コラム

英国の危険な賭け 再生産数を頼りに封鎖解除の見切り発車 ジョンソン首相の大罪

2020年05月11日(月)12時15分

この週末、都市封鎖中にもかかわらず、スーパーの中で2メートルの安全距離を守らず、マスクもせずに大声で話す若者たちに筆者はうんざりさせられた。コロナの理不尽なところは原因をつくる人と死亡や後遺症などの害を被る人が異なることだ。

アフリカ・カリブ海系の黒人やバングラデシュ・パキスタン系の死亡率は白人に比べ3~4倍超も高いため、非白人はマスクを着け、道の端を歩いている。白人はわが物顔でジョギングを楽しむ。拙速な封鎖解除はハイリスクグループにとって極めて危険である。

英政府のスローガンは「外出禁止・医療サービスを守れ・生命を救え」から「警戒を怠るな・ウイルスを制御せよ・生命を救え」に転換されたが、スコットランド、北アイルランド、ウェールズは「メッセージがあいまいになる」とスローガンを変えなかった。

英政府は3月23日に外出禁止令を発動して都市封鎖。死者は約3万2000人に達し、欧州最悪となったが、感染は収束に向かい始めている。

防護具の調達を怠った罪

米シアトルの健康統計・影響評価研究所は都市封鎖をそのまま継続すれば6月21日にはイギリスの新たな死者はゼロになると予測する。イタリアやスペインのような医療崩壊はギリギリ免れたものの、死者累計は4万555人に達する見通しだ。

欧州最悪の被害を出した張本人はジョンソン首相。7つ大罪を列挙してみる。

(1)年内に移行期間を終え欧州連合(EU)から完全離脱すると断言するジョンソン首相は中国で死体の山が積み上がっていた2月、コロナ対策の国家緊急事態対策委員会(コブラ)を5回も欠席。中国での大流行を対岸の火事とみなし、ブレグジットを優先させた。

(2)行動計画を発表した3月3日の記者会見で「病院で感染者と握手した」と軽口をたたいて集団免疫の獲得を目指す。

(3)ファーガソン教授に都市封鎖しなければ25万人の死者が出るという報告書を公表されて初めて緩い社会的距離策から都市封鎖に転換。早期に都市封鎖をしておけば死者を2万人以下に抑えられていた可能性がある。

(4)集中治療室(ICU)に運び込まれたジョンソン首相を看護した1人はEU強硬離脱派として散々たたきまくってきたEU移民のポルトガル系看護師だった。

(5)病院に入院できずに自宅で死ぬ患者が8000人を超えるにもかかわらず、首相の地位にあるため専門医の治療をすぐに受けられ、一命を取り留める。

(6)2月に感染防護具の調達を怠り、NHSの医師や看護師150人以上を死なせる。

(7)老人ホームの死者は最大で7500人に達するとみられる(英紙デーリー・テレグラフ)。

ジョンソン政権が封鎖解除を急ぐ最大の理由は英国経済の落ち込みを防ぐためだ。英中銀・イングランド銀行は今年の国内総生産(GDP)は14%も縮小、過去3世紀を見渡しても最悪の大不況になる恐れがあるという。失業率は倍以上の9%にハネ上がるかもしれない。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ワールド

温室効果ガスの価格付け、米石油協会が支持の可能性=

ワールド

韓国、アストラゼネカ製ワクチン接種者2人の死亡を調

ビジネス

中国、美団などの共同購入5サイトに罰金 「不適切な

ワールド

中国、GDP当たりCO2排出を過去5年で18.8%

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 2

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

  • 3

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 4

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 5

    人民元は2021年中に基軸通貨になるのか?

  • 6

    バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

  • 7

    秘蔵っ子辞任「縁故主義」のブーメランが菅政権に突…

  • 8

    聞こえてきた英連合王国分裂の足音

  • 9

    部下が適応障害? 親身に相談に乗り、仕事を減らし…

  • 10

    「庶民派」菅首相を突き刺した、家族スキャンダルの…

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 4

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 5

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 6

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 9

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 10

    トルコ宗務庁がトルコの有名なお土産「ナザール・ボ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!