コラム

ご近所でも見られる移民大挙の現実

2015年08月03日(月)16時55分

 僕の家の通りにある家々はどれも、小さくて狭い庭付きだ。偶然か設計上の都合か分からないが、僕の家の右側に並ぶ家の多くがかなり低いフェンスしか立てていない。低い塀の利点は、庭に日光が良く当たること。もっと背の高いフェンスだと小さな庭は1年の大半が陰に覆われるだろうし、夏でも数時間しか日が当らない。
 
 難点は、ご近所さんがみんな庭に出ていると、ほとんどプライバシーがない状態になること。お互いに丸見えだから、この間などあまりに暑くてTシャツを脱ぎたかったけど脱げなかった。お隣の家の10歳の女の子が1メートルもしないところに立っていたからだ。

 幸い、僕の隣人はみんないい人たちのようだ。すぐお隣は30代の男性と妻、2人の娘とたぶん、男性か妻の母親。隣の家はかなり小さいから、一家はけっこうな長い時間を庭で過ごし、何度もバーベキューをしている。たぶんポーランド出身だとは思うけれど、あえて聞いたことはない。奥さんはあまり英語が上手じゃなくて、僕のあいさつにいつも「イエス」だけで答える。「いい天気ですね!」「雨が降りそうですね」「お宅のトマトは良く育ってますね」のすべてに「イエス」だ。

 僕はむしろ、そのまた隣の家のご婦人と話すほうが多い(一軒挟んでも十分会話ができる近さだ)。彼女はガーデニングが上手で、僕のへたくそな庭のことも親切にほめてくれる。彼女とその夫は年配の中国人だ。ここの近所にはなんと、5~6軒の「オリエンタルな」レストランや店が並ぶ小さな「チャイナタウン」がある。

 さらにその隣の家のことは、しばらく心配だった。若い男性が庭でけたたましく音楽を演奏しては、友人を呼んで騒いでいたからだ。彼はポーランド語のラップに合わせてベースをかき鳴らしていた。数週間後にパタリとやんだところをみると、たぶん誰かが注意したのだろう。彼もポーランド人で、同じくポーランド人の妻と小さな男の子がいる。

 さらにその隣に誰が住んでいるのかは知らない。そしてその次の2軒はモスクにつくり替えられている。ラマダン(断食月)にはいつも、庭に出ると夜遅くまではっきりとコーランを唱える声が聞こえてくる。礼拝が終わると200~300人もあふれ出てくるのは、アフリカやトルコ、中東やパキスタン出身の人々。彼らの多くはタクシー運転手として働いている。酒を飲まず、英語を話すのが得意でない人々にはうってつけの仕事だろう。

 僕の家から狭い路地を挟んで左側の家の住人は、この通りでいちばんの親友だ。会うと立ち話をするし、何度か家のことを手伝ってもらったりした。彼はオランダ人だが、その妻は僕と同郷のエセックス州出身だ。

 さらにその隣の家のご婦人とは一度も話したことがないが、時々スーパーマーケットで見かけることがある。彼女はよく店員を呼びとめて製品について質問している。「これはおいしい?」「これはどう調理するの?」」。この手の質問は珍しいから、店員は答えに困っている。彼女のアクセントからして、おそらくギリシャ人だろう。彼女は年金生活者で、僕がよくサッカーを見に行く近所のバーを経営しているのが彼女の息子と親族なのは間違いない。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

ニュース速報

ビジネス

訂正-米FRB、社債買入制度通じた27日時点のET

ワールド

アングル:トランプ氏6人の側近、対中強硬へ足並み 

ワールド

米の香港優遇措置撤廃、「無謀で恣意的」と中国共産党

ビジネス

ルフトハンザ救済案、ドイツ政府と欧州委が暫定合意=

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切られた怒りは激烈

  • 3

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 インドネシア、入札に敗れた日本の参加要望

  • 4

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

  • 8

    【大江千里コラム】だから僕はポップスを手放した

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    ブラジル、新型コロナ感染爆発 1日で過去最多2万641…

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 3

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 8

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 9

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!