コラム

ファスト・ファッションの終焉? ヨーロッパの真の変化への積極的な取り組み

2020年07月21日(火)14時50分
ファスト・ファッションの終焉? ヨーロッパの真の変化への積極的な取り組み

ZalandoのCEO、ルビン・リッター氏による持続可能性戦略のプレス発表 (C)Zalando SE/Daniel Hofer

<ベルリンは今、持続可能性を追求するファッションの中心地になっている。そして、ファッションだけでなく、あらゆる分野のデザイナーが持続可能性と向き合っている......>

ファスト・ファッションの終焉?

ベルリンは今、持続可能性を追求するファッションの中心地になっている。パリやミラノではなく、今や世界の先端を行くと評価される「ベルリン・ファッション・ウィーク」のテーマが、「持続可能なファッション」であるのもうなずける。環境保護を使命とする多くのデザイナーが、ベルリンに惹かれるのには理由がある。

2008年の株式市場の暴落で、低価格品の過剰消費が起こり、人々の間では、「節約しても意味がない」という感覚が生まれた。同時に、ファスト・ファッションの急速な浸透は、人や環境に与えるリスクを増大させた。コロナ危機の前から、ピークと陥落に向かっていた業界の軌跡は、今、幻滅の段階に入りつつある。多くの人々が、これまでの過剰な消費は終わったと感じ始めているからである。

安価で季節ごとに捨てられるファスト・ファッションの衰退が予測される中、問題を抱えた業界は緊急な変化を必要としている。これからは、個人の内面の浄化や、環境保護の欲求に対応するファッションにシフトすると考えられている。ベルリンはその変化を牽引する街である。

リサイクルとオーガニック

スペインのブランドECOALF(エコアルフ)のファッションのルーツは、ゴミ捨て場や世界最大の廃棄場である海にある。推定によると、年間480万〜1270万トンのプラスチック廃棄物が毎年排出されている。エコアルフはその一部を海から取り出し、Tシャツ、ジャケット、パンツ、バックパックの製造に使用する。ペットボトルは最初に粉砕加工され、衣服を織るポリエステル糸が作られる。プラスチックをリサイクルするファッションは、2018年ごろから急速に世界化したトレンドだ。エコアルフは2年前、ベルリンに2店舗をオープンした。「第二の地球はない(Because there is no Planet B)」というスローガンは、Tシャツから店舗のディスプレイなど、いたるところに提示されている。

49359271284841_n.jpg

ベルリンのエコアルフ・ショップ。「第2の地球はない」がエコアルフのメッセージである 撮影:武邑光裕

52349611149395_n.jpg

エコアルフの店内。すべての製品はペットボトルに由来する。顧客は常に環境への配慮を意識することになる 撮影:武邑光裕


一方、ベルリンの中心部、ハッケシャー・ホーフにあるwunderwerk(ヴンダーヴェルク)のコンセプトは、原材料の栽培から、適正な労働条件、水やエネルギーの消費まで、生産チェーン全体が透明で持続可能なものでなければならないという原則に貫かれている。ヴンダーヴェルクは、特にジーンズの洗浄水とエネルギーの消費に関して、妥協することのない新しい基準を設定している。従来のジーンズの生産では、約40〜160リットルの水が洗浄に使用されるが、ヴンダーヴェルクのジーンズの消費量は0.7〜10リットルであり、有毒な化学物質で水を汚染することもない。

09879102348836_n.jpg

ベルリンのファッション・スポット、ハッケシャー・マルクトにある「ヴンダーヴェルク」の店舗の外観 撮影:武邑光裕

3563552273857507640_n.jpg

ヴンダーヴェルクの店内。商品が完全にオーガニックで、ジーンズの洗浄などに過分な水や化学薬品を使用していないことが明示されている 撮影:武邑光裕


ヴンダーヴェルクの製品には、ポリエステルなどの石油ベースの材料は、リサイクルされるかどうかにかかわらず使用されていない。ブナやユーカリの木で作られた革新的で、環境にやさしい再生繊維も品質を支える不可欠な要素だ。これらの徹底したオーガニック素材へのこだわりが、エコアルフとは異なる。

プロフィール

武邑光裕

メディア美学者、「武邑塾」塾長。Center for the Study of Digital Lifeフェロー。日本大学芸術学部、京都造形芸術大学、東京大学大学院、札幌市立大学で教授職を歴任。インターネットの黎明期から現代のソーシャルメディア、AIにいたるまで、デジタル社会環境を研究。2013年より武邑塾を主宰。著書『記憶のゆくたて―デジタル・アーカイヴの文化経済』(東京大学出版会)で、第19回電気通信普及財団テレコム社会科学賞を受賞。このほか『さよならインターネット GDPRはネットとデータをどう変えるのか』(ダイヤモンド社)、『ベルリン・都市・未来』(太田出版)などがある。新著は『プライバシー・パラドックス データ監視社会と「わたし」の再発明』(黒鳥社)。現在ベルリン在住。

ニュース速報

ビジネス

ECB、FRB型の新物価戦略採用すべき=フィンラン

ビジネス

新型コロナワクチンで経済急加速との判断は時期尚早=

ワールド

EU、モデルナと新型コロナワクチン供給契約 最大1

ビジネス

コロナ再拡大、経済や金融の安定確保が何より重要=日

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 6

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 7

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 8

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 9

    医学部で人生初の解剖、人体が教科書通りでないこと…

  • 10

    中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!