最新記事

医学

「取れない疲れ」の原因を探れ

原因も治療法も分からない慢性疲労症候群を解明するウイルス研究

2010年12月16日(木)13時34分
クロディア・カルブ(医療担当)

 ローラ・ヒレンブランドが数年前に自らのつらい体験をつづった文章は、いま読んでも身につまされる。ヒレンブランドは『シービスケット あるアメリカ競走馬の伝説』と、第二次大戦の爆撃手ルイス・ザンペリーニを描いた新刊『不屈』の著者。しかし同時に、慢性疲労症候群(CFS)の患者を代表する最も雄弁な語り手でもある。現在43歳の彼女は、大学時代からこの不可解な病に苦しんできた。

 03年にニューヨーカー誌に寄せたエッセーで、ヒレンブランドは関節の痛み、リンパ節の腫れ、吐き気、疲労感について書いた。むなしく医者を転々とした日々。無関心、恥辱、軽減しない症状。意識がもうろうとして、単語は意味を失い、思考は消えた。「世界が遠く感じられた」と、ヒレンブランドは書いている。「透明なビニールにくるまれているかのようだった」

 CFSという病気自体が何十年もの間、医学的にも科学的にも幾重ものベールに包まれてきた。ヒレンブランドが87年に発症して以降、全米で400万人もの患者がいるこの病について、医師の関心は高まり、研究者は原因についてさまざまな仮説を立てている。

 とはいえ一気に前進とはいかないようだ。今年8月、米国立衛生研究所(NIH)と米食品医薬品局(FDA)の共同研究チームがCFS患者の血液中にレトロウイルスを発見したと発表した。昨年も同様の報告があり、原因と治療法の特定に期待が高まった。しかしこの夏発表された疾病対策センター(CDC)の研究では、ウイルスとの関連性は見つかっていない。現在は、コロンビア大学の著名なウイルス学者らによる全米規模の研究に期待が寄せられている。

「最先端科学は、しばしば確実ではない」と、バンダービルト大学の伝染病専門家ウィリアム・シャフナーは言う。「常に気を引き締めておかなければならない」

終身刑のような病気

 これまでも長い道のりだった。この病気がアメリカで表面化したのは80年代、以来CFS患者は医師の懐疑的な態度に耐えてきた。原因不明で診断法も具体的な治療法もない一連の症状に、医師はなすすべがなかった。ヒレンブランドをはじめ多くの患者が精神科医を紹介された。

 CFSは長いこと二の次にされた。99年には政府の監査で、CDCがCFS用の巨額の予算を別のプログラムに流用していたことが発覚している。CFSは複雑な病気で、症状の経時的変化が大きく患者の範囲も広いので、医学界を当惑させ続けている。平日は平気でも週末になると衰弱する人もいる。特に重症の患者は寝たきりになる。

「CFSは死刑ではないが終身刑に等しい」と、患者支援団体である米慢性疲労免疫不全症候群協会のキム・マクリアリー会長は言う。「患者は人生を十分満喫できない」

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルーン出身の被害者語る

  • 2

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 3

    思春期に大麻を摂取してなければうつ病が防げたかも 米国で40万件

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 7

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 8

    韓国経済の先行きに不透明感が高まっている3つの理由

  • 9

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 10

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 1

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 2

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 3

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 4

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 5

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 6

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 7

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 10

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月