コラム

米議会議員の大統領弾劾への賛否はこの20年で大逆転!(パックン)

2019年11月02日(土)14時00分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
米議会議員の大統領弾劾への賛否はこの20年で大逆転!(パックン)

Impeachment Amnesia / ©2019 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICA

<99年のクリントン弾劾を先導した共和党議員は現在のトランプ弾劾には否定的で、民主党議員はその正反対。つまり与野党議員の大統領弾劾への賛否は全員180度転換した>

時がたつと人は変わる。米共和党の重鎮、リンゼー・グラム上院議員が変わったように。昔は、「犯罪じゃなくても、公職に適さない行為をしたら罷免だ!」とか、風刺画のように「Impeachment is about restoring honor and integrity to the office(弾劾は公職の名誉と品位を取り戻すものだ)」と公言していたのに、今は、性的暴行を自慢し、1万3000以上のウソめいた発言をし、条約や法律を踏みにじる大統領にも文句はない(最近、シリア撤退で少しもめているが)。まるで Fuck honor and integrity(名誉と品位なんかくたばれ!)と言わんばかりだ。注:アメリカの上品な媒体ではお下劣な言葉を伏せて、☆などの絵文字で代替する。でもここは日本だし、Fuck that rule(そんな決まりなんかくたばれ)。

グラムだけではない。ミッチ・マコネル上院院内総務も、1999年には当時のビル・クリントン大統領を「勝つために手段を選ばない嘘つき」と非難していたわりに、同じことが指摘されるトランプをかばう。ちなみに、マコネルはトランプとウクライナのゼレンスキー大統領の間に軍事支援と情報の「取引」はなかったとして、弾劾には否定的だ。残念ながら先日、ミック・マルバニー大統領首席補佐官代行が「取引」を認めた。だからといってマコネルの姿勢が変わる見込みはない。言い訳が変わるだけだろう。

99年から現役の議員はほぼ100%、弾劾の賛否が入れ替わっている。それも、野党を含めて。クリントン弾劾に慎重だった民主党議員はトランプ弾劾にイケイケどんどん。党を問わず、人は変わるのだ。

しかし、2つの弾劾の違いを忘れてはならない。クリントンは民事裁判で、インターンとの性的関係について偽証したことと、捜査を妨害したことで弾劾された。トランプはロバート・ムラー元特別検察官の捜査で、やはり嘘と司法妨害が確認されている。その上、トランプは選挙運動に外国の介入を呼び掛けた事態が新しく発覚した。2人の大統領の容疑は犯罪行為という点は一緒だが、婚外セックスと選挙不正では民主主義制度に与えるダメージの次元が違う。新旧の弾劾への賛否が与野党とも変わっても、両党を一緒くたにするのは少し乱暴かもしれない。国にとっての脅威度が変われば、正しい行動も変わるはず。

結局、人は変わると言いながらも、悪い政治家の政局優先や国民の分裂傾向に変わりはない。法治国家としてのアメリカが揺らいでる今では、それが恐ろしい。弾劾がなくても、来年の選挙で大統領が代わればいいけど、国民が同じ倫理や同じファクトを共有できるように社会が変わらないと、選挙の結果は変わらない可能性が大。信じたいことを信じる人の票で、トランプ大統領の「お代わり」が来るかもしれない。

<本誌2019年11月05日号掲載>

20191105issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

10月29日発売号は「山本太郎現象」特集。ポピュリズムの具現者か民主主義の救世主か。森達也(作家、映画監督)が執筆、独占インタビューも加え、日本政界を席巻する異端児の真相に迫ります。新連載も続々スタート!

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ビジネス

米求人件数、11月は4年超ぶりの大幅減 小売・建設

ビジネス

中国の長城汽車、米GMのインド工場取得へ 最大3億

ワールド

米中第1段階の合意、将来的な二国間関係にプラス=劉

ビジネス

米住宅着工件数、12月は13年ぶり高水準 低金利が

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャット」現る

  • 4

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 5

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    遺体を堆肥化する「エコロジカル埋葬」 土葬も火葬…

  • 8

    台湾世論調査「中国が武力併合しようとしたら戦うか…

  • 9

    日本の少子化の根本要因は「少母化」──既婚女性の子…

  • 10

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 1

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセレクト、その都市は......

  • 2

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

  • 3

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機撃墜に憤る国民

  • 4

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    日本は台湾からの難民を受け入れる準備ができているか

  • 7

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    中国で捕らわれた外国人を待つ地獄の日々

  • 9

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 10

    北朝鮮の「ロケットマン」復活で近づく米朝戦争の足音

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!