コラム

CIAが視る世界 グレン・カール
CIAが視る世界 グレン・カール

米軍特殊部隊とCIAのバグダディ急襲作戦は100点満点

<ISIS最高指導者を自爆に追い込んだ「ヒューミント」を駆使した周到な作戦内容とは> テロリストとは、狂信的で理想主義者で運命論者、しかも少

2019.11.05
CIAが視る世界 グレン・カール

嘘つき大統領トランプがアメリカの民主主義を打ち砕く

<法も理性も無視する大統領に迫る弾劾、しかし民主主義の根幹は既に崩れ始めている> 現代の米政治において、さらにはアメリカの250年近い歴史の

2019.10.16
CIAが視る世界 グレン・カール

アメリカをめちゃくちゃにしたトランプ、それでも支持する労働者たちの「思い込み」

<人口動態や経済の現状を見れば敗北は確実だが選挙結果を左右するのは有権者の認知のひずみだ> アメリカの民主主義はいま血を流している。「トラン

2019.09.25
CIAが視る世界 グレン・カール

年間3万人の死者が出る現実を直視できない、銃社会アメリカの病理

<公共の安全のための規制は認めるのに、アメリカ人が銃規制の強化にだけ猛反対する心理> 8月に相次いで報じられた銃乱射事件で、アメリカではまた

2019.09.11
CIAが視る世界 グレン・カール

日本と韓国の対立を激化させたアメリカ覇権の衰退

<戦後の世界を支えたアメリカの覇権とグローバル化が限界に達したことを、韓国のGSOMIA破棄は示唆している> 日本と韓国が過去の呪縛から逃れ

2019.08.28
CIAが視る世界 グレン・カール

香港デモへの頑なな強硬姿勢は、むしろ中国の共産党体制を危うくしている

<新疆やチベットに飛び火することを恐れる中国政府が譲歩することは考えにくいが......> いま香港で起きているデモは、香港の未来だけでなく

2019.08.27
CIAが視る世界 グレン・カール

イラン「CIA協力者を逮捕、死刑宣告」を元CIA工作員が検証する

<協力者の大量逮捕で情報網が失われたのは大痛手──裏で中国が糸を引いていた可能性がある。CIAのスパイ網は修復可能か> 悪化の一途をたどるイ

2019.08.07
CIAが視る世界 グレン・カール

日米安保見直しの可能性をトランプが示唆した今、これが日本の進むべき道だ

<トランプの発言は明らかな暴言だが、時代の変化に応じた対応は必要だ> 6月25日、ドナルド・トランプ米大統領が日米安全保障条約破棄の可能性に

2019.06.29
CIAが視る世界 グレン・カール

安倍首相はイラン訪問で日本の国益と国際社会の安定のために勇気を示した

<単なる「子供の使い」ではない。米・イラン間の緊張緩和は実現できなかったが、日米関係強化と日本の影響力拡大という成果はあった> アメリカとイ

2019.06.17
CIAが視る世界 グレン・カール

日本でテロの脅威は増したのか スリランカの惨劇から学べること

<4月下旬に起きたイスラム過激派のテロは衝撃的だったが、彼らの攻撃対象は今、仏教圏にも広まっているのか> スリランカでイスラム過激派が4月2

2019.05.13

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 2

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 3

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

  • 4

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 5

    雨が降ると植物はパニック状態になっていた:研究結果

  • 6

    韓国、アイドルオーディション番組「PRODUCE 101」ヤラ…

  • 7

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 8

    女性の着替えやトイレを監視──入管が組織的セクハラ

  • 9

    子犬を茹でて子供を虐待する「鬼母」と地獄の家

  • 10

    「バグダディ死亡」共同通信記事の間違った認識

  • 1

    日朝戦争なら韓国は北朝鮮の味方、日本はいつの間にか四面楚歌?

  • 2

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

  • 3

    韓国通貨危機の裏側を赤裸々に暴く 『国家が破産する日』

  • 4

    母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

  • 5

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 6

    200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

  • 7

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 8

    文在寅政権の「自滅」を引き寄せる大統領側近らの忖度

  • 9

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 10

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ラグビー場に旭日旗はいらない

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    アメリカが韓国に「最後通牒」......日本との安保対…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!