コラム

安田純平さん拘束と、政府の「国民を守る」責任

2016年05月02日(月)14時04分
安田純平さん拘束と、政府の「国民を守る」責任

今年3月半ばに安田純平さんの動画がインターネットに投稿されたが、ジャーナリストの間では救出に政府の関与を求めるかどうかで議論になった YouTube

 シリアの反体制組織に拘束されていると見られるフリーランスジャーナリスト、「安田純平さんの生還を願い、戦場取材について考える」というシンポジウムが月刊「創」編集部主催で4月19日に東京都内で開かれ、私もパネリストとして参加した。

 シンポジウムのきっかけとなったのは、3月半ばに安田さん(42歳)とみられる男性の動画がインターネットに投稿されたことだ。髪や髭が伸びているものの、映像も声も安田さん本人と考えて間違いないだろう。ビデオでは安田さんが英語で語っているだけで、拘束している組織の名前は出てこない。

【参考記事】安田純平さんとみられる映像公開、シリアでテロ組織が拘束か

 動画を公表したのは「ヌスラ戦線の代理人」を名乗るシリア人の男性A氏とされ、その男性のインタビューをした日本テレビで、男性は「ヌスラ戦線の目的は身代金である」と語っている。同じ動画はシリア人のジャーナリストB氏がインターネットのフェイスブックで公開したものがあり、日本のメディアの多くは、インターネットから動画をとっている。

 私はそのB氏とインターネット上で連絡をとったが、ビデオを提供したA氏はイスタンブールに事務所を置くシリアの慈善組織に属する男性で「ヌスラ戦線の代理人」であると語った。

 ヌスラ戦線はシリア北部に拠点を持つ反体制のイスラム過激派組織で、アルカイダ系の組織である。今回の動画で、安田さんが武装組織に拘束されていることは疑いないこととなったが、動画にもヌスラ戦線の名前は出ていないし、ヌスラ戦線が正式に安田さんの拘束を認めているわけでもない。

【参考記事】ロシア兵を待ち構えるシリアのアルカイダ

 ヌスラ戦線が組織として表に出てこないのは、この組織が人質をとって身代金と引き替えに解放して、資金を得ていることを公式には認めていないためだと理解されている。私が話を聞いたジャーナリストB氏も「誰もヌスラ戦線と直接接触することはできない。A氏を通じて交渉するしかない」と語った。

「政府に助けは求めない」という声が多い

 このような経緯を経て、安田さんの動画が出たことを受けて、4月19日のシンポジウムが開かれた。安田さんは昨年6月にシリア北部に取材に入って行方不明になり、ヌスラ戦線に拘束されているという話は出ていたが、確認情報がなく、安田さんの安否もわからなかった。人の生き死に関わる問題であり、確たる情報もないまま無責任なことを憶測で発言したり、書いたりするわけにも行かず、表だった議論はできなかった。

 安田さんの動画が出て、拘束はされているが、生きていることが確認されたことで、初めてジャーナリストとして、この問題について話し合いの場を持ち、社会の議論を喚起する動きとなった。シンポジウムの議論の中心は、安田さんを無事に生還させるために、ジャーナリストは何をすべきか、何ができるのか、ということだった。特に、安田さんの救出に政府や外務省の関与を求めるかどうかが議論となった。

 パネリストの一人であるジャパン・プレスに所属するジャーナリスト藤原亮司さんは安田さんとの親交もあり、1月には安田さんの安否をさぐるためにトルコ入りし、動画を公開した仲介人のA氏とも接触している。藤原さんは「安田さんは政府が介入して身代金で解放されることは望んでいない。それだけ覚悟を決めている。私たちが日本政府に働きかけることは安田さんが望むところではないはずだ」と発言した。

プロフィール

川上泰徳

中東ジャーナリスト。フリーランスとして中東を拠点に活動。1956年生まれ。元朝日新聞記者。大阪外国語大学アラビア語科卒。特派員としてカイロ、エルサレム、バグダッドに駐在。中東報道でボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『中東の現場を歩く』(合同出版)、『イラク零年』(朝日新聞)、『イスラムを生きる人びと』(岩波書店)、共著『ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか』(集英社新書)。最新刊は『「イスラム国」はテロの元凶ではない』(集英社新書)。
ツイッターは @kawakami_yasu

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!