コラム

中国共産党「海賊版摘発」の真の狙いは国外情報ブロック

2021年02月27日(土)15時15分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)

The End of Chinese Video Pirates / (c)2021 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<国内ではタブーの社会問題を議論できるクラブハウスは貴重な交流空間だったが、すぐに中国政府にブロックされた>

中国人ネットユーザーにとって、2021年のスタートは灰色だった。お気に入りのアプリ「クラブハウス」を政府にブロックされただけではなく、よく利用していたサイト「人人影視字幕組」も取り締まられたからだ。

2020年4月に公開されたクラブハウスは、リアルタイムで会話できる音声交流アプリ。アプリ内で好きなように「ルーム」を設け、興味のある問題を自由に討論できる。台湾、香港、中国大陸からもユーザーが集まり、中国国内でタブー視される社会・民族問題を議論した。

民族や出身を問わず、人々の対話は真剣で誠実そのもの。ある中国人の若者はこのアプリで初めてウイグル人と直接会話し、再教育キャンプの存在を知って泣きながらウイグル人に謝罪した。大変貴重な交流空間だが、当然すぐ中国政府にブロックされた。

ただ、中国人ユーザーにとってより悔しいのは、「人人影視字幕組」の閉鎖と14人の「組員」が逮捕された事件だろう。インターネットの普及に伴い、中国では2001年頃から翻訳愛好者が集まる団体が現れた。彼らは日本のアニメや欧米の映画など、国外の人気作品に中国語字幕を付けて中国語ネットで公開した。「人人影視字幕組」は、この中で最も人気を博したグループである。

閉鎖理由は「盗版(海賊版)の取り締まり」だ。確かに彼ら愛好者団体が、最初から国外作品の許可をほとんど取っていないのは周知の事実である。が、それには別の背景もある。日本のアニメや欧米映画の輸入に中国政府は大変厳しい。「合法」な輸入作品は、政府の意図に沿って「不適切」な部分をカットしなければならない。

だからこそ、「人人影視字幕組」が人気になった。言い換えれば、彼らは官製文化の壁を打破して現代中国人に西側文化の窓口を提供し、欧米の価値観や生活スタイルへの憧れを呼び覚ました。急な摘発は、「海賊版取り締まり」に名を借りた西側的価値観の拡散防止としか考えられない。

クラブハウスを含む国外SNSはほぼ中国政府にブロックされた。「人人影視字幕組」も取り締まられた。中国はますます自ら世界を遠ざけていくのか、と心配せざるを得ない。

【ポイント】
人人影視字幕組

運営者は海外の海賊版サイトで作品を入手。翻訳者が1作品400元(約6500円)の報酬で字幕を付け、2万点以上の映画やドラマ、バラエティー番組を公開していた。

盗版
かつて大陸では書籍、音楽CD、DVDは「正版(正規版)」より海賊版を探すほうが簡単だった。2010年頃から政府が本格的に取り締まりを始めたが、中小海賊版サイトとのモグラたたきは続く。

<本誌2021年3月2日号掲載>

20210803issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

8月3日号(7月27日発売)は「モデルナの秘密」特集。新型コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業「モデルナ」の正体と、彼らが追う「mRNA治療薬」の可能性


プロフィール

ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<トウガラシ>
作家·翻訳者·コラムニスト。ホテル管理、国際貿易の仕事を経てフリーランスへ。コラムを書きながら翻訳と著書も執筆中。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ワールド

米上院、1兆ドル規模の超党派インフラ法案の審議入り

ビジネス

VW主導の企業連合、仏レンタカー大手を34億ドルで

ビジネス

米クアルコム、7─9月期売上高見通しが予想上回る 

ビジネス

日経平均は反発して始まる、イベント通過で買い戻す動

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 3

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 4

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 5

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 6

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 7

    ファーウェイ制裁の不透明な真実、グーグルはNGだが…

  • 8

    東京五輪、男子バスケ米代表は史上3番目の高齢者チーム

  • 9

    「謝らない謝罪」が日本で蔓延している

  • 10

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 4

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 10

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中