コラム

「トランプ大統領」の出現を19世紀に予見した男

2024年03月28日(木)15時39分
トクヴィル

トクヴィルは「トランプのアメリカ」を予見していた PICTURES FROM HISTORYーUNIVERSAL IMAGES GROUP/GETTY IMAGES

<「もしトラ」に全世界が注目するが、そもそも19世紀にトランプ的な指導者がアメリカで誕生する、と予見していたフランス人がいる。アレクシ・ド・トクヴィルである>

先日、ボストンから高速列車でニューヨークに行き、トクヴィル財団の会合に出席した。19世紀のフランスの思想家、アレクシ・ド・トクヴィルに関心のある市民と研究者が集まり、アメリカの民主主義を守るという喫緊の必要性について議論したのだ。

トクヴィルの著書『アメリカのデモクラシー』(邦訳・岩波文庫)は民主主義の基盤に関する最も深い分析である。私はアメリカ政治を学ぶ大学生だった1975年にトクヴィルを知り、しびれるほど衝撃を受けた。この旅は、私的な旅でもあった。財団の会長はトクヴィルの直系の子孫で、彼と私は40年前に大学院生だった頃、アパートの一室をシェアしていた。 それ以来、私たちは友人だ。

私はよく、移動中に適当に年を選び、窓の外を流れる建物や道路、風景が当時もあっただろうかと考える。今回はトクヴィルがアメリカを旅した1831年を選んだ。

選んだ年のものがほぼ残っていないのはいつものことだが、今回は「トランプ」の旗や庭先の立て看板を時々見かけた。トクヴィルはトランプをどう思うだろう? 粗野なアメリカのファシストと、フランスの伯爵で偉大な歴史家を並べて語ることは、ばかげているが恐ろしくもなる。

トランプは寝室に1冊だけ本を置いているという。アドルフ・ヒトラーの演説集『我が新秩序』だ。トクヴィルの『アメリカのデモクラシー』は、アメリカの大学で政治を学ぶと必ず教わる。だがこんにちのアメリカの民主主義とは何か、どうなりつつあるのかをうまく捉えているのは、トランプなのか、それともトクヴィルなのか。

トクヴィルは、トランプがアメリカの半数の共感を得ていることに、愕然としても驚きはしないだろう。彼自身が、アメリカ社会には専制君主を権力に引きずり込む本質的な資質があると警告している。トクヴィルは民主主義を、特定の統治の構造やプロセスの結果としてではなく、社会の慣行や信念から生まれる社会現象として捉えている。つまり、アメリカの民主主義は、弱い中央国家の下で自治を主張する活力ある市民社会から、強く多様でそれゆえ寛容な宗教観に由来する道徳的な市民文化から、規制された競争を通じて個人の利益を追求することが社会に利益をもたらすというアメリカ独自の「見識ある自己利益」の文化から、生まれたのだ。

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

フォード、第2四半期利益が予想上回る ハイブリッド

ビジネス

NY外為市場=ドル一時155円台前半、介入の兆候を

ワールド

英独首脳、自走砲の共同開発で合意 ウクライナ支援に

ビジネス

米国株式市場=S&P上昇、好業績に期待 利回り上昇
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 2

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 3

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗衣氏への名誉棄損に対する賠償命令

  • 4

    心を穏やかに保つ禅の教え 「世界が尊敬する日本人100…

  • 5

    マイナス金利の解除でも、円安が止まらない「当然」…

  • 6

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 7

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 8

    ワニが16歳少年を襲い殺害...遺体発見の「おぞましい…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 5

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 6

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 7

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士…

  • 8

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 9

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 10

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story