.11.22
CIAが視る世界 グレン・カール

自称「言論の自由絶対主義者」が買った「おもちゃ」とマスクが取り憑かれる思想

<マスクによるツイッター買収後、大手企業の広告停止が相次いでいる。「言論の自由」に関して、マスクが信奉するシリコンバレーで人気の「長期主義」

2022.11.07
CIAが視る世界 グレン・カール

岸田政権の「原発回帰」が正しい一方で、今すぐやるべきことは何か?

<エネルギーサプライチェーンの混乱、円安苦境、CO2排出量削減が不十分な日本。中期的に原発を再活用する決定は理にかなうが、世界の気温上昇が2

2022.10.24
CIAが視る世界 グレン・カール

ロシアが負ければ、プーチンの自国至上主義は「歴史のごみ箱行き」になる

<ロシアとウクライナ、勝つのはどちらか? 戦争が終わったとき、どんな新国際秩序が生まれるのか。2つの「戦後」シナリオを検証する> ウクライナ

2022.10.13

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線をかっさらう

  • 3

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場が配備を「嫌がっている」理由

  • 4

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    やりすぎ? 魅力的? キム・カーダシアン、「想像の…

  • 9

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 10

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 7

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 8

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 4

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 8

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中