コラム

藤井聡太王位・棋聖の「今までの棋士にない加速」評、将棋とビジネスに共通するマルチタスク化

2021年07月19日(月)16時15分
藤野英人、佐藤康光

「お金のまなびば!」より

<日本将棋連盟会長・佐藤康光九段が語る藤井聡太の強さの秘密とは? 棋士を脅かすAIの発展から、AI投資、現代のビジネスパーソンに求められるスキルなど、話は思わぬ方向へと広がっていった>

ひふみ投信シリーズのファンドマネージャーである藤野英人氏と、お金や投資、経済について学んでいくYouTubeチャンネル「お金のまなびば!」

今回の動画「【藤野英人×佐藤康光】読みの勝負をする棋士に学ぶ!思い通りにいかない時の感情との向きあい方」では、日本将棋連盟会長・佐藤康光九段をゲストに招き、人工知能(AI)の進化と将棋界の発展について語り尽くす。

早速話題に上ったのは、史上最年少となるプロ入り以降、将棋界に旋風を巻き起こし続けている若き天才・藤井聡太王位・棋聖。棋聖のタイトルを通算5期以上保持した棋士に与えられる「永世棋聖」の称号をもつ佐藤九段は、藤井王位・棋聖について、こう絶賛する。

「彼の持ち味は、終わりが見える前あたりからのスピード。その加速は今までの棋士にない速さで、ほかの棋士は付いていくことができない。プロとして、彼がどのようにその速さを身に着けたのか非常に興味がある。プレーヤーとしても人間としても非常に魅力がある、素晴らしい後輩が出てきた」

藤井王位・棋聖といえば2021年3月の竜王戦で指した一手が「AI超え」「神の手」と話題を集めた。藤井王位・棋聖を含め、今や多くの若手棋士が棋譜の分析にAIを取り入れているが、佐藤九段はAIの飛躍についてどのように考えているのだろうか。

「AIが非常に進歩し、棋士も勝つのが容易ではなくなった。しかし、AIがどんどん強くなるということは、盤上の中には多くの可能性が眠っているということ。将棋が今の形になって400〜500年たつが、ゲーム自体は未知の部分が多く、まだまだ可能性が広がっているという事実に非常に驚いている」

「ロボットが人間の仕事を奪う」など、AIについてはネガティブなイメージもつきまとう。しかし佐藤九段は、AIの登場により「実は棋士は将棋のことをほとんど理解していなかったかもしれない」という考えに至る。そのため、「この時代に生まれたことはむしろラッキー」と好奇心を示した。

fujino20210719shogi-1-2.jpg

「お金のまなびば!」より

AI将棋が「攻め駒」「守り駒」の役割を変えた

一方、投資家である藤野氏は、AI投資に言及した。

「投資の世界でもAIはどんどん進化し、ノーベル賞を獲るような科学者が参入している。何百億のお金を通してAIを研究する人がいるのは、それだけリターンがあるから」

コストが投じられ、優秀な人材が参画したことでAI投資は革命的に進歩しているというが、新型コロナウイルス感染症の流行拡大により、これらの話はパタリとやんだという。

プロフィール

藤野英人

レオス・キャピタルワークス 代表取締役会長兼社長、CIO(最高投資責任者)
1966年富山県生まれ。国内・外資大手資産運用会社でファンドマネージャーを歴任後、2003年にレオス・キャピタルワークスを創業。日本の成長企業に投資する株式投資信託「ひふみ投信」シリーズを運用。投資啓発活動にも注力しており、東京理科大学MOT上席特任教授、早稲田大学政治経済学部非常勤講師、日本取引所グループ(JPX)アカデミーフェロー、一般社団法人投資信託協会理事を務める。主な著書に『投資家みたいに生きろ』(ダイヤモンド社)、『投資家が「お金」よりも大切にしていること』(星海社新書)、『さらば、GG資本主義――投資家が日本の未来を信じている理由』(光文社新書)など。

ニュース速報

ワールド

NY州知事のセクハラ問題、地方検察が相次ぎ調査に着

ビジネス

米自動車大手、30年までに新車のEV比率最大50%

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者2億0

ビジネス

米国株式市場=ダウ・S&P下落、ADP雇用報告が予

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

人気ランキング

  • 1

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 2

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 3

    誰にも聞こえない周波数で歌う世界一孤独な「52ヘルツのクジラ」の謎

  • 4

    気候変動の影響で地球の自転軸がずれた──最新研究

  • 5

    中国発の大ヒットSF小説『三体』に秘められた中国的…

  • 6

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 7

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 8

    自宅療養で人々を見殺しにすると決めた菅首相

  • 9

    「反マスク派」ポスターを剥がした女性、仕込まれて…

  • 10

    仮説上の天体『テイア』の遺物が地球深部に存在する…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 4

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 5

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 6

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 7

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 8

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 9

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 10

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中