注目のキーワード

科学

ニューズウィーク日本版『科学』に関する記事一覧

日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可能である理由
科学後退国ニッポン

日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可能である理由

<論文撤回数ランキング上位10人の半数が日本人──。科学への投資を怠ったツケで不正が蔓延し、研究現場...

2020.10.28
科学者と名乗ると「外国ではカッコいいと言われる」(一流科学者・覆面座談会)
科学後退国ニッポン

科学者と名乗ると「外国ではカッコいいと言われる」(一流科学者・覆面座談会)

<どうすれば日本の科学界は復活できるのか。覆面座談会の後半では、教育コストを渋ることの致命的損失や足...

2020.10.16
日本の科学者は「給料安い」「ポンコツ多い」(一流科学者・覆面座談会)
科学後退国ニッポン

日本の科学者は「給料安い」「ポンコツ多い」(一流科学者・覆面座談会)

<日本で科学の危機が叫ばれて久しいが、海外経験豊富な研究者たちはどう捉えているのか。4人の日本人科学...

2020.10.16
自然科学系ノーベル賞に根強い「白人男性偏重」
ノーベル賞

自然科学系ノーベル賞に根強い「白人男性偏重」

<優秀な女性や黒人を冷遇する科学技術界と社会の時代錯誤な悪弊に終止符を> 2007年、筆者はスウェ...

2020.10.16
千人計画で「流出」する日本人研究者、彼らはなぜ中国へ行くのか
科学後退国ニッポン

千人計画で「流出」する日本人研究者、彼らはなぜ中国へ行くのか

<世界中から優秀な頭脳を招致する中国の国家プロジェクトが話題だが、既に日本の研究者の100人に1人が...

2020.10.14
        
脳細胞の「若返り」に成功 多発性硬化症の治療法開発に期待
for WOMAN

脳細胞の「若返り」に成功 多発性硬化症の治療法開発に期待

<細胞の勘違いを利用する手法で難病治療も可能に?> マウス脳内の細胞を「若返らせる」ことに成功し...

2019.08.28
ルービックキューブは今こそ旬
おもちゃ

ルービックキューブは今こそ旬

<1980年代に世界的ブームを巻き起こした立体パズル――デジタル時代を迎えて人気が復活している理由と...

2019.02.20
あなたも要介護予備軍? 噂の「ロコモティブシンドローム」自己診断と予防法
健康

あなたも要介護予備軍? 噂の「ロコモティブシンドローム」自己診断と予防法

 ロコモティブシンドローム(以下、ロコモ)という言葉をご存じだろうか。一言でいうと、「立つ」、「歩く...

2015.10.30
睡眠不足が認知症を招く原因に?
サイエンス

睡眠不足が認知症を招く原因に?

 たいていの人は毎晩、自分から進んで眠りに就く。当たり前のことだと思うかもしれない。だがこんな長い時...

2013.11.25
気候変動で皮膚癌リスクが増大する
環境

気候変動で皮膚癌リスクが増大する

 地球の温暖化が進めば、皮膚癌のリスクが高まる──ハーバード大学の科学者らが新しく発表した研究によれ...

2012.07.27

人気ランキング

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice