注目のキーワード

コラム

上海市民の「賞味期限」は豆腐より短い──新たな流行語「新能源人」の意味とは?

2022年06月14日(火)19時57分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)
終わりのないコロナ検査

©2022 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<やっと「事実上のロックダウン」が解除された上海だが、今もどこに出かけるにも72時間以内のPCR検査での陰性証明が必要とされる>

2カ月以上に及んだ上海のロックダウンがやっと解除された。ある70代の上海人の老紳士は家から出て、SNSの微信に自撮り動画でこう投稿した。

「私の家族は曽祖父の代から上海に暮らすが、自由に街に出られないのは上海の開港以来初めてだ! この身だしなみに無頓着な私を見てほしい。2カ月ぶりの外出にうれしさよりむしろ屈辱感を感じる。皆さん、これを歴史としてしっかり覚えておこう」

「大白」と呼ばれ、強引な感染者の隔離で市民に嫌われていた白衣の防護作業員すら、防護服に「全劇終(おしまい)」「くそゼロコロナ」と書いて不満を示した。

不思議なことに中国当局はいまだに「封城(ロックダウン)」という言い方を認めない。ロックダウンを始めた3月15日の記者会見でも、上海市政府の担当者は「上海はロックダウンしていない。ロックダウンの必要もない」と強調した。

解除した現在も同じように「上海市民の外出管理は政府の統一した要求ではなく、市民自らの自治による」と公言した。強制は一切なく、全市民が自主的に家に閉じ籠もっていたというのだ。歴史の罪人になりたくないから、政府は市民に責任を押し付けたわけだ。

ただ安心はまだできない。ロックダウンが解除されても、上海で公共施設や公共交通機関を利用するときは72時間以内の核酸検測(PCR検査)の陰性証明が必要──と政府は厳令した。企業や地域によっては48時間以内の証明を要求するところもある。

そのため、上海のPCR検査所はどこも長蛇の列。長時間列に並んで検測を受けた後、陰性証明を取得するまで7~22時間かかる。あっという間に有効期限が来るので、また急いで次の検査を受けなければならない......。終わりがないPCR検査は、上海人を品質保証期限が2~3日間の「新能源人(新エネルギー人)」にしたといわれている。48時間か72時間以内の陰性証明がなければ一歩も先へ進めない、という皮肉だ。

「上海人としての賞味期限は1丁の豆腐に及ばない。豆腐の賞味期限は5日間、上海人はたったの2~3日」という自虐的なネット投稿が、最近ひそかに受けている。

ポイント

核酸検測
ゼロコロナ政策にこだわる中国政府は、特にオミクロン株の急増後に大規模なPCR検査を国中で実施。1000回以上検査を受けた人もおり、検査キットを作る企業の利益が急増した。

新能源人
数時間ごとに指定の検査場所でPCR検査を受けて陰性証明を取得し、常にスマホの健康証明アプリの表示を「感染なし」の緑色にしないと安心して行動できない人間を指す言葉。

 20220621issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年6月28日号(6月21日発売)は「沖縄の論点」特集。語られるべき基地・政治・社会問題。真藤順丈(作家) 玉城デニー(沖縄県知事) 上間陽子(琉球大学教授) ピーター・グルース(OIST学長) 宮沢和史(ミュージシャン)…ほか


プロフィール

ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<トウガラシ>
作家·翻訳者·コラムニスト。ホテル管理、国際貿易の仕事を経てフリーランスへ。コラムを書きながら翻訳と著書も執筆中。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

焦点:中南米に左派政権次々、コロナとインフレ契機

ワールド

焦点:中国の大学新卒者、空前の就職難 ゼロコロナが

ビジネス

インフレ抑制が「最優先」、景気後退は招かず=SF連

ビジネス

IMF、米成長見通し下方修正 積極利上げ背景 景気

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベットとの対面時間を制限した訳

  • 4

    「あの」河瀬直美監督とは思えない繊細さでマイノリ…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    今度の参議院選挙で審判を受けるのはむしろ「野党」

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と王室記者...メーガン妃は反対か

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 4

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏み…

  • 5

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 …

  • 6

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 7

    「毛深すぎる」と専門家も困惑......とんでもなくモ…

  • 8

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく…

  • 9

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 10

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中