最新記事

シリア

ロシア兵を待ち構えるシリアのアルカイダ

ロシアの軍事介入でかえってロシア系テロリストが増える悪夢

2015年10月5日(月)17時40分
ジャック・ムーア

ロシア兵を捕えろ ヌスラ戦線の戦闘員は懸賞金を手にできるか Ammar Abdullah-REUTERS

 シリアを拠点に活動するアルカイダの下部組織ヌスラ戦線は、ロシア兵一人につき300万シリア・ポンド(1万5900ドル)の懸賞金をかけた。ロシアがシリアのISIS(自称イスラム国、別名ISIL)に対して初の空爆を行った翌日のことだ。

 ソーシャルメディアで拡散されているポスターによれば、1万5900ドルのうち、ロシア兵を捕えた戦闘員に与えられるのは5300そる、残りの1万600ドルはその戦闘員が所属する部隊に与えられるという。

 ヌスラ戦線の精神的支柱でスポンサーとも考えられているアブ・ハッサン・アルクウェイティもツイッターで「英雄的な聖戦士よ、ロシア兵を人質にした者には100万シリア・ポンドを使わそう」と呼びかけ、多くの聖戦志願者がそれをリツイートした。

ロシア介入に色めき立つ過激派

 懸賞金は多額とは言えないが、それでもシリア北部の部隊には貴重な資金源になると、米インターネット監視グループ、フラッシュポイント・インテルの中東・北アフリカ調査分析部長のレイス・アルクーリは言う。「彼らをその気にさせるのは必ずしもカネとは限らない」とアルクーリは言う。「それでもこれは、多くの戦闘員を動かし作戦を遂行するには十分なカネだ」

 ロシアがシリア内戦に介入してきたことで、ヌスラ戦線は恐れるどころか色めき立っている。懸賞金をエサに旧ソ連諸国から聖戦士を募ろうとしている可能性が強いと、イスラエルのリスク管理会社レバンティン・グループの安全保障担当アナリスト、マイケル・ホロウィッツは言う。

「懸賞金は、多くの聖戦士を引き付けるためのものだ」と、ホロウィッツは言う。「ヌスラ戦線にとってはまたとない機会だ。新兵を増やすことで、今は寄せ集めのグループを連帯させることができる」

 アルカイダが下部組織を通じてロシアと戦うのは、80年代に旧ソ連がアフガニスタンに軍事侵攻して以来、2度目だ。アフガン戦争でソ連に勝利した記憶は今も、シリア北部のイスラム過激派を1つにまとめる力になるだろう。「ロシア人捕虜は、ISISとの死闘で大きな戦力になる」と、ホロウィッツは言う。

 アルカイダのシリア支部と、ロシアが国内の治安リスクとして警戒するコーカサスの過激組織のには、密接な関係がある。

対ロシアでまとまるテロリストたち

 シリア北部には、旧ソ連からきたイスラム過激派グループが2つある。1つは旧ソ連のウズベキスタン系で、もう1つはロシアからの独立を目指すチェチェン共和国系。ロシアが軍事介入に備えてシリアでの軍備増強を始めた数週間前、両グループとも公式にアルカイダに加わった。

 またアルクウェイティはツイッターで約3000人のフォロワーに対し、アブ・ジャバー・ダゲスタニに続け、と書いた。ダゲスタニは、ロシアからの独立とイスラム国家の建設を目指す武装組織、コーカサス首長国の指導者だ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

訂正ビットコイン、5日続伸で6万ドル台視野 ETF

ワールド

バイデン政権、中ロへの個人データ移転制限へ 大統領

ワールド

ロシア軍、アブデーフカ近郊のステポベ制圧 ウクライ

ビジネス

トヨタ、第2回労使協議で賃上げ要求に回答せず 次回
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で犯した5つの失策

  • 3

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の差別扇動

  • 4

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 5

    「世界一の親イスラエル国」なのに、イスラエルがウ…

  • 6

    炎で夜空が赤く染まる映像...ウクライナ無人機がロシ…

  • 7

    中露蜜月と言うけれど、中国は金欠ロシアへの融資を…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    侵攻2年の記念にふさわしい勇気、一人で10人のロシア…

  • 10

    イギリスは北アイルランドに特に未練なし......日本…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中