コラム

警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会の絶望

2020年06月02日(火)14時20分

この小説『Long Bright River』の舞台は、そういった典型的な現代アメリカを代表しているようなフィラデルフィアだ。ドラッグ依存症の父に見捨てられ、母とは死別した2人の少女MickeyとKaceyは、母方の祖母に育てられた。姉のMickeyは教師から「天賦の才がある」と言われて奨学金を受けて大学に進学しようとするが、高学歴の者に徹底的な不信感と敵意を抱く祖母はMickeyが大学教育を受けることに強く反対し、必要な書類に記入するのを拒否する。

進学の道を閉ざされたMickeyは、高校生のときにメンターになってくれた警官の進言で警官になる。しかし、この地域では警官は「敵」とみなされている。特に、ドラッグ依存症になって、路上で売春している妹のKaceyやその友人たちにとってMickeyは許せない裏切り者になったのだ。

この不信感は、『ヒルビリー・エレジー』の舞台であるアパラチアであれ、ペンシルバニア州最大の都市であるフィラデルフィアであれ、現在暴動が起こっているミネアポリスであれ、同じなのだ。

なぜなら、本来なら住民を守るべき警察や警察官が、性的搾取をしたり、私腹を肥やしたり、ミネアポリスの事件のように、犯罪を犯したことが明らかではない者や反抗していない者をいとも簡単に逮捕したり、殺したりするからだ。

21世紀のアメリカ社会の現実

ミネアポリスの暴動でも、白人の若者たちが店を襲撃しているのを黒人が止めている事実が記録されている。なのに、警官が到着したときには、その場にいた黒人たちが濡れ衣を着せられる。暴動を生中継していたCNNの黒人レポーターが、「望む場所まで移動しますよ」と冷静に話しかけているのに逮捕された映像も多くの人が目にした。

スマートフォンが普及して映像がSNSで流布するようになり、これまで隠されていたこのような事実が可視化され、警察が公平で公正であることを誰も期待しなくなっている。

この小説の主人公Mickeyは、正義感があるシングルマザーの警官だ。子どもの父親をあてにせず、頼りにならないベビーシッター、自分を敵視する上司、信頼できない同僚らに囲まれてストイックな人生を送っている。それなりに問題は抱えているが尊敬に値する人物なのに、誰からも鬱陶しがられている。どこの集団でも、長いものに巻かれようとしないからだ。巻かれてしまったほうが簡単だけれどもそうできない苦しさを、Mickeyの視線から痛いほど感じる。

彼女は忽然と姿を消した妹を心配して探し始めるのだが、妹の友人でさえ助けようとはしない。加えて、同僚の警官たちにも触れられたくない部分があるようで、姿が見えない大きな敵の存在を感じるようになる......。

プロフィール

渡辺由佳里

Yukari Watanabe <Twitter Address https://twitter.com/YukariWatanabe
アメリカ・ボストン在住のエッセイスト、翻訳家。兵庫県生まれ。外資系企業勤務などを経て95年にアメリカに移住。2001年に小説『ノーティアーズ』(新潮社)で小説新潮長篇新人賞受賞。近著に『ベストセラーで読み解く現代アメリカ』(亜紀書房)、『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社)などがある。翻訳には、レベッカ・ソルニット『それを、真の名で呼ぶならば』(岩波書店)、『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社、日経ビジネス人文庫)、マリア・V スナイダー『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)がある。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ローマ教皇、近い将来の退任を否定

ビジネス

ロシア産石油の価格上限、報復なら原油380ドルも=

ワールド

岸田首相の石油価格上限「半分」発言、ロシア大統領府

ビジネス

独政府、エネ安保法改正でウニパー救済検討 株式取得

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を堂々と話すのが上達への近道だ

  • 3

    右足のない人骨は古代中国「五刑」の犠牲者だった......身の毛もよだつその内容

  • 4

    「タンパク質ダイエットには腸活が欠かせない」 順天…

  • 5

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 6

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 7

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 8

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 9

    スリランカ、ガソリンほぼ尽きる 給油所に人の波...…

  • 10

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 9

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 10

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中