注目のキーワード

サイエンス

ニューズウィーク日本版『サイエンス』に関する記事一覧

息切れ、倦怠感......イギリスで1日4000人以上が新たにコロナ後遺症に
新型コロナウイルス

息切れ、倦怠感......イギリスで1日4000人以上が新たにコロナ後遺症に

<感染当初の症状の程度とは関係なく、長期の後遺症になる可能性がある> 新型コロナウイルスの症状が長...

2021.01.15
マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた
医療

マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

<煮出した「お茶」を静脈注射したところ下痢や吐血の症状が。臓器損傷が確認され集中治療室に運ばれる羽目...

2021.01.14
ネアンデルタール人は冬眠していた? 
人類

ネアンデルタール人は冬眠していた? 

<スペイン北部の遺跡で見つかった化石骨の損傷状態を調べたところ、ネアンデルタール人が厳しい冬をやり過...

2021.01.05
磁界を使った新しい接着剤が発明される......エネルギー、時間を節約できる
サイエンス

磁界を使った新しい接着剤が発明される......エネルギー、時間を節約できる

<シンガポール・南洋理工大学(NTU)の研究チームは、磁界を用いてエポキシ樹脂を硬化させる新たな手法...

2020.12.28
サルの社会から学ぶ、他者との向き合い方
動物

サルの社会から学ぶ、他者との向き合い方

<人間とゴリラの最大の違いは言葉を話すかどうかだが、言葉を話さないからこそゴリラは表情やしぐさで相手...

2020.12.22
やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究
サイエンス

やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

<宇宙網と脳の自己組織化は、同様のネットワーク力学の原理によって形成されている可能性がある、との研究...

2020.11.20
中国への頭脳流出は締め付けを強化しても止められない......「千人計画」の知られざる真実
アメリカ大統領選 中国工作秘録

中国への頭脳流出は締め付けを強化しても止められない......「千人計画」の知られざる真実

<中国がカネに飽かせて進める人材招致を必要以上に敵視すると、アメリカは優秀な人材を失うことに──。本...

2020.11.19
シャチが船に体当たりする事故が頻発、原因は?
海洋生物

シャチが船に体当たりする事故が頻発、原因は?

<ジブラルタル海峡周辺を通る船に対して、3頭のシャチが執拗に体当たり攻撃を仕掛ける事例が相次いでいる...

2020.11.16
日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可能である理由
科学後退国ニッポン

日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可能である理由

<論文撤回数ランキング上位10人の半数が日本人──。科学への投資を怠ったツケで不正が蔓延し、研究現場...

2020.10.28
        
日本でPCR検査数が劇的に増えないのはなぜなのか?
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

日本でPCR検査数が劇的に増えないのはなぜなのか?

<PCR検査を担当する「臨床検査技師」は、国家資格の専門職で「臨時増員」が難しい> アメリカは、下...

2020.10.27

人気ランキング

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice