コラム

日本人が知らないアイルランドの「呪われた」チーム

2024年07月09日(火)18時00分
2020年のアイルランド訪問で伝統のスポーツ「ゲーリックフットボール」に参加する英ウィリアムズ皇太子

2020年のアイルランド訪問で伝統のスポーツ「ゲーリックフットボール」に参加する英ウィリアムズ皇太子 POOLーREUTERS

<アイルランドで高い人気を誇る伝統のスポーツ「ゲーリックフットボール」で驚異の11大会連続決勝負けのチームがある>

ちょっと奇妙な話だが、僕は最近、「報道されるにまで至っていない世界のニュースをいくつか」記事に書く機会があり(ニューズウィーク日本版7月16日号〔7月9日発売〕特集「まだまだ日本人が知らない世界のニュース50」)、世界で一番不運かもしれないスポーツチームのメイヨーについて書くことができてうれしかった。それでも誌面スペースが限られているために、僕は注目に値するストーリーを「伝えきれていない」という感覚をぬぐえずにいる。

僕が特集で取り上げた記事の1つは、ゲーリックフットボールというアイルランドで高い人気を誇る伝統のスポーツについて。これが世界的な競技でないことは承知の上だが、それでもアイルランドで情熱と誇りを持ってプレーされ、激しい戦いが繰り広げられる。

ゲーリック(とハーリングという競技)の統括と普及を担うGAA(ゲーリック体育協会)は、アイルランドがイギリスの統治下にあった1884年に設立された。その明らかな目的は、古代アイルランドのスポーツを復興し、クリケットやラグビーといった「外国」のスポーツ――つまり「イングランド」のスポーツ――に取って代わるということだった。

アイルランドはその後長い間、自国の伝統スポーツと共に、これらの「外国」のスポーツをすることを受け入れてきた。でも、歴史的にゲーリックの競技は特に、アイルランド人としての誇りやナショナリスト運動と結びつきが強い。

街全体がメイヨーのチームを応援したが

僕の一族はメイヨー州の出身で、ここはアイルランドでも最も貧しい地域だった。1845~52年のジャガイモ飢饉では大きな被害を受けた。現在でも州の人口は、飢饉前の1841年に比べてわずか3分の1だ。

だから、メイヨーがゲーリックフットボールという何か1つのもので非常に秀でているということは、誇りに関わる問題なのだ。僕が2006年に初めてメイヨー州を訪れた時、赤と緑のメイヨー州の旗が街のそこかしこを飾っているのを見て驚嘆したのをよく覚えている。全ての家、全ての商業施設、全ての大通りが、全国選手権決勝に進出したメイヨーを応援するように旗を掲げているように見えた。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

現代自動車、第2四半期は過去最高益 米国でSUVな

ワールド

インドネシア、ゴールデンビザ制度開始 外国人投資家

ワールド

韓国が減税案、株式市場活性化へ相続税引き下げ 少子

ビジネス

独IFO業況指数、7月は87.0に低下 悲観的見方
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 3
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 6
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 7
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story