コラム

映画『オマールの壁』が映すもの(1)パレスチナのラブストーリーは日本人の物語でもある

2016年05月12日(木)11時45分

 日本語のタイトルは『オマールの壁』だが、映画のアラビア語のタイトルは「オマール」であり、英語のタイトルも同じだ。日本での映画の予告編では、イスラエルによる占領の過酷さを強調する内容となっている。しかし、映画を見てみれば、占領による抑圧と闘い、苦しむパレスチナの若者たちというパレスチナ問題を強調したテーマではなく、占領の下で繰り広げられるパレスチナの若者たちの恋愛や友情という人間的な葛藤が中心的なテーマとなっていることが分かる。イスラエル秘密警察のラミ捜査官との間でさえ、抑圧者、被抑圧者という関係だけでなく、人間的な葛藤の要素がある。

 アブ・アサド監督がこの映画に込めたメッセージを探ろうとして、彼のインタビューを探した。2014年春、この映画がアカデミー賞外国語映画賞の候補作に選ばれた後に、監督は、米国のナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)で「この映画はラブストーリーであり、戦争のストーリーではない」と語っていた。「占領はパレスチナ人の生活のすべてに影響している。しかし、占領はいつか終わるが、それでこの映画の命が絶えるものではない。私は占領を人々が生きる背景として使っているが、扱っているのは、友情や愛、信頼と裏切りなど普遍的な感情である。この映画の物語は、占領がなくても、世界のどこでも起こり得る」と続けた。

 この映画を見て、アブ・アサド監督が『パレダイス・ナウ』について語った言葉を思い出した。「イスラエルは武器という文明の醜い産物を使って我々を抑え込む。力では対抗できない。私は映画という文明の美しい産物を生み出すことで抵抗し、生き延びるのだ」という言葉だ。

【参考記事】「名前はまだない」パレスチナの蜂起

『オマールの壁』はパレスチナの「ロミオとジュリエット」だという評がある。ミュージカルの『ウエスト・サイド物語』や映画『タイタニック』など数多つくられてきた分断される恋人たちの悲しいラブストーリーの系譜に、イスラエルの占領で分断されるパレスチナで生まれた『オマールの壁』を見ることも可能だろう。オマールがナディアに会うために、コンクリート壁にぶら下がったロープをつかんでよじ登るシーンに、ジュリエットのいるバルコニーの部屋までツタを上るロミオを見ることもできるだろう。

 私は『オマールの壁』に、パレスチナ解放という政治に還元される「パレスチナ映画」ではなく、政治から映画を解放しようする監督の意図を見る。パレスチナの政治の混迷や不毛のなかで、人間を解放しようとする意図ともなる。後編では、この映画における政治との関係を考えてみよう。

※映画『オマールの壁』が映すもの(2)不毛な政治ではなく人間的な主題としてのパレスチナ問題

プロフィール

川上泰徳

中東ジャーナリスト。フリーランスとして中東を拠点に活動。1956年生まれ。元朝日新聞記者。大阪外国語大学アラビア語科卒。特派員としてカイロ、エルサレム、バグダッドに駐在。中東報道でボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『中東の現場を歩く』(合同出版)、『イラク零年』(朝日新聞)、『イスラムを生きる人びと』(岩波書店)、共著『ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか』(集英社新書)、『「イスラム国」はテロの元凶ではない』(集英社新書)。最新刊は『シャティーラの記憶――パレスチナ難民キャンプの70年』
ツイッターは @kawakami_yasu

ニュース速報

ワールド

米、北朝鮮が非核化へのコミットメント堅持と楽観=国

ビジネス

ドルが対ユーロで下落、独指標改善で ポンドも高い=

ビジネス

投資家指針にESG、上場株以外の社債にも適用拡大=

ワールド

英総選挙、保守党が過半数確保の見込み=フォーカルデ

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

  • 2

    東京五輪、マラソンスイミングも会場変更して! お台場に懸念の米水泳チームが訴え

  • 3

    筋肉だけでなく、スピード・反射神経も高める「囚人筋トレ」の最終形

  • 4

    日本の格差社会が「お客様」をクレーマーにし、店員…

  • 5

    米下院のウイグル人権法案、中国が香港問題以上に反…

  • 6

    「生理ちゃんバッジ」に中国人が賛成だった理由

  • 7

    対中感情が欧米で悪化──米加は過去最悪(米調査)

  • 8

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 9

    フィンランド、34歳女性首相に託されたリベラルを救…

  • 10

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 4

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 5

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 6

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 9

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 10

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!