コラム

デジタル権威主義とネット世論操作 一田和樹
デジタル権威主義とネット世論操作 一田和樹

2023年はAIが生成したフェイクニュースが巷にあふれる......インフォカリプス(情報の終焉)の到来

<2023年はAIを利用したフェイクニュースやディープフェイク(AIによって生成された動画)がネットにあふれ 、情報の終焉(インフォカリプス

2023.01.19
デジタル権威主義とネット世論操作 一田和樹

防衛省認知戦の大きな課題──国内向け認知戦、サイバー空間での現実との乖離

<新しい防衛3文書には防衛省が認知戦を行うことがはっきりと書かれている。防衛省が世論操作を行うことの是非は、ここでは行わない。気になるのは効

2022.12.26
デジタル権威主義とネット世論操作 一田和樹

「世界各地で同じことが起こる?」ドイツのクーデター未遂事件が予兆する世界......

<ゆるいネットワークでつながった陰謀論者たちが武装化して過激になってきている。過去の過激派との違いは深刻であり、従来の方法論では食い止めるこ

2022.12.13
デジタル権威主義とネット世論操作 一田和樹

中国政府が世界各国からデータを入手する3つの手法とは...

<中国政府はさまざまな方法で世界各国からデータを入手しているが、大きく3つの手法を用いている......> 中国は世界各国から技術などの貴重

2022.11.14
デジタル権威主義とネット世論操作 一田和樹

年内の台湾有事の可能性とは?──中国は必ず併合に動く、問題は日本に備えがないこと

<2022年あるいは2023年の中国の台湾侵攻の可能性を示唆する報道が話題となっているが、その意味を考える......> 2022年10月2

2022.11.01
デジタル権威主義とネット世論操作 一田和樹

アメリカ軍のデジタル影響工作はなぜ失敗したのか?

<デジタル影響工作において、ビッグテックの提供するプラットフォームの利用は欠かせないが、そこでは反アメリカ的な主張が優遇されている現実がある

2022.10.03
デジタル権威主義とネット世論操作 一田和樹

アメリカから世界に輸出されるテロリストたち──いま、そこにある「個別の11人」の脅威

<アメリカの白人至上主義過激派グループは、国内のテロの大部分に関わり大きな問題となっているが、カナダ、オーストラリア、米国、ウクライナを始め

2022.10.02
デジタル権威主義とネット世論操作 一田和樹

暴かれた極秘プロジェクト......権威主義国にAI監視システムを提供する「死の商人」グーグル

<「グーグルは正義よりも人種差別を選んだ」......暴露されたイスラエル政府とのプロジェクト・ニンバス、中国とのプロジェクト・ドラゴンフラ

2022.09.22
デジタル権威主義とネット世論操作 一田和樹

台湾がウクライナとは違う理由──中国のサイバー攻撃の裏には地政学的な狙いがある

<現在のところ、中国は台湾に対して本格的なサイバー攻撃をしかけていない。それが意味することを考えてみた......> ウクライナ侵攻が始まっ

2022.09.05
デジタル権威主義とネット世論操作 一田和樹

アメリカが直面する内戦の危機と中絶問題──武装化したQAnonやプラウドボーイズ

<カリフォルニア大学のグループが行った調査で、半数以上が数年以内にアメリカで内戦が起きると回答した......> 日本ではほとんど報道される

2022.08.19

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線をかっさらう

  • 3

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場が配備を「嫌がっている」理由

  • 4

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    やりすぎ? 魅力的? キム・カーダシアン、「想像の…

  • 9

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 10

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 6

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 4

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 8

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中