最新記事

新型コロナウイルス

自粛警察、梨泰院クラブ、セレブのSTAY HOME 新型コロナが暴く日米韓の国民性

2020年5月9日(土)21時14分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

芸能人を槍玉に挙げる韓国

韓国でクラスターと言って思い浮かべるのは、感染番号13番の女性である。新天地イエス教会という新興宗教の信者であり、彼女の布教活動によってさらに感染者を増やすこととなってしまった。

このことから、魔女狩りのように信者と疑われる人の名簿が作成され、ネットを中心にばら撒かれた。だが、そこに書かれていたのは芸能人などの著名人だ。信者でもないにも関わらず名簿に名前が載っていたIVYやイ・ドンウクなどの被害者は、事務所が無関係であることを発表する事態にまで至った。

さらに、最近では芸能人がSNSで少しでも家から外出した写真をアップすると、誹謗中傷のコメントが殺到する現象が起きている。タレントのオ・サンジンは、4月26日自身のインスタグラムに「一人でプール」というコメントと共に、誰もいないプールサイドからの写真を載せると、一般人からの悪質なコメントが多く寄せられ、すぐに削除することとなった。

続いて、27日にはタレントのパク・チユンが家族で旅行に行ったことをインスタグラムに写真と共にアップし炎上した。多くの非難コメントに対しパク・チユンは「観光地を歩き回るのではなく、プライベートのコンドミニアムで私たちだけで過ごした。夫が職場に出勤するよりも安全だった」と反論し、さらにストーリーズには「最近、ああしろこうしろと言ってくる人が多い。 自分の人生に不満があるなら自分でどうにかしなさいよ。 他人の人生を干渉する前に」とコメントを載せさらに反感を買うこととなってしまった。

この騒動は、パク・チユンの夫であるKBSアナウンサーのチェ・ドンソクにまで被害が及ぶこととなる。KBSのニュース番組「ニュース9」のアンカーを務めるいわば看板アナウンサーのチェ・ドンソクに対し、KBS公式ホームページ掲示板には、彼への抗議文と番組降板要請の書き込みが殺到するようになり、ついにパク・チユンは釈明文を掲載し謝罪した。

ジェジュンに対して処罰要求

他にも、歌手のガヒはインドネシア・バリに居住中なのにもかかわらず、韓国に帰国するとの報告に不快感を示した人々から非難が相次ぎ、さらに帰国後2週間の自宅謹慎期間中に息子と林で遊んでいる写真をSNSにアップし炎上した。また、歌手のコ・ジヨンは、家族で漢江の河原に遊びに行った時の写真をインスタグラムに載せたところ「外出は控えろ!」という批判が殺到してしまった。

韓国では芸能人のSNS管理が日本よりも甘いのか、炎上が多く発生している印象だ。4月のエイプリルフールにはJYJのメンバー、ジェジュンが、SNSに「僕はコロナに感染してしまいました」という笑えない嘘の投稿をし、批判が殺到した。その後「他人事ではない」というメッセージを伝えたかったという釈明と謝罪文を公表したが、世間の目は冷たく韓国政府が運営するオンライン目安箱ともいえる国民請願に「ジェジュンを処罰してほしい」という請願まで上がった。


【関連記事】
・東京都、新型コロナウイルス新規感染36人確認 7日連続で100人以下
・ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑制と相関がない」と研究結果
・新型コロナ規制緩和の韓国、梨泰院のクラブでクラスター発生
・コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当局の科学者「恐ろしい」
・新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(9日現在)

ニュース速報

ワールド

焦点:冬を迎えた欧州、コロナ流行でインフル激減の可

ワールド

米、中国との文化交流5プログラム廃止 「政治宣伝に

ビジネス

ドル小幅高、英EU通商協議停止で=NY市場

ビジネス

米国株248ドル高、雇用統計低調で追加支援策に期待

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 3

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 6

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 7

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 8

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 9

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 10

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 5

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 6

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 7

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 8

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 9

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 10

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月