コラム

ベルリンが「ブロックチェーンの首都」になった理由

2020年12月07日(月)17時00分
ベルリンが「ブロックチェーンの首都」になった理由

ベルリンのハッカー組織「カオス・コンピュータ・クラブ」のメンバーズ・サロンc-baseで開かれた会合の様子 2009年 ©Raimond Spekking / CC BY-SA 4.0(Wikimedia Commons)

<暗号通貨やブロックチェーン技術は、シリコンバレーの革新的な精神と連携するはずだったが、ブロックチェーンの考え方にもっとも適合したのはベルリンだった......>

ベルリンのハッカー文化

ブロックチェーン技術は、次世代インターネットやデジタル・トランスフォーメーション(DX)の最も有望なトレンドの1つである。スタートアップ、革新的な技術チーム、そして大企業や政府までが、次の破壊的なイノベーションの鍵となるブロックチェーンの応用に取り組んでいる。

元来、暗号通貨やブロックチェーン技術は、シリコンバレーの革新的な精神と連携するはずだった。しかし、ブロックチェーン・コミュニティは別の港を見つけた。それがベルリンである。

銀行や政府の介在なしで行われる分散型金融システムのアイデアが、ベルリンで特に関心を集めてきたのには、ベルリンという都市の自由精神や反体制文化と関連がある。さらに、世界のハッカー文化の中心であるカオス・コンピュータ・クラブ(CCC)がベルリンにあることも、暗号技術の基盤を支えている。

takemura1207_1.jpg

ベルリンのハッカー組織「カオス・コンピュータ・クラブ」のメンバーズ・サロンであるc-baseの入り口。ベルリンのハッカーシーンの中心で、国際的なハッカースペースの中核の1つだ


CCCは、世界に8千人ほどの正式メンバーを持ち、分散するコラボレーションを特徴とするハッカー文化により、ベルリンの先端情報技術やブロックチェーンの台頭を後押ししてきた。今日、ビットコインをめぐるゴールドラッシュが衰えた後でさえ、ベルリンの暗号コミュニティは、ブロックチェーンの背後にある理想を支持している。

現実世界をデジタルでマッピングする「デジタルツイン」

ブロックチェーンは、ネットワークに接続された複数のコンピュータが暗号化されたデータを共有することで、データの改ざんを防ぎ、透明性を実現する分散型台帳システムである。それは暗号通貨の送金システムにとどまらず、さまざまな経済活動のプラットフォームとなり得る技術である。ブロックチェーンは、500年前に発明された「複式簿記」以来の革命とも表現されている。

ブロックチェーンの応用を、中古車市場の深刻な問題を解決する事例をもとに説明してみよう、EUに登録されているすべての車両の約30%が、走行距離計の読み取り値を改ざんして走行していると推定されている。ここで、ブロックチェーン・ベースのデジタルツインの登場が期待される。デジタルツインは、現実世界のオブジェクトをデジタルでマッピングすることで、ヴァーチュアルな双子として機能する。実際に走行するクルマのすべての情報は、デジタルツインによって追跡可能となる。

中古車を購入する場合、走行距離と実施された修理や定期的なメンテナンスの履歴よって販売価格が決まる。走行距離の改ざんなどは、ブロックチェーンを介したデジタルツインを追跡することで確認することができる。すべての修理、所有者によるすべての変更は、個々のブロックに保存され、改ざんすることはできない。

takemura1207_3.jpg

Jeep Grand Cherokee Laredoのデジタルディスプレイ付き電子走行距離計。Odometer, Wikipedia. CC BY-SA 3.

クルマは定期的に走行距離計の読み取り値をデータベースに報告し、修理や検査に関するデータも保存される。データはパブリック・ブロックチェーンにミラーリングされ、走行距離の正確さが担保される。これにより、中古車市場の信頼性は高まり、クルマの価格の透明性が維持されるのだ。

プロフィール

武邑光裕

メディア美学者、「武邑塾」塾長。Center for the Study of Digital Lifeフェロー。日本大学芸術学部、京都造形芸術大学、東京大学大学院、札幌市立大学で教授職を歴任。インターネットの黎明期から現代のソーシャルメディア、AIにいたるまで、デジタル社会環境を研究。2013年より武邑塾を主宰。著書『記憶のゆくたて―デジタル・アーカイヴの文化経済』(東京大学出版会)で、第19回電気通信普及財団テレコム社会科学賞を受賞。このほか『さよならインターネット GDPRはネットとデータをどう変えるのか』(ダイヤモンド社)、『ベルリン・都市・未来』(太田出版)などがある。新著は『プライバシー・パラドックス データ監視社会と「わたし」の再発明』(黒鳥社)。現在ベルリン在住。

ニュース速報

ビジネス

米コロナ追加対策、「非常に力強い」景気回復促進へ=

ビジネス

強いドル「米国のためになる」=レモンド商務長官

ビジネス

中国、金融機関の倒産法制定を議題に

ワールド

タイ、ワクチン接種した外国人の隔離期間を7日に短縮

MAGAZINE

特集:3.11の記憶 東日本大震災から10年

2021年3月16日号(3/ 9発売)

未曽有の被害を出した東日本大震災から10年 櫻井翔はなぜ取材し、伝え続けるのか

人気ランキング

  • 1

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロナ禍の今、彼らは何を思うのか

  • 2

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 3

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 4

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 5

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 6

    感染症対策に有効というビタミンD、どれだけ取れば大…

  • 7

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 8

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 9

    「会社が従業員を守ってる!」 コロナ禍のJALやANAの…

  • 10

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 6

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 7

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 8

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 9

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 10

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!