コラム

ドイツの選挙が静かすぎる理由──投票支援ツール「ヴァールオーマット」とは何か?

2021年07月29日(木)11時45分

ドイツの選挙には不可欠な投票支援ツールがあった REUTRES

<ドイツの選挙では候補者が街頭で政策をマイクでアピールする風景もみることはない。どのように候補者を選んでいるのか?>

政党と候補者をどう選ぶのか?

ドイツ連邦議会選挙まであと2ヶ月弱となった。この選挙は、9月26日に投票が行われる予定で、ドイツ連邦共和国の立法府であるドイツ連邦議会の構成議員が選出される。同時に、現職のメルケル首相が、政界を引退する予定のため、次期ドイツの首相が決まる重要な選挙となる。

選挙戦はすでに始まっており、特に、首相候補のアルミン・ラシェットを擁するドイツ最大与党のキリスト教民主・社会同盟(CDU/CSU)と、アナレーナ・ベアボックを擁する緑の党は、選挙で最強の政党になるために有権者の支持を得ようと接戦を繰り広げている。しかし、政権交代が行われるかどうか、誰が首相になるかは、他の政党、ドイツ社会民主党(SPD)、自由民主党(FDP)、左翼党、ドイツのための選択肢(AfD)などの結果にも左右される。

今回の連邦議会選挙の投票用紙に載っているのは、すでに連邦議会に議員がいる政党だけではない。CDU/CSU、SPD、左翼党、緑の党、FDP、AfDに加え、46の政党が連邦選挙委員会によって認められているのだ。

多数の政党と選挙プログラムを考慮すると、有権者の意思決定は容易ではない。そこで、連邦市民教育庁の提供するオンライン投票支援ツール「Wahl-O-Mat」(ヴァールオーマット)が有権者をサポートする。有権者は、国の無料サービスによって、連邦議会選挙で争点となっている関連する課題に対する各政党の立場を知ることができるのだ。

ドイツの選挙が静かな理由

この数年、何度かドイツの選挙を見てきたが、日本のような候補者を乗せ、爆音を鳴らす選挙カーが街を行き交うことも、候補者が街頭で政策をマイクでアピールする風景もみることはなかった。街には政党や地域の候補者のポスターが控えめに貼られ、大手新聞やテレビが選挙の特集を組む程度である。その中で、有権者はどのように候補者を選んでいるのか?日本に比べ、選挙が静かすぎることから、投票権を持たない日本人にとって、ドイツの選挙は小さな謎でもあった。

しかし、ドイツの選挙で今や不可欠となっているヴァールオーマットという投票支援ツールの存在を知ったことで、この謎は解けていった。ヴァールオーマットは、ドイツ連邦政治教育センターが開発したウェブ上の投票支援アプリである。つまり国が開発したボートマッチ(有権者が自分の考えに近い政党や候補者を知ることができる投票補助サービス)なのだ。

どの政党が自分の立場に最も近いかを試すことができるヴァールオーマットは、選挙の争点に関する38項目の質問にイエスかノー、あるいは中立という選択肢が用意され、順に答えていくと、各政党の主張と自分の意見の一致度が表示される。特に若いインターネット世代には親和性があり、若者たちの投票率を高めている効果もある。このようにして、投票者は、政党や候補者との共通点と相違点を確認した上で、自らの意思決定を行うことができる。

プロフィール

武邑光裕

メディア美学者、「武邑塾」塾長。Center for the Study of Digital Lifeフェロー。日本大学芸術学部、京都造形芸術大学、東京大学大学院、札幌市立大学で教授職を歴任。インターネットの黎明期から現代のソーシャルメディア、AIにいたるまで、デジタル社会環境を研究。2013年より武邑塾を主宰。著書『記憶のゆくたて―デジタル・アーカイヴの文化経済』(東京大学出版会)で、第19回電気通信普及財団テレコム社会科学賞を受賞。このほか『さよならインターネット GDPRはネットとデータをどう変えるのか』(ダイヤモンド社)、『ベルリン・都市・未来』(太田出版)などがある。新著は『プライバシー・パラドックス データ監視社会と「わたし」の再発明』(黒鳥社)。現在ベルリン在住。

今、あなたにオススメ

キーワード

ニュース速報

ワールド

ロシア軍に「脆弱性」、突如崩壊はない=英軍トップ

ビジネス

中銀介入は「信頼でも、協調的でもない」=BofA

ビジネス

ECB、インフレ抑制に強固な対応必要=シュナーベル

ワールド

G7外相「ロシアに一段の経済的代償」、4州併合受け

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 5

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシア脱出に長蛇の車列、16キロの大渋滞が衛星写真…

  • 8

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 9

    銃創の止血にはタンポン、兵舎はまるで収容所、戦わ…

  • 10

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 9

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中