最新記事

トレーニング

「筋トレは朝がいい、30分でいい」総合格闘家がビジネスマンに伝えたいこと

2018年12月21日(金)19時20分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

かつての40歳と言えば初老であり(「初老」はもともと40歳の異称)、そこまででなくとも「中年」と呼ばれて間違いのない年齢だった。だが今では、宮田氏に限らず、イチローや三浦知良など、40代・50代になっても現役で活躍するアスリートが増えている。


極端なことを言えば、あきらめない限り人間の体は死ぬまで何らかの形で成長させていけるのです。30代、40代はまだまだ若いと思ってください。「もう歳だ」などと言ってあきらめてしまうのはいくらなんでも早すぎます。(44ページ)

筋トレがビジネスの成功のカギを握る

若い頃のような体を取り戻すために必要なこと、それが「筋トレ」だ。目指すべきは、アスリートのような均整の取れた体であり、ギリシャ彫刻のような自然な肉体。本書では「チーターのような躍動感あふれた体」とも表現されている。

筋トレによって筋肉が付いてくると、まず、見た目が確実に良くなる。整った体型になればスーツを格好良く着こなすことができるし、それと同時に、精神面では自信が育っていく。トレーニングをすると緊張感がほぐれてリラックスできるので、心に余裕も出てくる。

こうした相乗効果によって、肉体的にも精神的にも健康な体を手に入れることができる。そうなれば、ビジネスの現場で求められる「強さ」が自然と備わり、上司や同僚、取引先との「戦い」を有利に進めることができるのだという。言い換えると、健康体でなければビジネスの世界では勝ち抜けない。

だからこそ、「健康体を維持し、冴えた精神を自ら宿す手段として、筋トレほど効果的なものはない」と宮田氏は主張する。整った健康的な体つきで、自信に満ちあふれ、周囲から抜きん出て活躍できれば、その結果「女性にモテる」ことにもつながるのだろう。

効果を最大限に引き出す「高密度トレーニング」

そうは言っても、ビジネスマンは忙しい。そこで宮田氏が勧めるのが「高密度トレーニング」だ。これは、自分の全力の7割を消耗したら、その時点で、その日のトレーニングをやめる。だが、1セットごとの筋トレは全力で行う、というもの。つまり、短時間だけ全力で行うのだ。

こうすることで、自分の力を100%使い切ってしまうことを避けられ、翌日にトレーニングできる余力を温存できる。反対に、長時間にわたって全力を出し切るような筋トレをすると、きついという印象しか残らず、また、体を壊してしまう危険もある。

どの程度が「高密度」なのかと言えば、腕立て伏せや腹筋などを1セットやって、終わった後に3分ほど休まないと次のセットにいけないくらい、というのが目安だという。それくらいハードなトレーニングであれば、1日に30分も行えば、それだけで十分な運動量になるのだ。

ニュース速報

ワールド

焦点:アフリカで「静かな感染拡大」、深刻なコロナの

ワールド

焦点:膨張する中国企業の鉱物資源買収、豪加当局が「

ワールド

焦点:中国、コロナワクチン開発で先頭集団に 「戦時

ビジネス

トランプ氏、学校再開へ再び圧力 税制優遇措置など再

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 2

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後」の日産にXデーが迫る

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 5

    金正恩の「拷問部隊」にイギリスが下した鉄槌

  • 6

    宇宙の真理にまた一歩近づく、画期的なX線宇宙マッ…

  • 7

    「自粛要請」で外出を控えた日本人は世界に冠たる不…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 3日連続2…

  • 9

    「カザフスタンで新型コロナより深刻な肺炎が流行」と…

  • 10

    インドが中国製アプリ「TikTok」を禁止した本当の理由

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 10

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月