コラム

先端企業ファーウェイの裏の顔は、社員にもキバをむく「オオカミ」

2019年12月20日(金)18時00分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)
先端企業ファーウェイの裏の顔は、社員にもキバをむく「オオカミ」

The Other Face of a Leading Company (c) 2019 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<自社の社員に対してもオオカミのようにキバをむき出しにしたファーウェイには、いつもは支持する愛国者もがっかり>

「ファーウェイ、謝罪しろ!」

最近、中国のネットは華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)に対する怒りで大炎上している。ファーウェイはずっと中国人が誇りに思う大企業で、1年前に副会長の孟晩舟(モン・ワンチョウ)がカナダで拘束されると、愛国主義の中国人は心から彼女を応援した。どうして世論は一変したのか。

きっかけは李洪元(リー・ホンユアン)事件だ。李洪元はファーウェイに10年以上年勤めたベテラン社員。李は2016年、所属部門の不正行為を上層部に告発し、翌年リストラされた。李は交渉の結果、30万元の賠償金を受け取ったが、その後、突然警察に連れ去られた。

最初の容疑は業務上横領だったが、その後、商業秘密漏洩に変わり、最後は賠償金の恐喝に。幸い李は上司とのやりとりを録音した証拠を持っていたので、無実が証明され釈放された。それでも拘束日数は251日に達した。

これは明らかに告発に対するファーウェイの報復だ。ファーウェイは業績至上主義の「オオカミ文化」を推奨している。自社の社員に対してもオオカミのようにキバをむき出しにしたのだが、これにはいつもファーウェイを支持する愛国者もがっかりさせられ、同社に批判的な立場の自由派と珍しく口をそろえて謝罪を要求した。ファーウェイは謝らなかったが。

李洪元事件はちょうど孟晩舟拘束から1年のタイミングで詳細が公表され、騒ぎになった。カナダで豪華な保釈生活を送る孟と李を比べ、中国ネットユーザーはこう批評した。

「この世の中に2つのファーウェイが存在している。1つは孟晩舟のファーウェイ。(中国の先進企業が西側の横暴と戦うという)国家的な大叙事詩に守られ、ますます屁理屈をこね、強がっている。もう1つは李洪元のファーウェイ。全ての偽装を剝ぎ取られ、ますます卑しい真実の姿をさらしている」

会社の不正を告発しただけで拘束される中国は、人権と法律なきジャングル世界。李の事件は決して唯一の事例ではない。中国のジャングル世界で育ったオオカミはファーウェイだけではない。ほかにもどう猛な企業が密林の中でうごめいている。

【ポイント】
孟晩舟
ファーウェイの創始者でCEOの任正非(レン・チョンフェイ)の長女。CFO(最高財務責任者)も兼務。2018年12月1日、アメリカの対イラン経済制裁違反容疑でカナダで逮捕された。

オオカミ文化
厳しい業績審査によって、社員が常に淘汰される危険を感じつつ、「オオカミのように」仕事に立ち向かうよう強いるファーウェイの社風。

<本誌2019年12月24日号掲載>

20191224issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

12月24日号(12月17日発売)は「首脳の成績表」特集。「ガキ大将」トランプは落第? 安倍外交の得点は? プーチン、文在寅、ボリス・ジョンソン、習近平は?――世界の首脳を査定し、その能力と資質から国際情勢を読み解く特集です。

プロフィール

ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<トウガラシ>
中国出身、作家、コラムニスト。ホテル管理、国際貿易などの仕事を務めたのち、98年に日本に定住。中国語雑誌の編集などを経て、個人的な視点で日本の生活や教育、文化を批判、紹介している。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ワールド

EU、英への法的措置開始 離脱協定骨抜き法案巡り

ワールド

米共和党の元安保当局者ら50人超、バイデン氏を支持

ワールド

ロシア、右翼メディア装い米有権者に影響か 大統領選

ビジネス

米建設支出、8月は予想上回る1.4%増 コロナ禍で

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    進化の結果?獲物を丸呑みせず腹を切り裂いて食べるヘビ

  • 3

    かなりレア、暗闇で息を呑むほど圧倒的な視認性を誇る角形ダイバーズウォッチ

  • 4

    「驕る習近平は久しからず」中国コワモテ外交の末路

  • 5

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 6

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 7

    米国と台湾が共同インフラ計画で連携 中国の一帯一…

  • 8

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 9

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 10

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 4

    進化の結果?獲物を丸呑みせず腹を切り裂いて食べる…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 7

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!