コラム

習近平が突然の「節約令」、中国の食糧危機は意外と深刻?

2020年09月04日(金)13時40分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)
習近平が突然の「節約令」、中国の食糧危機は意外と深刻?

A Cautious Chairman / (c) 2020 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<歴史上、中国では食糧危機がいくつもの政権を倒壊させてきた>

習近平(シー・チンピン)国家主席が8月11日、「飲食店での浪費をやめ、節約習慣をしっかり育てよ」という最高指令を突然出した。この後、中国各地に怪しげな「節約熱潮(節約ブーム)」が打ち寄せる波のように絶え間なく押し寄せた。

遼寧省ではレストランでの食事で例えば10人なら8人分だけ注文する「Nマイナス2」節約法が、湖南省では食べる前に測った体重によって料理の品数を決める対策が呼び掛けられ、北京ダックの名店・全聚徳は「浪費制止監督員」という新ポストを設けて客に「皿に残すな!」と要求した。中国馬業協会は、「ウマのエサ節約のための懇談会」を主催し、ウマも主席の最高指令に従わなければならなくなった。

冗談のような本当の話だが、過去にも節約令はあった。「浪費反対は政治任務」という今年8月の共産党機関紙・人民日報の社説は、1968年2月に中国政府が公表した「節約して革命をやろう」というプロパガンダを想起させる。当時、中国は文化大革命のさなかで、翌69年には中ソ間で珍宝島事件が発生した。52年後の現在、中国では告発があちこちで行われる「ネット文革」が起き、アメリカとの関係も緊張感が高まる一方だ。

今年の中国は新型コロナウイルスと洪水のほか、アメリカとの貿易戦争の影響もあって、政府の食糧備蓄に関心が集まっている。近年、国が備蓄倉庫を大点検すると、必ずと言っていいほどどこかの倉庫で絶妙なタイミングの火事が発生した。人々は、古代中国の勅使が各地を巡って食糧備蓄を大点検するとき、地元の汚職官吏が使い込みを隠蔽するため、ひそかに倉庫に放火した話を連想した。

そもそも現代中国の備蓄倉庫は耐火性が非常に高く、放火以外で火災など起き得ない。共産党幹部の汚職事件を連想し、人々の不信感はいっそう増す。

中国南部で河川の氾濫が続く7月下旬、習は南部でなく東北地方・吉林省の農業事情を視察に行き、その後に節約令を出した。洪水は必ずしも庶民の家屋を倒壊させないが、中国の歴史で食糧危機はいくつもの政権を倒壊させてきた。実は、食糧危機は思ったよりずっと深刻なのではないか。

【ポイント】
节约饲料

飼料を節約しよう。

珍宝島事件
中国がソ連を修正主義と批判する中ソ対立が激しくなるなかの1969年3月、両国国境のウスリー川にある珍宝島 (ロシア名ダマンスキー島) の領有をめぐって国境警備隊同士が軍事衝突。双方に数十人の死者が出た。91年に中国領とすることで解決。

<本誌2020年9月8日号掲載>

<関連記事:中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?>
<関連記事:中印紛争再燃:中国「多大な損害負わせる」とインドに警告

20200908issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

9月8日号(9月1日発売)は「イアン・ブレマーが説く アフターコロナの世界」特集。「Gゼロ」の世界を予見した国際政治学者が読み解く、米中・経済・日本の行方。

プロフィール

ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<トウガラシ>
中国出身、作家、コラムニスト。ホテル管理、国際貿易などの仕事を務めたのち、98年に日本に定住。中国語雑誌の編集などを経て、個人的な視点で日本の生活や教育、文化を批判、紹介している。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ワールド

ナワリヌイ氏勾留は内政事項、追加制裁論は考慮せず=

ビジネス

独ZEW景気期待指数、1月は61.8に上昇 輸出拡

ワールド

2020年の北朝鮮の対中貿易、80%減 新型コロナ

ワールド

石油需要の回復、新型コロナの感染再拡大が圧迫=IE

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 2

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」が盗難

  • 3

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、取り巻きたちの全内幕

  • 4

    州兵たちの仕事は「愛国」を叫ぶ同胞たちから議事堂…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 7

    米司法省、議会襲撃めぐり地方政府当局者を逮捕 大統…

  • 8

    米議会襲撃で盗難されたペロシ下院議長のパソコン、…

  • 9

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 10

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 5

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 6

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 9

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 10

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 8

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!