コラム

英国EU離脱。しかし、問題は、移民からロボティックスへ

2016年06月27日(月)16時00分
英国EU離脱。しかし、問題は、移民からロボティックスへ

Stefan Wermuth-REUTERS

<世界一のグローバル都市へと成長し、移民が急増したロンドン。ロンドンに移住した高城剛氏は身近にその変化を見て来た。そして、移民やグローバル化による安価な労働力の移転は、すでに過去のものだと高城氏は確信している...> 写真:移民を問題視するイギリス独立党のナイジェル・ファラージ。しかし、既に移民とは別の限界点が来つつある・・?

世界一のグローバル都市へと成長したロンドン

 英国がEUから離脱した。この要因はいくつもあると思うが、一番は移民の問題だと言われている。かつて、英国病と揶揄されるほど、古い社会システムを打破できずに疲弊していた英国は、1999年のユーロ通貨統合以降、モノ、人、金の移動が自由かつ活発になり、いわゆるグローバル化に大きく舵を切った。このグローバル化の意味するところは、EUに限らない新興国も含めた、まさに「世界」を意味している。そして、ロンドンはあっという間にニューヨークを超えて、世界一のグローバル都市へと成長していくことになった。

 そして、時期を同じくロンドン市が誕生している。1999年までのロンドンは、行政が2層からなる地方自治制度を組み合わせた独特の制度を持つ複雑な機関だったが、2000年以降、大ロンドン市域全体の行政府が誕生。ここで大ロンドン市が誕生し、初代市長には労働党のケン・リヴィングストンが就任することになった。このケン・リヴィングストンが外国人に対する税の優遇など、大胆な開放政策でロンドン復活の立役者と呼ばれ、ロンドンは見違えるほどに活況になる。

 そんな「21世紀の世界首都」となったロンドンを目指し、世界中から人が集まってきた。なにを隠そう、僕もその一人だった。2007年末にロンドンに引っ越した際には、他のどの都市よりも外国人に対して、税制優遇が行われていた。それによって、物価が高騰。いわゆるバブルに突入する。このあたらしい黄金都市エルドラドを目指して、EU中から人が殺到した。

 なかでも2004年、EUに加盟したポーランド人は、自国で働く5倍以上の収入を得られることもあって、多くの人がロンドンを目指すことになった。なにしろ人手も足りない。気がつくと、わずか3年間でポーランドからの出稼ぎ労働者の数は100万人を超え、ロンドン市内にポーランド人街が、いくつも出来上がっていた。

ロンドンは既にパンク寸前

 2008年夏、僕が住んでいたロンドンは、10年前の1998年とはまったく別の街に変貌していた。とにかく、人が多い。電車に乗ってもデパートに行っても人だらけ。急増する移民に病院も学校もパンク状態。日本円から見るとポンドは250円を超え、景気がいい間は、まだよかった。その年の秋、すべては反転することになる。リーマンショックが起きたのだ。

 リーマンショック以降、ロンドンの風景は再び様変わりすることになる。建設中だった建築現場は放置され、外国人優遇税制も大きく見直されることになった。そして、この年、大ロンドン市の市長も変わる。グローバル志向の労働党のケン・リヴィングストンを破り、ロンドナーのためのロンドンを目指した保守党のボリス・ジョンソンが第二代ロンドン市長となる。

 ボリスがロンドン市長に就任後も、「21世紀の世界首都」となったロンドンのグローバル化に歯止めは利かなかった。世界中、なかでも、事実上国境がないEU中から押し寄せる人たちは年々増え続け、ロンドンはパンク寸前。2016年現在、ロンドンに住む人たちのあいだでは、300以上の言語が使われているという。もし、このままEUが拡大を続け、例えば難民が多いトルコがEUに加盟するならば、ロンドンは、そしてイギリスはどのようになってしまうだろう?

プロフィール

高城剛

1964年生まれ。 日大芸術学部在学中に「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、メディアを超えて横断的に活動。総務省情報通信審議会専門委員など公職歴任。2008年より、拠点を欧州へ移し活動。現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジ―を専門に、創造産業全般にわたって活躍。また、作家として著作多数。2014年Kindleデジタルパブリッシングアワード受賞。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 8

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 9

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 10

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立…

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!