コラム
デジタル権威主義とネット世論操作 一田和樹
デジタル権威主義とネット世論操作 一田和樹

あなたの知らない「監視資本主義」の世界

<Netflixのドキュメンタリー『監視資本主義』が話題だ。そのドキュメンタリーで描かれた問題の先、さらに今後の対応を考えた......>

2020.10.21
デジタル権威主義とネット世論操作 一田和樹

日本学術会議問題で浮き彫り、日本のSNS「怒りと混乱と分断」のシステム

<日本学術会議の会員の任命拒否の問題に関してSNSでどう広がったのか。SNSをもとにした政治的な問題の負のエコシステムが日本に存在するように

2020.10.09
デジタル権威主義とネット世論操作 一田和樹

ネット世論操作は怒りと混乱と分断で政権基盤を作る

<ネット世論操作では「理解」させて支持を得るのではなく、「感情」をコントロールして支持を得る。アメリカや日本では、意図的に、怒り、混乱、分断

2020.10.07
デジタル権威主義とネット世論操作 一田和樹

アメリカ大統領選は、ネット世論操作の見本市 その手法とは

<アメリカのネット世論操作の歴史はロシアよりも古く、現在も積極的に新しい手法を開発し、活用している。アメリカの大統領選はネット世論操作の見本

2020.10.02
デジタル権威主義とネット世論操作 一田和樹

日本の警察は、今年3月から防犯カメラやSNSの画像を顔認証システムで照合していた

<全国の警察で3月から民間の防犯カメラやSNSの画像を顔認証システムで照合していたことを共同通信が報じた......> 前々回の記事「日本の

2020.09.14
デジタル権威主義とネット世論操作 一田和樹

犯人を予測する予測捜査システムの導入が進む日米 その実態と問題とは

<犯罪の発生場所や内容、犯人を予測する予測捜査システムの導入がアメリカ、日本で進んでいる。その実態は...... > 前回はアメリカと日本の

2020.09.10
デジタル権威主義とネット世論操作 一田和樹

日本の警察は世界でも類を見ない巨大な顔認証監視網を持つことになるのか?

<テロ対策として、公共交通機関の持つ監視カメラの映像を警察がリアルタイムで一元監視し、顔認証できるようになっている...... > 前回は民

2020.09.08
デジタル権威主義とネット世論操作 一田和樹

アメリカの顔認証システムによる市民監視体制は、もはや一線を超えた

<中国やインドでは国家が主導して国民を監視する体制を整備したが、アメリカでは民間組織と法執行機関がタッグを組んで監視体制を整備している...

2020.09.03
デジタル権威主義とネット世論操作 一田和樹

ロシアがアメリカ大統領選で行なっていたこと......ネット世論操作の実態を解説する

<監視システムでは中国に水をあけられているロシアだが、ネット世論操作に関しては中国の先を行っている......> 2020年8月18日、アメ

2020.08.19
デジタル権威主義とネット世論操作 一田和樹

コロナ禍でも威力を発揮したロシアのデジタル監視システム 輸出で影響力増大

<中国と並ぶデジタル権威主義大国ロシア、どちらの国も監視システムを持ち、ネット世論操作を行っており、軍事、経済、文化など全てを兵器として利用

2020.08.14
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    「習慣化の鬼」の朝日新聞記者が独学を続けられる理由【勉強法】
  • 2
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な一方、やはり割を食う「あの世代」
  • 3
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    トランプ再選で円高は進むか?
  • 7
    誰よりノリノリ...アン・ハサウェイ、友人テイラー・…
  • 8
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 9
    自分を「侮辱」し続けたバンスを、なぜトランプは副…
  • 10
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 1
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 2
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 3
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 10
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中