コラム

【学術会議問題】海外の名門科学アカデミーはなぜ名門といえるのか

2020年12月08日(火)11時22分

12月4日の記者会見で、日本学術会議の任命拒否問題は「かなりの反発を招く」ことは予想していた、と語った菅首相 Hiro Komae/ REUTERS

<歴史ある欧州のアカデミーは、民間で独立しながら積極的に政治の要請にも答えているので政府も補助金を弾む。日本とは逆だ>

前回12/3(木)のコラムで、日本学術会議の本質的な問題の構造を分析してみた。今回はこの構造理解を踏まえて、どのような文脈で発生したのか、因果関係、それぞれの立場の「意味の場」、その底流に流れる「当事者の古層」等を踏まえて更に、本質に迫りたい。

I. 政府と学術会議の関係性の整理による検証

日本学術会議は、我が国の科学者の内外に対する代表機関で、内閣府の「特別の機関」にあたる。

そもそも日本学術会議法によると1949年に「科学が文化国家の基礎であるという確信」のもとに、「わが国の平和的復興、人類社会の福祉に貢献」、「世界の学界と提携して学術の進歩に寄与することを使命」として設立されたものだ。

但し、設置法の条文をみても政府との関係性が極めてあいまい。かつ、行政府の下の特別機関であり、海外のアカデミーのような立法府との接点はない。

10月上旬の報道番組でも、政治評論家の橋下徹氏と任命拒否された松宮孝明教授がやりあっていたが、松宮教授が設置法3条の


第三条 日本学術会議は、独立して左の職務を行う。
一 科学に関する重要事項を審議し、その実現を図ること。
二 科学に関する研究の連絡を図り、その能率を向上させること。

を主張するのに対して、橋下氏は第4条


第四条 政府は、左の事項について、日本学術会議に諮問することができる。

をもってして、政府の諮問会議で<?>特別公務員であったとしても国民の付託を受けた政治家の行政裁量の範囲として、特定団体に偏った会員構成の変更修正する任命権を持ちうると反論していた。(但し、橋下氏もそれでも任命判断に対する説明責任は首相にあるとはしていた。)


第五条 日本学術会議は、左の事項について、政府に勧告することができる。

それぞれ、諮問することができ、かつ勧告することもできるが、双方に義務はない。極めて曖昧な位置づけに、国を代表する研究者のアカデミーが置かれていることになる。

事実、正式な政府からの諮問に対する勧告と呼べる答申は、2007.5.30の「地球規模の自然災害の増大に対する安全・安心社会の構築」に関する答申以来、10年以上ない。

提言・報告等【答申】|日本学術会議

政府の問いかけ以外の関係機関の審議依頼と回答も年に一度程度の発信。

提言・報告等【回答】|日本学術会議

「科学的エビデンスに基づく「スポーツの価値」の普及の在り方」(2020)、「人口縮小社会における野生動物管理のあり方」(2019)も大事だが、年に一度この程度テーマでの回答が、日本を代表するアカデミーの政府機関としての成果だとすると心細い。国民の多くがその存在すら知らないはずだ

当初は、「学問の自由」を人事権をもって不用意に侵害してしまった菅内閣による論点外しだと、私自身思っていた。ただ、実際に、日本学術会議のホームページに掲載されている成果を論文含めて読んでみると、国を代表する科学アカデミーのあり方がこれで良いのか、しっかりとした議論が必要である様に感じた。

日本学術会議と海外のアカデミーの比較

プロフィール

安川新一郎

投資家、Great Journey LLC代表、Well-Being for PlanetEarth財団理事。日米マッキンゼー、ソフトバンク社長室長/執行役員、東京都顧問、大阪府市特別参与、内閣官房CIO補佐官 @yasukaw
noteで<安川新一郎 (コンテクスター「構造と文脈で世界はシンプルに理解できる」)>を連載中

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロ朝が包括戦略条約、有事に相互支援 プーチン氏24

ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお

ワールド

マレーシアと中国、経済協力協定更新 デジタル経済な

ワールド

イスラエル、戦争法規違反の可能性 国連が報告書
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story