コラム

中国人が大好きな「悪いカリスマ」では、民主国家には変われない

2023年03月29日(水)15時40分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)
中国社会

©2023 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<その巧みな話術で人々を惹きつける「自称・自由闘士」郭文貴は逃亡先のアメリカでも詐欺容疑で逮捕された。中国人が魅了される「毒をもって毒を制する」ことの限界とは?>

いま最も有名な中国人大富豪といえば、郭文貴(クオ・ウエンコイ)だろう。

郭はかつて中国で実業家として巨万の富を得たが、後ろ盾だった国家安全省の官僚が汚職で失脚し、その後ニューヨークで逃亡生活を送っていた。

トークの達人で、2017年以来SNSを利用して中国政府幹部らの腐敗や不倫、謀殺疑惑などをどんどん告発。独裁政府と戦う「自由闘士」のイメージで世界にアピールしていたが、ついに先日、詐欺などの疑いで米当局に逮捕された。

郭は謎の多い人物だ。複数のパスポートを持ち、年齢も現在52歳か54歳か分からず、名前も時に「郭浩雲」を使っていた。

1990年代に中国国内で詐欺事件に巻き込まれ一度アメリカに逃亡。14年にアメリカへ逃げたのは郭にとって4回目だった。中国では賄賂、誘拐、強姦容疑で刑事告訴されている。

「私は中国を変え、世界を救おうと努力している」「全ては今から」と豪語する郭は人々に希望を与え、たくさんの信者を集めた。

各国のメディアが争って報じる人物にもなり、「新中国連邦」という新政府の創設さえ提唱したが、それもお金を集める手段の1つだったのかもしれない。逮捕後、10億ドル超の詐欺容疑で起訴された。

明らかに政治を利用した偽の「自由闘士」なのに、有名人や民主・自由派を含むたくさんの人々から支持を集めたのはなぜか。1つはカルト的心理が理由だろう。

普通の人間は、誰でもカリスマ的指導者を崇拝する気持ちを持っている。ヒトラーも毛沢東もそうだった。海外における最も大きな反中国政府の宗教団体である法輪功も同じ。

郭はトークの達人である上、その振る舞いもなかなかカリスマ的だった。中国のハイレベル層とも関係を持ち、トランプ前米大統領の上級顧問だったスティーブ・バノンとも親交があった。

もう1つは「以毒攻毒(毒をもって毒を制する)」という考え方。郭は悪者だが、悪者だからこそ悪い独裁政権に対峙できる、という考え方が中国にはある。

この漢方由来の古典的な考え方を信じ込む中国人は常に存在する。これも、中国が本当の民主国家に変われない理由だろう。「カリスマの輝き」と「毒性」は、独裁者特有の性質だからだ。

ポイント

推翻共产党
共産党を倒せ

郭文貴
1968年もしくは70年山東省生まれ。家具工場経営などを経て90年代に不動産王・政商として名をはせる。14年に後ろ盾だった国家安全省次官の逮捕情報をつかみ、アメリカへ逃亡。

新中国連邦
郭文貴とスティーブ・バノンらが2020年に設立を宣言。中国共産党を倒し新憲法を制定、三権分立国家の実現を目指すとしていた。

プロフィール

風刺画で読み解く中国の現実

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<トウガラシ>
作家·翻訳者·コラムニスト。ホテル管理、国際貿易の仕事を経てフリーランスへ。コラムを書きながら翻訳と著書も執筆中。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

情報BOX:ロ朝が調印した「包括的戦略パートナーシ

ビジネス

5月コンビニ既存店売上高は前年比1.2%増、6カ月

ビジネス

デンソー、トヨタ紡織や豊田通商など8社の保有株全て

ビジネス

午後3時のドルは158円前半、2カ月ぶり高値圏で底
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が苦言...相変わらず「しつけが悪い」?

  • 4

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 5

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 6

    なぜ保険料を払っていない「主婦」への年金はなくな…

  • 7

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 8

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story