コラム

難民はなぜ、子供を連れて危険な海を渡るのか

2015年11月11日(水)16時25分
難民はなぜ、子供を連れて危険な海を渡るのか

地中海で沈没した密航船で死んだガザの家族。3歳の長男(左下)と1歳の長女(右上)と父親(右下)と母親(左上)(遺族提供)

エジプトからドイツに渡ったシリア人の友人

 10月末に突然、私がカイロで知り合ったシリア人の友人Aさん(36)から「いま、ドイツにいる」と連絡があった。新聞社のカイロ駐在特派員をしていた2013年夏にカイロにいるシリア難民の取材をしていて知り合い、よくシリア難民について話を聞いていた。Aさんがドイツに渡ったのは今年8月下旬で、トルコの西海岸からギリシャの島に密航し、陸路を北上して、18日間かけて、ドイツにたどりついて難民申請をしたという。

 Aさんから電話で密航の話の一部を聞いた。カイロからトルコに渡り、西部の都市ボドルムでエーゲ海にあるギリシャの島に渡る密航船を手配する斡旋人と会った。出港したのは、ボドルムからさらに車で2時間ほど走った海岸で、午前1時ごろだったという。海岸には37人の密航者がいて、その中に3人の子供を連れた夫婦がいた。子供は9歳、6歳、3歳という。乗り込んだのは船外機がついた長さ8メートルほどのゴムボートで、37人が乗るとぎゅうぎゅう詰めになった。深夜の海に乗り出して、5キロほど離れたギリシャのサモス島を目指した。

 距離は短いが、海峡になっているため潮の流れが速く、ゴムボートはまっすぐ進まない。さらに途中で3回、船外機が止まったという。1回は燃料切れで、燃料を補てんして出発し直した。5時間たってサモス島に近づいたころ、海が荒れ始め、ボートは大きく揺れ、最後はバランスを崩して転覆し、乗っていた全員が海に投げ出された。Aさんはそれから3時間、泳いでやっと島にたどり着いたという。「もう助からないと思った」という。

「泳げるのか?」と聞くと、Aさんは「救命胴衣を着けていた」という。Aさんはカイロからイスタンブールに向かう飛行機で、救命胴衣の説明があったのを聞いて、降りる時に座席の下にある救命胴衣を持ってきたという。「飛行機の救命胴衣は、とても性能がよく、おかげで命が助かった」とAさんは笑った。その話を聞いて、飛行機に乗る時から海を渡る覚悟を決めていたのかと思った。

 ギリシャのサモス島に着いて、地元の警察に出頭した。ギリシャで難民申請をするかどうかを聞かれ、申請しないと答えると、「3日以内に出国する」という条件で釈放された。それからアテネに行き、その後、マケドニア、セルビア、ハンガリー、オーストリアの国境を陸路で超え、18日後にドイツに到着して、難民申請をしたという。セルビアからハンガリーの国境を超える時は、11時間山の中を歩き、ハンガリーでは警官隊にこん棒で殴られて気を失いかけるなど、「途中で10回くらいはもうだめかと思った」と語る。

 Aさんが密航した8月下旬と言えば、地中海を命がけで渡るシリア難民問題が世界的なニュースとなっていた時だ。その真っただ中に、自分が知っている人物が、難民の群れの中にいたことが分かって、そのころニュースやテレビを通して見たゴムボートに詰め込まれた人々など、難民たちの様々な映像が、フラッシュバックしてくる気がした。

大人でも死を覚悟したゴムボートでの密航

 Aさんの話を聞いてすぐに思い浮かんだのは、9月初めに海岸に打ち上げられた3歳の男児の遺体の写真である。男児が打ち上げられた海岸は、Aさんが密航の斡旋人と会ったボドロムである。私は9月末にトルコでシリア難民の取材をした時に、ボドロムに行き、その海岸を訪ねた。海岸は、ボドロムからさらに10キロほど離れた場所で、目の前にはギリシャのコス島が見えた。3歳の男児は、シリア北部出身のクルド人の両親と、5歳の兄とともに、ゴムボートでコス島に渡ろうとして、海に投げ出されておぼれ死んだのだった。

 Aさんが乗ったゴムボートにも、3歳児など3人の子供を連れた家族がいたという。Aさんによると、Aさんと一緒にボートに乗った37人は3歳児も含めて皆、無事に海岸に着いたという。しかし、大人のAさんが「死を覚悟した」というくらいだから、ボートが転覆して子供たちが生き残ったのは奇跡だろう。私がボドロムに行った時、私を現場まで案内してくれたタクシーの運転手も、「大人は渡ることができても、問題は子供たちだ。何の罪もない子供たちが海で命を落とすのは痛ましい」と語った。

プロフィール

川上泰徳

中東ジャーナリスト。フリーランスとして中東を拠点に活動。1956年生まれ。元朝日新聞記者。大阪外国語大学アラビア語科卒。特派員としてカイロ、エルサレム、バグダッドに駐在。中東報道でボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『中東の現場を歩く』(合同出版)、『イラク零年』(朝日新聞)、『イスラムを生きる人びと』(岩波書店)、共著『ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか』(集英社新書)、『「イスラム国」はテロの元凶ではない』(集英社新書)。最新刊は『シャティーラの記憶――パレスチナ難民キャンプの70年』
ツイッターは @kawakami_yasu

ニュース速報

ワールド

英国とEU、駐英EU大使の外交的地位巡り対立

ビジネス

アングル:環境関連の資産購入、「首相肝いり」で日銀

ビジネス

基礎的財政収支、低成長が継続なら10年後も赤字=内

ビジネス

雨宮副総裁、明日から公務復帰へ 近親者はコロナ「陰

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデンの大統領就任式、警護の州兵約10人解任 身元調査受け

  • 2

    「日本の医療崩壊」その危険性を示唆する、世界で断トツの「数値」

  • 3

    中国の途上国待遇を許すな、今こそ「契約」を仕切り直す時

  • 4

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 5

    コロナ対策でいよいよ「野良猫狩り」にまで乗り出し…

  • 6

    ホワイトハウスを去るトランプ側近の手には思い出の…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    トランプ支持者たちがロシアに移民希望?──ロシアの…

  • 9

    人口激減と超高齢化......2020年代以降の日本を待ち…

  • 10

    米議会襲撃で盗難されたペロシ下院議長のパソコン、…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 6

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!