コラム

ロックダウンで飲み過ぎ、食べ過ぎが加速する

2020年06月11日(木)17時30分
ロックダウンで飲み過ぎ、食べ過ぎが加速する

この生活で酒量が増えたり体重が増加しがち Daviles/iStock.

<ロックダウンによるストレスから多くのイギリス人の酒の量が増え、3分の2の人の体重が増えた>

ロックダウン(都市封鎖)が始まってからの12週ほどで、僕は過去1年分を上回る酒を飲んでいるようだ。何となくの感覚ではない。僕はつい飲み過ぎるたちだから、だいたいの酒量と頻度を記録している。

1年ちょっと前くらいからは、さまざまな「コツ」やら「ご褒美」やら「罰金」など、酒量を減らすいいシステムを考案してきた。これがなかなか効果があり、長続きするので、僕は満足していた。それが、ロックダウンで完全に均衡が破れ、気付けばほぼ毎日酒を飲むようになっている。二日酔いになるギリギリ手前くらいの量だ(自制心からここでやめているわけではない。翌日も確実に飲めるようにするためのずるい手だ)。

こんな調子なのは僕だけではない。ロックダウン中にワインの売り上げは急増した(コロナ禍で好調な数少ない業界の1つだ)。人々はいつもより早い時間から飲み始めているようだ(多くの人が5時解禁ルールだから、昼間の酔っぱらいが増えている)。

家で飲む習慣がなかった人々も、一線を越えた。たまに飲んでいた人は毎日飲む人に、毎日飲んでいた人はヤバい飲み方をする人に、ヤバい飲み方をしていた人はアルコール依存症へと突き進んでいく。特にイギリスとしては最悪の事態だ。この20年でイギリスではアルコール関連の肝臓病が、特に女性の間で劇的に増加しており、若い年齢でも罹患するようになっている。

さらに僕はロックダウン以来3キロ太った。これにはがっかりした。何年も過体重気味が続いた後、この1年間は体重を順調に減らして健康的なBMIに達していたからだ。ロックダウンがこれをひっくり返した。そしてやっぱり、こんな調子なのは僕だけではない。調査ではイギリス人の3分の2がロックダウンで体重が増えたという。その約半数が3キロ増以上だとの試算もある。

また繰り返すが、これもイギリスとしては最悪の事態だ。イギリスは既に肥満危機に陥っている。数キロ体重を増やすことは、多くの人を低リスクから中リスクにし、中リスクの人はハイリスクになり、ハイリスクの人は糖尿病になる。以前から既に健康リスクにさらされていた人々(都市部の貧困層や庭のない狭いアパートなどの住環境で暮らす人々)は、体重増加の悪影響が最も大きいのでは、と僕は疑っている。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

ニュース速報

ワールド

中国の香港出先機関、米制裁を批判「こっけいでばかげ

ワールド

コロナ対策協議、合意なければ権限行使する=トランプ

ワールド

アングル:「銭湯文化」を救う日本の新世代、コロナ禍

ワールド

アングル:トランプ氏TikTok「分け前」要求、法

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に団結する中東諸国

  • 4

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 5

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 6

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史か…

  • 7

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 8

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 9

    バットマンに乳首を付けた男の生き様

  • 10

    日本人の親による「子供連れ去り」にEU激怒──厳しい…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 5

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 6

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 7

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 10

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!