注目のキーワード

コラム

ファスト・ファッションの終焉? ヨーロッパの真の変化への積極的な取り組み

2020年07月21日(火)14時50分

ZalandoのCEO、ルビン・リッター氏による持続可能性戦略のプレス発表 (C)Zalando SE/Daniel Hofer

<ベルリンは今、持続可能性を追求するファッションの中心地になっている。そして、ファッションだけでなく、あらゆる分野のデザイナーが持続可能性と向き合っている......>

ファスト・ファッションの終焉?

ベルリンは今、持続可能性を追求するファッションの中心地になっている。パリやミラノではなく、今や世界の先端を行くと評価される「ベルリン・ファッション・ウィーク」のテーマが、「持続可能なファッション」であるのもうなずける。環境保護を使命とする多くのデザイナーが、ベルリンに惹かれるのには理由がある。

2008年の株式市場の暴落で、低価格品の過剰消費が起こり、人々の間では、「節約しても意味がない」という感覚が生まれた。同時に、ファスト・ファッションの急速な浸透は、人や環境に与えるリスクを増大させた。コロナ危機の前から、ピークと陥落に向かっていた業界の軌跡は、今、幻滅の段階に入りつつある。多くの人々が、これまでの過剰な消費は終わったと感じ始めているからである。

安価で季節ごとに捨てられるファスト・ファッションの衰退が予測される中、問題を抱えた業界は緊急な変化を必要としている。これからは、個人の内面の浄化や、環境保護の欲求に対応するファッションにシフトすると考えられている。ベルリンはその変化を牽引する街である。

リサイクルとオーガニック

スペインのブランドECOALF(エコアルフ)のファッションのルーツは、ゴミ捨て場や世界最大の廃棄場である海にある。推定によると、年間480万〜1270万トンのプラスチック廃棄物が毎年排出されている。エコアルフはその一部を海から取り出し、Tシャツ、ジャケット、パンツ、バックパックの製造に使用する。ペットボトルは最初に粉砕加工され、衣服を織るポリエステル糸が作られる。プラスチックをリサイクルするファッションは、2018年ごろから急速に世界化したトレンドだ。エコアルフは2年前、ベルリンに2店舗をオープンした。「第二の地球はない(Because there is no Planet B)」というスローガンは、Tシャツから店舗のディスプレイなど、いたるところに提示されている。

49359271284841_n.jpg

ベルリンのエコアルフ・ショップ。「第2の地球はない」がエコアルフのメッセージである 撮影:武邑光裕

52349611149395_n.jpg

エコアルフの店内。すべての製品はペットボトルに由来する。顧客は常に環境への配慮を意識することになる 撮影:武邑光裕


一方、ベルリンの中心部、ハッケシャー・ホーフにあるwunderwerk(ヴンダーヴェルク)のコンセプトは、原材料の栽培から、適正な労働条件、水やエネルギーの消費まで、生産チェーン全体が透明で持続可能なものでなければならないという原則に貫かれている。ヴンダーヴェルクは、特にジーンズの洗浄水とエネルギーの消費に関して、妥協することのない新しい基準を設定している。従来のジーンズの生産では、約40〜160リットルの水が洗浄に使用されるが、ヴンダーヴェルクのジーンズの消費量は0.7〜10リットルであり、有毒な化学物質で水を汚染することもない。

09879102348836_n.jpg

ベルリンのファッション・スポット、ハッケシャー・マルクトにある「ヴンダーヴェルク」の店舗の外観 撮影:武邑光裕

3563552273857507640_n.jpg

ヴンダーヴェルクの店内。商品が完全にオーガニックで、ジーンズの洗浄などに過分な水や化学薬品を使用していないことが明示されている 撮影:武邑光裕


ヴンダーヴェルクの製品には、ポリエステルなどの石油ベースの材料は、リサイクルされるかどうかにかかわらず使用されていない。ブナやユーカリの木で作られた革新的で、環境にやさしい再生繊維も品質を支える不可欠な要素だ。これらの徹底したオーガニック素材へのこだわりが、エコアルフとは異なる。

プロフィール

武邑光裕

メディア美学者、「武邑塾」塾長。Center for the Study of Digital Lifeフェロー。日本大学芸術学部、京都造形芸術大学、東京大学大学院、札幌市立大学で教授職を歴任。インターネットの黎明期から現代のソーシャルメディア、AIにいたるまで、デジタル社会環境を研究。2013年より武邑塾を主宰。著書『記憶のゆくたて―デジタル・アーカイヴの文化経済』(東京大学出版会)で、第19回電気通信普及財団テレコム社会科学賞を受賞。このほか『さよならインターネット GDPRはネットとデータをどう変えるのか』(ダイヤモンド社)、『ベルリン・都市・未来』(太田出版)などがある。新著は『プライバシー・パラドックス データ監視社会と「わたし」の再発明』(黒鳥社)。現在ベルリン在住。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

マクロン仏大統領、7月初めの政権刷新目指す

ワールド

ブラジルのボルソナロ氏、元国防相を副大統領候補に起

ワールド

英仏首脳が会談、ウクライナへの追加支援を確認 

ワールド

焦点:米民主党、中絶巡る最高裁判断を中間選挙争点に

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから逃れる

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 7

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 8

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 9

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく悶える

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 8

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中