最新記事

トレーニング

筋トレは量か強度か 「囚人筋トレ」のポール・ウェイドが全てを語った

Dragon Door Interviews Paul “Coach” Wade

2018年8月6日(月)20時30分
エイドリアン・ハーベイ、RKCII

自重トレーニングが広まらない理由は「結局、金」

ドラゴンドア:昔の自重トレーニングを用いる現代のコーチに欠けているものは?

ウェイド:コーチたちは長い間、自重トレーニングは持久力を強化する手法か、ただのウォームアップとみなしてきたように思う。

自重トレーニングには素晴らしいテクニックが何百もあるが、プッシュアップ(腕立て伏せ)とシットアップ(いわゆる「腹筋運動」)、下手をすると、クランチ(角度の浅いシットアップ)だけが広く行われているようだ。これは多くの場合、結局は金の問題だ。何もない部屋でトレーニングすることに価値を見出す者はほとんどいない。

ドラゴンドア:服役中はどのようにオーバーワークを回避した?

ウェイド:服役中は完全にオーバーワークだった! 特にアンゴラ(編集部注:ルイジアナ州の刑務所)では、毎日1000回のプッシュアップを繰り返していた。しかし、しばらく経ってから、それだけ時間を使って何になるのかと自問しなければならなくなった。

刑務所でトレーニングしていた者たちは、持久力を目的とした自重トレーニングに重点を置いていたし、私もそうだった。しかしそのようなトレーニングは、トレッドミルで走り続けるのと同じで、体はすぐに適応し、何時間もトレーニングする羽目になってしまう。

そうしたトレーニングは絶好の暇つぶしになるが、手に入るのは、何時間もトレーニングし続ける能力だけだ。力、スピード、体力、体の大きさなど、重要なものは何も身につかない。しかも、関節を痛めてしまう可能性がある。

最終的に、私のトレーニングと思考は1周回って、サンクエンティン(編集部注:カリフォルニア州の刑務所)で学んだ昔のメソッドを支持するようになった。自重トレーニングはウェイトを使ったトレーニングと同様であるべきだ。きついトレーニングを短時間行い、次第に強度を上げていくべきなのだ。

ドラゴンドア:昔の自重トレーニングを行うと、どのような精神力が身につくのか。 依存症の克服は素晴らしい成果だが。

ウェイド:ありがとう。依存症はとても重要なテーマだ。しかし、私が答えを持っているように誤解されては困る。実際は答えなど持っていない。

私たちは「克服」などという言葉を使用するが、薬物依存症を本当の意味で克服できる人間などいない。依存症はいわば忍耐強い恋人であり、彼女は墓場で待っている。依存の対象がアンフェタミンであれ、砂糖であれ、アルコールであれ、恋愛であれ、私はそれが真実だと思う。

薬物をやめることには、論理的に説明するのが難しい未知の要素がある。やめられる人もいれば、そうでない人もいる。薬物と決別するための12のステップは、依存症を本当の意味で克服できる者などいない、と認めることから始まる。薬物をやめてから何年も経つが、私はいまだに自分を依存症だと思う。ただ、依存の対象が薬物からトレーニングに変わっただけだ。

瞬発力も段階的に強化していかなければならない

ドラゴンドア:プリズナートレーニングのプログラムの途中でつまづいた場合、どうすればいいのか。

ウェイド:結局、進歩とは体の知恵、つまり、動きや性質を意識することだ。急に進歩が止まったら、そこには必ず理由がある。ストレス、オーバーワーク、休息不足、体重増加、カロリー不足、バランスの悪い食事などだ。もしこれらに当てはまらないのであれば、小休止のつもりで、トレーニングを少し巻き戻してみるといい。

あるエクササイズから次のエクササイズにレベルアップできないのであれば、創造力を働かせて、2つのエクササイズの間に「隠されたステップ」を使おう。本の中でも少し触れているが、DVDではもっと深く言及している。

【参考記事】いま明かされる、ジム通い不要な「囚人トレーニング法」誕生秘話

ニュース速報

ワールド

トランプ氏の弾劾裁判が審理入り、運営規則案巡り与野

ワールド

米、中国に核兵器交渉への参加要請 ロシア含む三カ国

ワールド

独首相、多国間外交に中国含むべき 「新たな二極体制

ワールド

ロシア大統領、新内閣を承認 主要閣僚横滑り

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは? 韓国に広がる男女間ヘイトの炎

  • 3

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にいじめ批判

  • 4

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 5

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 6

    バグダディを追い詰めた IS被害女性ケーラ・ミュラー…

  • 7

    人種差別と偏見にまみれたイギリスから、ヘンリー王…

  • 8

    世界の富裕層上位2100人が最貧困層46億人より多くの…

  • 9

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 10

    2600年前の脳がそのままの状態で保存されていた ....…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 7

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 10

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    韓国の自動車が危ない?

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月